OCEANS × FLUX Vol.16
2021.08.27
LIFE STYLE

ハワイ産唯一の焼酎は入手困難。思いつきから四半世紀、焼酎造りを成功させるまで

当記事は「FLUX」の提供記事です。元記事はこちら

ハワイでの休暇中に思いついたアイデアから時を経て、数々の苦難を乗り越えてハワイアン焼酎カンパニーを創業した平田 憲さん。ハワイでの焼酎作りとそこに至るまでの道のりを追う。

すべては冗談から始まった。

25年前、休暇でハワイを訪れた平田 憲さんは、ハワイの伝統的な発酵食「ポイ」を食べ、「ねばっとした紫のタロイモを使って、ポイ焼酎とかできるんじゃないかな」と友人にさらりと言った。日本での蒸留酒造りの経験はゼロで、商品開発の職につく大阪出身の彼の言葉は、冗談めいたものだった。

だが、それから10年が経ち、平田さんは再びその考えにとらわれた。やり方や理由には触れず、ただ単純に「ハワイで焼酎を造ったら、面白いんじゃないかなと思ったんです」。

冗談から冒険が始まった。彼は、尊敬する焼酎の造り手である万膳利弘さんに弟子入りを志願したのだ。

「まるでカンフー映画みたいでしたね」と平田さんは振り返る。まずは手紙を書き、鹿児島にある万膳酒造の蒸留所を訪れるようになった。万膳さんには断られ続けた。だが、ある日のこと、平田さんと妻の由味子さんは、偶然にも小さなバーで万膳さんと鉢合わせた。

「いろいろなことを話し始めました」と当時を回顧する。「そして、やっと受け入れてもらえました。酔いが回っていたのかもしれませんね」。修業期間は通常10年から15年だが、修業開始時の平田さんは、まもなく40歳になろうとしていた。

3年後には万膳さんから「すぐにでも自分で焼酎を造らないと、年齢のせいでスタートを切れなくなってしまうよ」と言われた。

NEXT PAGE /

ハワイの文化に泥を塗るようなことはしたくない

そこから5年の歳月を経て、夫妻はハワイに蒸留所をオープンさせた。ハレイワのでこぼこ道の先に、ささやかな蒸留所を構えたのだ。そして「ハワイアン焼酎カンパニー」として扱う手造り焼酎の第一号を完成させた。

しかし、初回出荷分の焼酎造りは当初の思惑どおりに進まなかった。

「タロイモを使って焼酎を造ってもいいか、許可をもらうためにハワイの団体を複数訪れ、相談しました」と平田さんは振り返る。「残念ながら、タロイモを使ったアルコール飲料の製造は認められませんでした。ただ、私たちはハワイの文化に泥を塗るようなことは一切したくなかったのです」。

そこで、焼酎造りに適した、でんぷんが豊富で粉質な果肉のハワイ産オキナワン・スイートポテト(紫芋)を選んだ。

現在(2016年春)の出荷分の焼酎は、「スリーアイランズ」と名付けられた。その名は、ビッグアイランド(ハワイ島)、オアフ島、モロカイ島という3つの島の芋をブレンドしたことにちなむ。

ウォッカのように澄んでいるが、キレがよく、なめらかで、後味はほのかに甘い。アルコール度数は約30%で、日本酒とウイスキーの中間に位置する。

日本といえば、日本酒を思い浮かべる人は多い。だが、日本では実際のところ、発酵のみの醸造酒である日本酒とは異なり、焼酎のように米や麦、それにサツマイモを発酵させ、蒸留させた蒸留酒のほうが人気だ。

とはいえ、日本で造られる焼酎の多くはステンレスのタンクで量産されており、発酵は、空調の効いた室内でコンピューターの監視システムによって管理されている。平田さんが万膳さんのもとで修業をしたいと思ったのは、「自然をコントロールしようとするのではなく、自然と一緒に仕事をしようとする」姿勢に魅力を感じたからだ。

彼は、師と同じ理念と技術を守っている。ハワイでの生産サイクルは2カ月間で、夫妻は焼酎造りの全工程に気を配る。

夜は麹部屋の上にある木でできた台で眠り、3~4時間ごとに起きて麹の様子を確認する。培養された麹菌は、焼酎造りの最初の工程で、でんぷんを糖分に変える働きがある。蒸した米に麹菌を混ぜて米麹を造っていくのだ。

次に、米麹につぶしたオキナワン・スイートポテトを加え、万膳酒造から譲り受けた100年ものの甕壺で発酵させる。発酵の工程では温度と湿度を管理し、その後はもろみを木桶蒸留器に入れて蒸留させ、最大で6カ月間熟成させる。

生産量は半年ごとに3000本だけなので、平田さんは自分の仕事場を「ごく小さな蒸留所」だと見なしている。夫妻で焼酎造りから蔵での販売まですべてをこなし、ここで働き、眠り、食事をし、そして暮らしている。

夜中に起きて麹の状態を確認するのはもちろん、朝5時から夕方5時まで、米を洗って蒸し、サツマイモを切ってすりつぶし、蒸留するという作業を休みなく続ける。

平田さんいわく「あとは、掃除に大半の時間を費やしています」とのことだ。「消毒と掃除の管理人みたいですね。雑菌の混入は、最悪の事態を起こしかねませんから」。

焼酎造りに見られる細かい部分については、「ちょっとしたことなんですよ」と語る。ただ、ちょっとしたことはいずれも重要なことだ。もはや焼酎造りは冗談ではなく、平田さんの人生である。

焼酎造りのどの工程についても「最終的に、自分の人生を豊かにしてくれるような気がします」と語っている。

ハワイアン焼酎カンパニーの詳細については、Facebookをチェックしてみよう。

 

ジョン・フック=写真 マーサ・チェン=文 神原里枝=翻訳

This article is provided by “FLUX”. Click here for the original article.

# ハワイ# フラックス# 焼酎
更に読み込む