2020.07.04
NEWS

梅雨の不快指数も激減。ザ・ノース・フェイス、2つの新型防水シューズ

梅雨の足元に不快感はつきものだ。雨のなかを歩けば靴が浸水するし、蒸し暑けりゃ足がムレるしで、たちまち不快指数はMAXである。

そんな“梅雨あるある”を解決してくれる救世主が誕生した。ザ・ノース・フェイスから届いた2つの新型防水シューズだ。

 

街も山も制すユーティリティ・プレーヤー

それがこれ、ザ・ノース・フェイスから登場した「タウント ゴアテックス」だ。
「タウント ゴアテックス」2万1000円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)

ひとつはオールブラックで統一されたこの一足。その名もタウント ゴアテックス。タウントとは、“タウン”と“マウンテン”をミックスした造語で、両者をシームレスに繋ぐという意味で名付けられた。

それを体現するように、雨の街中からトレイルまで縦横無尽に走破する“ユーティリティ”な防水シューズとなっている。

アッパーには、耐久性と通気性に優れたゴアテックス搭載の耐摩耗性メッシュを採用。ソールには、高いグリップ力を持つビブラムメガグリップを用いており、濡れたアスファルトやぬかるんだ道などでも滑らない。

濡れにくく、ムレにくく、そして滑りにくいと三拍子揃った一足に仕上がった。

NEXT PAGE /

独自の防水透湿素材でムレ知らず

シューズ内の不快な蒸れを抑制する独自開発防水透湿素材「フューチャーライト」採用の「アクティビストフューチャーライト 」も必見だ。
「アクティビスト フューチャーライト」1万7000円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン 0120-307-560)

もうひとつが、このアクティビスト フューチャーライトだ。

アッパーには独自開発の通気性に優れた防水透湿素材「フューチャーライト」を採用し、シューズ内の不快なムレを抑制。軽量化にもこだわり、外出が億劫な梅雨時季も足取りを軽くしてくれる。 

アウトソールのラバーは部分的に配合を変え、グリップとブレーキ性能を向上させた。軽くても安全面への配慮は忘れていない。

 

梅雨の不快指数をグッと下げてくれる、2つの防水シューズ。この時季のヘビロテはもちろん、アウトドアでも年中活躍すること間違いなし。長い目で見ても手に入れる価値はありそうだ。

 

[問い合わせ]
ゴールドウイン カスタマー サービスセンター 
0120-307-560

本間 新=文

# ザ・ノース・フェイス# ゴアテックス# シューズ# 防水
更に読み込む