2020.09.18
NEWS

ザ・ノース・フェイスの“ヌプシ”がレザー仕様に! タッグを組むのは……

2006年の誕生以来、雪山に挑む冒険家たちの足元を温めてきた「ヌプシブーティ」。ザ・ノース・フェイスの冬の傑作だが、先日これにまつわる胸アツなニュースが届いた。

あのエンダースキーマとのコラボレーションによって、スペシャルな“ヌプシ”へと変貌を遂げたのである。

ノースフェイス×エンダースキーマ。レザー仕様になった定番ブーティ

エンダースキーマといえば、レザーを用いたプロダクトで高い評価を得るブランドだ。なかでもヌメ革で名作スニーカーをオマージュした「マニュアル インダストリアル プロダクツ」は、ファッション好きの間でも不動の人気を誇る。

このたびリリースされたヌプシブーティも、レザー仕様となっている。

「ヌプシ ダウン ブーティ」/ザ・ノース・フェイス×エンダースキーマ
今回はエンダースキーマが木型の段階からデザインを担当。「ヌプシ ダウン ブーティ」3万8000円/ザ・ノース・フェイス×エンダースキーマ(ゴールドウイン 0120-307-560)

アッパーには、撥水加工されたカウレザーを採用。キメが細かい上質なレザーは柔らかく、足によく馴染む。耐久性にも優れており、長く愛用できるのも魅力だ。じっくり履き込んで、経年変化を楽しんでもいい。

もちろん、ヌプシブーティ本来の機能は損なわれてはいない。内側には環境に配慮したリサイクルダウンを封入。足元をしっかり温めてくれる。

エンダースキーマのタグがワンポイントになっている。

また、サイドウォールが特徴のラバーカップソール「ビブラム2146 クリーン トレック」を採用することで、安定感も高めている。

「ヌプシ ピール ゴア」/ザ・ノース・フェイス×エンダースキーマ
「ヌプシ ピール ゴア」3万6000円/ザ・ノース・フェイス×エンダースキーマ(ゴールドウイン 0120-307-560)

加えて今回は、2種類のショート丈バージョンも用意。いずれもエンダースキーマらしさを色濃く演出した。

例えば上の「ヌプシ ピール ゴア」。縦のラインを描くようなキルティング加工を施すことで、ユニセックスな雰囲気に。

「ヌプシ ダウン モック」/ザ・ノース・フェイス×エンダースキーマ
「ヌプシ ダウン モック」3万円/ザ・ノース・フェイス×エンダースキーマ(ゴールドウイン 0120-307-560)

「ヌプシ ダウン モック」には、エンダースキーマの定番であるタッセルをプラス。このワンポイントによって、ヌプシブーティがいつもと違う印象になるから不思議だ。

ザ・ノース・フェイスとエンダースキーマの初コラボ。先行販売は抽選となり、すでに両者の特設サイトとスキマ 恵比寿の店舗で受付がスタートしている。受付期間は9月20日(日)までと残りわずかなので、速攻で申し込みを。

さらに両者のオンラインショップでは一般発売も予定。エンダースキーマでは10月3日(土)、ザ・ノース・フェイスでは10月5日(月)から販売を開始する。

こんな特別なヌプシブーティをゲットできたら、足も心もホクホクすること間違いなし!である。

 

[特設サイト]
ザ・ノース・フェイス特設サイト

エンダースキーマ特設サイト

[問い合わせ]
ゴールドウイン カスタマーサービスセンター
0120-307-560

スキマ 恵比寿
03-6447-7448

POW-DER=文

# エンダースキーマ# ザ・ノース・フェイス# コラボ
更に読み込む