2020.08.28
NEWS

NIKEが考える“健康サンダル”登場。日常のオフタイムに履きたいオフライン

宇宙ゴミから生まれたスニーカーリサイクル素材を50%以上使用したシューズなど、驚きのニュースが絶えないナイキ(NIKE)から、またも気になるモデルが登場した。

「オフライン」と名付けられたミュールタイプのシューズである。

脱ぎ履きしやすいよう踵のないミュールタイプを採用。「ナイキ オフライン」1万3000円/ナイキ 0120-6453-77

「ナイキ オフライン」は、ナイキ スポーツウェアのN.354から生まれたシューズで、ナイキの新旧のシルエットを組み合わせたデザインが特徴だ。

現代では、PCやスマートフォンなど、オンラインで何かと常に“つながっている”状況が当たり前となっているが、ナイキはそういった状況に警鐘を鳴らす。

「オフライン」では、情報を遮断することが心の健康に良いという考え方に着想を得て、“快適さ”を追求した新しいタイプのシューズを開発した。

2種類のインソールが付属する。ピンク色のインソールが「センセーション001」、黄緑色が「センセーション002」。

“快適さ”とはつまり、足に優しく、リラックスできるかどうか。ミッドソールにはスニーカーと同じくクッション性に優れた厚めの素材を採用。

また、2種類のドロップインタイプのインソールが付属し、目的に合わせて付け替えることが可能だ。

「センセーション 001」と呼ばれるピンク色のインソールは、大きめの突起がマッサージのように足裏を刺激。

もうひとつの「センセーション 002」は、無数の突起が足にかかる負担を分散し、1日中履いても疲れにくい。近所での軽い散歩や部屋履きなら「センセーション001」、長時間歩く場合は「センセーション002」といったように、歩く距離や足のコンディションに合わせて使い分けるといい。

アッパーに付いている面テープでフィット感を調整。

脱ぎ履きのしやすさと心地良い履き心地を備え、デザイン性に優れたナイキの“健康”シューズは、さまざまなシーンで足を労ってくれるだろう。

 

[問い合わせ]
ナイキ カスタマーサービス
0120-6453-77
www.nike.com

# ナイキ# シューズ
更に読み込む