OCEANS × Forbes JAPAN Vol.55
2021.04.15
LIFE STYLE

「何もない」からできたまちづくり。小山薫堂がみた幸せの閾値(いきち)

当記事は「Forbes JAPAN」の提供記事です。元記事はこちら

観光ではなく、関わって光る「関光」を目指す甲佐町

築130年の古民家ホテルとして改修した「NIPPONIA 甲佐 疏水の郷」が、熊本県甲佐町にオープンした(2020年11月)。ホテルは地元住民によって開発・運営されている。

甲佐町は人口1万人の、何もない町。これまで長い期間、民宿やホテルすらなかった。しかし、「何もない甲佐町だからできることがある」というから不思議だ。

自身も熊本出身であり、多くの地域プロデュースを行う小山薫堂氏が、同ホテルを運営する地元の企業 Drawingを代表して米原賢一氏、一般社団法人パレットを代表して大滝祐輔氏と共に、〈何もない町のまちづくり〉の面白さについて雪の熊本で語り合った。

地元に取り込まれる感覚

商店街入り口にあったかつてのたばこ屋は、約130年の歴史を経て、いま古民家ホテルとして活用されている。

主屋と離れがあり客室は3つだ。「地域とゆるやかにつながる縁側(えんがわ)」のコンセプトを表すように川沿いに縁側がある。宿で過ごして良し、自然にひかれるままに外に出て過ごすも良し、の価値を提供している。

施設の支配人はじめ、朝食提供店、体験提供事業者、施設の施工会社まで、関わる全ての人が地元・甲佐町の住人。滞在者は気がついたら、地元・甲佐町に取り込まれている感覚だ。

また、商店街をめぐりつつ、地域との交流がうまれるパス「KOSA PASS with NIPPONIA」を宿では準備しており、商店街で散歩していると、美味しいコーヒー1杯、ニラが沢山はいった「ニラメンコ」というメンチカツ1つと、様々な〈おまけ〉がもらえる。

美濃和紙を使った版印刷が美しい。

来た人も地域の人もハッピーになれる「関光(観光)」

近年、多くの地域で、観光客や移住者の増加を目的としたまちづくりが行われている。しかし、まちづくりが必ずしも地域住民に歓迎されている訳ではない。

「静かな暮らしを乱す観光客はいらない」という声が聞こえてくるからだ。甲佐町はどうだ。聞けば、同じように移住者を歓迎しているが、ひと工夫がされている。

「人を呼ぶ=観光客ですが、それだけで止まらずファンになってもらうことを目指しています。その先に移住があるんです。他者が新たに住み始めてもトラブルにならぬよう、ファンになってもらう必要があります。そして、僕らはそんな方々と一緒にまちづくりがしたい」(米原氏)

「僕らの『かんこう』は、通常の観光ではなく『関って光る』という意味での関光(観光)。地域の人がお節介しながら、旅行者にどんどん関わる。お節介をする地域の人も、町に来た人もハッピーになれるような“しかけ”をちりばめています。

ホテルのラウンジは、地域の方にも気兼ねなく来ていただくスペース。ラウンジにはパン屋が併設されており、宿泊した人と地域の人が交流できるような空間になっています。地域全体でお迎えできるような空気を常に意識しています」(大滝氏)

ホテル開業の影響で、観光に訪れる人が増えた甲佐町では、まちから失われつつあった賑わいが増えたと喜んでおり、多くの人がもてなしに参加しているという。

NEXT PAGE /

「何もない町」の人々の想いを尊重したまちづくり

「僕自身含めて、甲佐町の人たちは『地元には何もない』と認識している。観光地ではないから何もない。それでも目の前にはあふれるほどの自然がある。じゃあ、この自然の魅力はなんだ、と価値を再認識する必要があって、そこをみなさんに面白がってもらいたい」(大滝氏)

「僕らは自分たちがやりたいことしかやってないんですよ」と米原氏は笑う。その背景には、先行してまちづくりを行なった人や、それに伴う派閥もなかったからだ。初めての取り組みだからこそ、そこに発生しがちなトラブルもなかったのである。

それでも、町の人々の想いと行政の考えをすり合わせていくことは重要なポイントだ。

「甲佐町が目指す方向と僕らがずれちゃダメだと思っているんです。一緒に歩みながら、行政がやりにくいことを僕らが体験することも必要だし、それを応援してもらうという関係性も必要な中で、自分たちがやりたいことをどんどんやろうと思っています」(大滝氏)

「どっちかが上に行きすぎてもダメ。行政が上に行くとやらされてる感が出るし、こっちが頑張りすぎると行政が後押ししなかったり……。そのバランスを見つつ、やっぱり中にいる人たちが幸せにならないといけません」(小山氏)。

