2020.09.26
NEWS

見逃し厳禁。ディーゼルとGR8が放つアツいカプセルコレクション

ディーゼルが今月発表した、とあるコラボコレクションが話題となっている。

タッグを組んだのは「グレイト(GR8)」。刺激的なラインナップが異彩を放ち、多くのクリエイターやデザイナーとも親交の深い原宿のセレクトショップだ。

ディーゼルとGR8が手がけた、8人8色のカプセルコレクション。

今回は、ディーゼルのデニムジャケットやスウェットシャツなどをベースに、グレイトがセレクトした8組のアーティストたちがアートを落とし込んだ。

先日オーシャンズでもその一部を紹介したが、改めて8組のアーティストの作品を鑑賞してみよう。

カメラマンのFR2氏によって立ち上げられた「#FR2(エフアールツー)」は、“DANGER”をコンセプトに、危険な香りが漂うデザインをつくりあげた。
2万4000円/ディーゼル×GR8 (ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

カメラマンのFR2氏によって立ち上げられた「エフアールツー(#FR2)」は、“DANGER”をコンセプトに、危険な香りが漂うアイテムをデザイン。炎に包まれて燃え上がるディーゼルロゴは、インパクト特大。

2万4000円/ディーゼル×GR8 (ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

続いてもファイヤーなこちらは、LAのマルチビジュアルアーティスト、カリ・ソーンヒル・デヴィット氏と、日本発のアップサイクリングブランド「レディメイド」のデザイナーを務める細川雄太氏。ファッションシーンから注目を集めるこの2人も、今回の取り組みに参戦した。

例えばこのパーカは、オールドイングリッシュフォントで描かれた文字や袖のファイヤーパターンが印象深い。

デザイナーのデトケー氏による「デーティーティーケー」は、ディーゼルが設立された1970年代にイメージされていたような、近未来感のある幾何学的なグラデーションを落とし込んだ。
1万5000円/ディーゼル×GR8 (ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

デザイナーのデトケー氏による「デーティーティーケー」は、ディーゼルが創業した1970年代当時、世の中で思い描かれていた“近未来”をイメージしてアイテムを制作。

人の横顔やうなだれる人がグラデーションで描かれたロンTは、なぜだか目が離せない不思議な魅力を放っている。

弱冠19歳にして多くのファッションブランドとタッグを組み、昨年ディーゼルとのコラボも果たしたジュン イナガワ氏。
2万4000円/ディーゼル×GR8 (ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

弱冠19歳にして多くのファッションブランドとタッグを組み、昨年ディーゼルとのコラボも果たしたジュン イナガワ氏。

今作には、彼が得意とするアニメ作品の“萌え”と、ストリートカルチャーの世界観が存分に投影されている。

1万2000円/ディーゼル×GR8 (ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

写真家兼映像作家の植田光二氏と、グラフィックデザイナーの河村康輔氏による共同プロジェクトからは、“意識的無意識”をテーマにした作品が登場。

こちらのスウェットシャツの背中には、無意識にシャッターを切るという手法で撮影されたユニークな写真がプリントされている。

音楽プロデューサとしても活躍する渡辺淳之介氏が立ち上げた「ネグレクトアダルトペイシェンツ」は、同ブランドがディーゼルを侵食していく様子をイメージ。
2万2000円/ディーゼル×GR8 (ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

音楽プロデューサとしても活躍する渡辺淳之介氏が立ち上げた「ネグレクトアダルトペイシェンツ」が手がけたアイテムも面白い。

ディーゼルのロゴのうえに彼らのロゴのステッカーを貼り付けたようなデザインは、コラボによって“ディーゼルを侵食する様子”を表現しているという。

裏原ムーブメントを牽引し、今年1月から再始動した「リボルバー」は、パリのアーティスト、ソーミー氏のグラフィックを採用。
5万4000円/ディーゼル×GR8 (ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

かつて裏原ムーブメントを牽引し、今年1月から再始動した「リボルバー」もコレクションに参加。

パリのアーティスト、ソーミー氏のカラフルなグラフィックを採用しつつも、リボルバーらしい毒のあるデザインに。定番のデニムジャケットも、こんな個性的な印象にイメチェンさせた。

「オフ ホワイト」のスタッフで、東京のファッションアイコンの一人でもあるマオ氏がデザイナーを務めるレーベル「ロジック」。
3万5000円/ディーゼル×GR8 (ディーゼル ジャパン 0120-55-1978)

「オフ-ホワイト」のスタッフで、東京のファッションアイコンのひとりでもあるマオ氏。彼女がデザイナーを務めるレーベル「ロジック」のアイテムも届いた。

ブランドを象徴するペイズリー柄に、ディーゼルのロゴを施すことでコラボのスペシャル感を醸し出している。

今回のコラボのきっかけは、ディーゼルの創始者、レンツォ・ロッソ氏が来日した際に開かれたパーティだった。その場にいたGR8のオーナーバイヤーの久保光博氏はこう語る。

「レンツォとさまざまなアーティストたちが集う場は、まるで大人のプレイグラウンド(遊び場)のようでした。このときの光景が、このコレクションの着想源になっています」。

こちらはすでにディーゼルとGR8の店舗とオンラインストアにて販売中。ショップにアイテムが並ぶ様子は、まさに久保氏が語る“プレイグラウンド”そのもの。ぜひ遊びに行ってみて!

 

[問い合わせ]
ディーゼルジャパン
0120-55-1978

POW-DER=文

# ディーゼル# GR8# カプセルコレクション
更に読み込む