スニーカー世代を刺激する「一足触発」 Vol.91
2021.02.16
NEWS

エア マックスの名作15足を集約。ベストアルバムみたいな超大作が登場

1987年に歴史の幕を開けた、ナイキの「エア マックス」。ハイテクスニーカーの先駆けとしてその名を轟かせ、社会現象となった人気はご存知のとおり。現在も限定モデルや復刻版が登場するたびプレ値が付き、スニーカーファンを魅了する。

そんなエア マックス から、このたびものすごい最新作が世に放たれる。

「ナイキ ヴェイパーマックス EVO NRG」2万3000円/ナイキ(アトモス 03-6629-5075)

こちらの新モデル「ナイキ ヴェイパーマックス EVO NRG」は、言うなれば“エア マックスのベスト盤”。過去に発売された15種類のエア マックスのディテールを詰め込んでいるのだ。

まずは右足に着目。外側の中央に施された迷彩柄は、2020年に登場した「エア マックス 90 ダックカモ」のディテールだ。

一方、左足の同位置には、シュプリームとコラボした「エア マックス 98」のスネークスキンを配置している。

シューズの内側には、通称ムーンランディングと呼ばれる「エア マックス ルナ 90 エスピー アポロ11」の月面グラフィックや、「エアマックス 90 ウォーホーク」のシャークマウスも描かれるなど、過去作の魅力が随所に見られる。

またイエローグラデの愛称で愛される「エア マックス 95」のグラデーションロゴや「エアマックス プラス」のTnロゴなども確認できる。

さらにソールには最新テクノロジーを駆使した「ヴェイパー マックス 2020」を採用。75%のリサイクル素材を駆使したハイテクソールは個性豊かなアッパーともよく馴染む。

シューズボックスも過去作をミックスしたユニークな仕様。

このユーモアある新作は、今まさにアトモスの公式オンラインショップにて抽選受付中。申し込みは明日2月17日(水)8時59時までなので、お急ぎを。

さらに発売を記念して、アトモス、ベイト(BAIT)、キス(KITH)、スニーカーズエンスタッフ トウキョウ(SNS TOKYO)、アンディフィーテッド(UNDEFEATED)、ユニオン トーキョー(UNION TOKYO)のショップスタッフが一堂に会し、このモデルについてさまざまな切り口で語るトーク企画が実現。

動画メディア・マクガフィンで2月17日(水)まで公開されているので、スニーカーファンはぜひチェックを。

過去の名作ばかりを詰め込んだエア マックスの最新作。後々、「あれはヤバかった」とニュースになるに違いない一足のデビューを、しっかりと目に焼き付けておきたい。
 
 
[問い合わせ]
アトモス カスタマー
03-6629-5075
 
POW-DER=文

# ナイキ# エア マックス# スニーカー
更に読み込む