2020.12.02
NEWS

オリスの復刻ダイバーズに新色登場。この“ブラウン”は成長する?

世界有数のスイスウォッチブランドとして知られる「オリス」。彼らが初めてダイバーズウォッチをつくったのは、1965年のことだった。

100m防水のケースに逆回転防止ベゼル、インパクトのあるフォントを配した発光するインデックスと、当時最先端のダイバーズウォッチとして時計ファンから高く評価された。

誕生から50周年を迎えた2015年には、「ダイバーズ65」として復刻。そして今冬、新色が登場した。それがコチラ。

「オリス ダイバーズ65」
「オリス ダイバーズ65」SS×ブロンズケース、40mm、自動巻き、24万6000円/オリス(オリスジャパン 03-6260-6876)

ブラックからブラウンに移り変わるダイヤルのグラデーションは、どこか海辺のサンセットを思い起こさせる美しさ。その風情ある佇まいは、使うほどに味が出るベルトのブロンズ素材ともよく似合う。

また、緩やかなカーブのドーム風防によるレトロな顔立ちは、オリジナルモデルを彷彿させる。

インデックスや針には、暗闇でも視認性を確保できるよう、スーパールミノバが施されているのも特徴だ。こちらもヴィンテージ感のあるブロンズカラーにすることで重厚感を醸し出す。

 

今回はレザーベルトのバージョンも登場する。「オリス ダイバーズ65」SS×ブロンズケース、40mm、自動巻き、22万2000円/オリス(オリスジャパン 03-6260-6876)

このほか、レザーベルトのモデルも展開。使い込まれたような味のある風合いが、深みのある文字盤の色をさらに引き立てる。

つまり、ブロンズ素材もレザーも、使うほどに自分仕様に成長していく新色、というワケだ。

重厚感のあるブラウンのグラデーションダイヤルは、末長く付き合いたいうえに、秋冬の腕元にもしっくり馴染むに違いない。うれしい新色の誕生だ。

 

[問い合わせ]
オリスジャパン
03-6260-6876

POW-DER=文

# オリス# ダイバーズウォッチ# 腕時計
更に読み込む