2020.04.21
NEWS

即完売した10匣×コンバースのコラボスニーカー、第2弾の配色は“反転”

2018年の秋にリリースされ、即完売した幻のスニーカーが帰ってきた。

それが「10匣(テンボックス)」と「コンバース」のコラボスニーカーである。

1万1000円/10匣×コンバース(ベイクルーズストア 0120-830-335)

10匣といえば、2017年に東京で始動したストリートブランド。これまで山本耀司さん率いるY’sとコラボするなど、日本のストリートシーンにおいて注目を集める存在だ。

そんな彼らが2018年にコンバースとともに完成させたのは、スケーターの定番スニーカー「スキッドグリップ」のスリッポンをベースにしたオールブラックの1足だ。発売日には店の前に行列ができ、即日完売したため、再発売を望む声も少なくなかった。

こちらは即完売したコラボ第1弾のブラックモデル。白いステッチが好アクセントになっている。

それから約2年、待望の再コラボとなった今作は、前回のオールブラックを反転させたオールホワイト・バージョンで登場。これまでもシューズを展開してきた10匣だが、色はすべてブラックのみ。そんな彼らが初めて“白い”スニーカーを作ったことでも話題を集めている。

さらに前回同様、インソールには両者のロゴを配すなど、見えないところまで特別感を演出。オーリーガードやクッション性の高いインソール「リアクト」も搭載しており、スケートシューズとしてのスペックも高い。

また、再コラボを記念してドット柄のハイソックス(3800円)も同時にリリース。オールホワイトのスリッポンとも好相性だ。合わせてみるとこんな感じ。


 

スニーカーとソックスは現在、ベイクルーズの公式オンラインストアとZOZOTOWNで予約販売中。今回も完売が予想されるアイテムだけに、早めのチェックをお勧めしたい。

 

[問い合わせ]
ベイクルーズストア
0120-830-335

# 10匣# コンバース# スキッドグリップ# スニーカー# テンボックス
更に読み込む