2020.10.09
NEWS

まさかのトリプルコラボ⁉︎ ヨシオクボ作、日本人のためのリーボック

独創的なセンスで、世界のファッションシーンから注目されるヨシオクボ。彼らがこのたびローンチした、とあるコラボスニーカーが話題となっている。

お相手は、誰もがよく知るリーボック。両者がどんなスニーカーを創造したかというと……めちゃくちゃニッポンなコチラだ。

[左]「インスタポンプフューリー」2万円、[右]「クラブ シー」1万4000円/ともにリーボック×ヨシオクボ(リーボック アディダス 0570-033-033)
[左]「インスタポンプフューリー」2万円、[右]「クラブ シー」1万4000円/ともにリーボック×ヨシオクボ(リーボック アディダス 0570-033-033)

ベースになっているのはリーボックの代表作ともいえる2つのモデル。インスタポンプフューリーとクラブ シーである。

カタカナの「リーボック」もさることながら、メインビジュアルもヤバい。歌舞伎じゃないか!

リーボック×ヨシオクボ

“いよ〜”って感じだが、デザイナー久保嘉男氏がここに込めたのは「日本が誇る古くからの文化に、より多くの人が興味を示してほしい」というメッセージだ。では、2足のスニーカーとしての魅力を紐解いていこう。

「インスタポンプフューリー」/リーボック×ヨシオクボ
2万円/リーボック×ヨシオクボ(リーボック アディダス 0570-033-033)

インスタポンプフューリーには、アッパーからヒールにかけて、墨で荒々しく塗ったような意匠が施された。

墨汁独特の深みがあるムラ感がデザインに奥行きを生み、唯一無二の存在感を放つ。

リーボック×ヨシオクボ(リーボック アディダス 0570-033-033)

さらにヒールにも注目を。右足には達筆な“リーボック”の文字が刺繍されているのだが……実はこれ、久保氏のお父さんによる書き下ろし。この文字への想いは、久保氏のインスタグラムでも触れられている。

ヨシオクボ×リーボックかと思いきや、まさかのトリプルコラボだったということか!

左足には、近年世界中で愛されている盆栽が刺繍されているのも面白い。

「クラブ シー」/リーボック×ヨシオクボ
1万4000円/リーボック×ヨシオクボ(リーボック アディダス 0570-033-033)

今年35周年という節目を迎えたクラブ シー。墨汁の水たまりを踏んだかのようなソールのドリッピングが目を引く一足に。

リーボック×ヨシオクボ(リーボック アディダス 0570-033-033)

インスタポンプフューリーと同様に、ヒールには筆字と盆栽が描かれている。

ちなみに、シュータンやポンプに施されているのは、スタークレストと久保家の家紋を掛け合わせた特別仕様のロゴ。じっくり確認したい人は、ぜひ実物をご覧あれ。

これらは今年1月にパリコレでお披露目されて話題となり、遂に本日、待望の発売となった。リーボックとヨシオクボの公式オンラインストアをはじめ、一部セレクトショップなどの店頭にも並ぶ。

ヨシオクボによって、日本の伝統が落とし込まれたリーボックはいわば“日本人の、日本人による、日本人のためのスニーカー”。世界を巻き込んだ粋な計らいに乗るのも悪くないはずだ。

 

[問い合わせ]
リーボック アディダスお客様窓口
0570-033-033

POW-DER=文

# リーボック# スニーカー# ヨシオクボ
更に読み込む