2020.08.08
NEWS

注目の写真家デュオ「トキ」のフォトTがリリース。写真展も同時開催

男の夏の公式ユニフォームと言えばTシャツ。特にフォトTは永遠の定番だが、元ネタとなっている写真の撮影者って、意外に知らなかったりもする。

今回ジャーナル スタンダード レサージュから新たにリリースされた「トキ(TOKI)」のフォトTは、販売開始と同時に写真展を実施。珍しくもありがたいケースだが、これは好奇心を満たすチャンスだ。

今回ジャーナルス タンダード レサージュで新たにリリースされた「トキ(TOKI)」のフォトTは、販売開始と同時に写真展を実施。
各8500円/ジャーナル スタンダード レサージュ 03-5524-2200

男女のフォトグラファーユニットとして活動するトキ。その写真は柔らかい光を組み合わせた、抽象的で浮遊感のある作風が特徴的だ。

ユニット名も鳥のトキが由来で、耳あたりもよく、存在は知っているが見たことはない、そんな不思議な存在をユニットコンセプトに重ねているという。

今回のコンセプトは“新しいイメージをひらく”で、ラインナップは全5種類。サイズはゆったりとしたユニセックス仕様となっている。

今回ジャーナルス タンダード レサージュで新たにリリースされた「トキ(TOKI)」のフォトTは、販売開始と同時に写真展を実施。
Tシャツ8500円/ジャーナル スタンダード レサージュ 03-5524-2200

リリースを記念し、ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店とシャーナル スタンダード 渋谷スクランブルスクエア店では同作品の写真展を開催中。

ただし、展示中の写真はいずれもプリントではなく、大きなタペストリーに織り柄で表現するという斬新な試みにも挑戦している。

今回ジャーナルス タンダード レサージュで新たにリリースされた「トキ(TOKI)」のフォトTは、販売開始と同時に写真展を実施。
[左]9000円、[右]8500円/ともにジャーナル スタンダード レサージュ 03-5524-2200

タペストリーはテキスタイルデザイナーの山口英夫氏によるもの。江戸時代から続く伝統産業「米沢織」の織元の3代目の彼は、伝統の織にデジタル技術を融合させた新しい織物作りに取り組み、海外でも高く評価されている。

トキのフォトTは、ジャーナル スタンダード全店舗とオンラインストアの「ベイクルーズストア」でも販売中。お気に入りの一枚で、コーディネイトに新たな世界観を取り込んでみよう。

 

[イベント詳細]
トキ×ジャーナル スタンダード レサージュ エキシビション
「Light births shadow, as shadow births light」
期間:8月5日(水)〜8月16日(日)
場所:ジャーナル スタンダード レサージュ銀座店
東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート1F
ジャーナル スタンダード 渋谷スクランブルスクエア店
東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号渋谷スクランブルスクエア8F

[問い合わせ]
ジャーナル スタンダード レサージュ
03-5524-2200

# ジャーナル スタンダード# トキ# フォトT
更に読み込む