2020.10.16
NEWS

冬の足元を救う“おシャカ様”。あの「シャカ」から初の秋冬モデルが登場

南アフリカにルーツを持つスポサンブランド「シャカ(SHAKA)」。

その出自もあってか、これまで“暑い季節に欠かせないサンダル”という印象があった。

しかし、そんなイメージを覆すブランド初の秋冬モデルがついに仲間入りを果たした。

それがコチラ。

モックシューズ、ブーティー、クロッグなど、アイコニックなシューズが出揃った秋冬コレクション。

シャカといえば、’90年代後半のアウトドアブームで人気を博した、ウェビングテープを用いたサンダルが代名詞だ。

しかし、秋冬モデルでは打って変わり、すべてのモデルに、高い保温性と透湿性を誇る高機能中綿素材「シンサレート」を採用している。

そんなシャカの気になるラインナップを詳しく見ていこう。

「シュラフ モック」8800円/シャカ(ブルームーンカンパニー 03-3499-2231)

「シュラフ モック」という名前の通り、シュラフ(寝袋)のような暖かさを確保したスリッポンタイプのシューズ。

インソールには抗菌と防臭、そして通気性とクッション性を備えた「オーソライト」を用いて、極上の履き心地を実現した。アッパーはリップストップによる耐久性に優れた丈夫なつくりとなっている。

「シュラフ ブーティー」9800円/シャカ(ブルームーンカンパニー 03-3499-2231)

「シュラフ ブーティー」は、履き口にドローコードを施しているため、キュッと締めれば冷気をシャットアウト。パンツの裾をインするスタイリングもおすすめだ。

写真ではわかりづらいが、アウトソールにはシャカ独自の「シャークトゥースソール」を採用しており、土踏まずの部分までびっしり施された凹凸が強力なグリップ力を発揮する。

「スナグ クロッグ」8800円/シャカ(ブルームーンカンパニー 03-3499-2231)

「スナグ クロッグ」は、かかとのストラップを完全に取り外して履くこともできる2-WAY仕様。面テープによって、フィット感を調整できるのもありがたい。

カラーは、いずれもブラック、ネイビー、オリーブ、レオパードの4色展開。初めての冬シャカは、冷える足元を救済する“おシャカさま”になってくれるだろう。

 

[問い合わせ]
ブルームーンカンパニー
03-3499-2231

POW-DER=文

# シャカ# ブーツ
更に読み込む