新型コロナに負けるな!「ファッションの力」 Vol.8
2020.03.14
NEWS

子供の遊び場にルーフトップテントを無料開放! あのカーショップが粋な声掛け

自宅待機、イベント自粛、外出控えなど、学校にも公園にもいけない子供たち。一日中自宅にいるのは、子供にもその親にも大きなフラストレーションになっているはずだ。

そんな状況に企業や公共団体などが施設やサービスの無料解放を発表する中、東京・葛飾区にあるカーショップ「カードローブ(Cardrobe!)」も声をあげた。

東京・葛飾にお店を構えるカードローブ。ポルシェ・カイエンにフォグランプを取り付けマッドテレーンタイヤを履かせてしまうなど。依頼主のライフスタイルに合わせた、既成概念にとらわれないスタイリングが人気だ。

声の主はカードローブ代表の田島直哉さん。現在、オーシャンズとともに世界一遊べる車「トイ・カー」を製作中だ。

田島直哉(たじまなおや)さん
1977年生まれ。輸入車を中心とした車の販売とスタイリングを手掛けるカーショップ、カードローブ代表。センスのいい車を求めて訪ねる人が後を絶たない。

 

NEXT PAGE /

ルーフトップテントで、特別な擬似キャンプ体験を

田島さんが3月13日(金)から無料解放したのは、カードローブのガレージに置かれている車の「ルーフトップテント」。

車のルーフの上に載せられていて、キャンプ場などで存在感を放っているあれだ。

希望者に解放されるルーフトップテント。アメリカの人気ブランドであるヤキマ製で、オーシャンズとカードローブで製作中のトイ・カーにも載せられている。

田島さんは「今たまたまガレージに、ちょっと上がって遊ぶだけで楽しいルーフトップテントがありました。家で退屈をしている子供のために、カードローブでできることを考えていたときに、だったらうちのガレージで擬似キャンプ体験をしてもらえれば、いい思い出になるはずと思いました」と語る。

困っている子供と親のために、こんな閉塞感が漂うタイミングだからこそ「特別な体験」を楽しんでほしいという田島さんの想いが、今回のルーフトップテントの無料解放に繋がった。

ルーフトップテントにテーブルセット。そしてたくさんの車たち。軽食持参で訪れれば、半日は遊んでいられる。

体験時には事前に電話予約が必要で、受付時間は12時から18時まで。感染拡大防止を最優先とするため公共交通機関での来店はNG。駐車場もあるので、子供と一緒に自家用車で向かおう。

また、カードローブでは来店者用のマスクを準備。そしてふかふかのソファと田島さんがハンドドリップした美味しいコーヒーの用意もあるというから、大人もゆっくりと楽しめるはずだ。

そしてここは、日本中からオシャレなカーライフを求めて人が集まるカーショップ。自家用車のカスタムや次の車の相談も、もちろんのってもらえる。子供がルーフトップテントで遊んでいる間に、大人は新たなカーライフにワクワクしている。

そんな子供との楽しい時間を、カードローブで過ごしてみては?

[ルーフトップテント無料開放の概要]
カードローブ
住所:東京都葛飾区細田4-2-12
期間:3月13日(金)〜 ※終了時期未定
時間:12:00〜18:00(要予約)
電話:070-2804-3257
www.instagram.com/cardrobe_tokyo

# カードローブ# ルーフトップテント# 子供# 自宅待機
更に読み込む