そういう意味では、新しい価値だけを尊重するのではなく、これまで町の人が続けてきたことへの思いを尊重し、応援するという活動を行なっている。「町の方たちへの敬意がなくては、新しいことはできない」という意識があるからだ。

両氏の姿勢に小山氏はセンスを感じたという。まちづくりは自分たちだけで全てをやると限界がある。いかに、町の人を巻き込みながら進めるかが重要だ。そのためには、「シンプルに人を思う力があること」「時代の気運を肌で分かっていること」が欠かせないと小山氏は分析。また、甲佐町では、「自分たちの限界を感じる部分は外に頼る潔さがある」と他の地域との違いも語った。

そんな彼らが出会ったのが、全国で地域独自の文化資産を尊重したエリアマネジメントを行い持続可能なビジネスを生み続け、NIPPONIA(NIPPONIA – なつかしくて、あたらしい、日本の暮らしをつくる)という社会運動を主導するNOTEの代表取締役・藤原岳史氏だ。

「町が楽しそう」と思ってもらえる事業

「町を元気にしたいという部分からスタートする」とは藤原氏の言葉だ。

トップダウンで観光名所をつくるのではなく、ボトムアップで町から価値を発信する必要性を感じた彼らは、虫食い的に存在する甲佐町の空き家に注目した。「これらの空き家を再生しながら、町全体を一つの宿泊施設として、外からの人を迎えることはできないか?」というアイデアがうまれた。

地域の宿泊事業において、稼働率が3割程度でも持続可能なビジネスモデルをNOTEは持っていた。ここにならうかたちで、甲佐町も挑戦してみてはと動き出したのだ。

「そこからNOTEさんと一緒にDrawingという会社を作らせていだきました。Drawingはここの施設の運営として、資金調達などをしています。スタッフは一般社団法人パレットです。NOTEさんの資本も入っていて、きちんと長いお付き合いができています。ずっと並走するような腹積りというか覚悟を持ってやってくれたのでしっかりと信頼を築けています」(大滝氏)

こうして始まった宿泊施設では、「地域の価値をしっかり表現できたというのが大きい」と振り返っている。地域と共に家族を育むを大事にしており、メインターゲットは家族層となる。

今後は、農業体験やサイクリング、SUPなどのアクティビティを充実させ、家族が互いの新たな一面を発見する機会をつくっていきたいという。こうしたアクティビティの担い手は町の人々だ。

「子供が喜んでいると、地域のおじいちゃん、おばあちゃんも喜ぶでしょうねきっと」(小山氏)

「そうですね。地域の人たちも苦にならない程度で楽しんでもらいながら交流してもらえればいいなと思います。やはり観光地ではないので、人にスポットを当てながら『またこの人に会いにいきたい』とか、『あの人がいるから甲佐町に行きたい』と思ってもらえるようにするのが僕らの目指すところかなと思います」(大滝氏)

「僕らは、ホテルや観光、レストランがやりたいわけではなくて、甲佐町が何か楽しそうになるっていうことがやりたいんです」、こう語るのは米原氏だ。 

NEXT PAGE /

幸福の閾値(いきち)を下げることで気づく豊かさ

では、町を訪れた人が体験の中で感じる没入感は、どのように産むことができるのだろうか。〈何もない町〉の魅力はどこにあるのだろうか。

「甲佐町のような地域に行くと、普段聞こえない鳥のさえずりを聴いて、『幸せってこういうこと』と感じることがある。『幸せの閾値(いきち)を下げる』機会になるんですよね。以前、学生らに『幸せの閾値を上げるな』とよく言っていました。最初は満足していたのに、良い体験をしたら閾値が上がってしまって、なかなか満足できない。

※閾値:いきち、しきいちを読むこともある。反応や現象を起こさせるために加わる最小の刺激の意。

だから、大きな幸せを求めるよりも、常に一定にしていく方が何でも幸せに感じるんです。旅はこの閾値を取り戻すための行為。普段と違う色々な日常を見たり、その地域の暮らしを見ることによって、幸せの閾値を一定にできるんです」(小山氏)

〈何もない町〉であった甲佐町には、幸福のスタンダードが存在している。甲佐町には、人がいる。町の人々と旅人が触れ合うことで、日常にある小さな幸せに気づくことができる。

「地域活性のスローガンとして「町の交差点」とありましたけど、甲佐町の『こうさ』っていいなと思いました。外の人たちにも『甲佐町行ってきて』といいたくなりましたね。『あの人たちに会ってみてよ』と」(小山氏)

 

上沼祐樹=文

提供記事=Forbes JAPAN

# NIPPONIA# フォーブス# ホテル
更に読み込む
一覧を見る