2020.11.18
NEWS

古き佳き、でも最先端。“ザ・セーター”のセーターは抽選販売のみの展開です

冬のワードローブの主力メンバーである“セーター”。その起源は古く、11世紀頃に極寒の海上で働く漁師のために生まれたと言われている。

今でこそバリエーションが増え、さまざまな編み方やデザインがあるが、大まかな形は昔から変わっていない。そんなセーターの原点であり、かつ最新といえる一着が、ゴールドウインから誕生した。

ゴールドウインの新作セーター
「ザ・セーター」はユニセックス仕様で、S、M、Lを展開。

その名も「ザ・セーター」。名前同様、ルックスもすっきりと潔いが、ある仕掛けが施されている。

ゴールドウインは、2015年からバイオベンチャー企業、スパイバーと共同で、植物由来の糖類を主原料にしたタンパク質素材「ブリュード・プロテイン」を開発。微生物を活用した発酵プロセスによって作られる素材で、その工程が酒類などの醸造(ブリューイング)に似ているため、この名が付けられたという。

石油由来の原料を一切使っていないため、今、サステイナブルな素材として注目を集めているのだ。

「ザ・セーター」8万円/ゴールドウイン 0120-307-560

そんなブリュード・プロテインと、毛素材を混紡して作られたのが今作である。

カラーも潔くブラックのみ。その理由を、ゴールドウインの開発責任者である渡辺貴生氏は、「黒はすべての色を混ぜ合わせると出来る色であり、始まりの色でもある」と語っている。

サステイナブルが必須条件として求められるこの時代。セーターのような普遍的な存在も、持続可能でなければ、場合によっては存続の危機に陥ってしまうかもしれない。

こちらは日本やアメリカ、ドイツなど11カ国で抽選販売される。受付はすでに始まっており、期限は11月30日(月)の14時まで。まずは特設サイトから申し込みを。

 

[詳細]
ザ・セーター 特設コンテンツ「ビジョンクエスト」
www.goldwin.co.jp/goldwin/feature/vq/

[問い合わせ]
ゴールドウイン カスタマーサービスセンター
0120-307-560

POW-DER=文

# ゴールドウイン# セーター
更に読み込む