2021.06.30
LIFE STYLE
PR

自己満足に生きろ! オーシャンズW編集長が共感する「I.W.ハーパー」の魅力

一度きりの人生だ。どうせなら自己満足に生きたい。アメリカを代表するバーボンブランド「I.W.HARPER(I.W.ハーパー)」は、まさにそう願う大人たちの人生を鮮やかに彩ってくれる存在だ。

「I.W.ハーパー」と、I.W.ハーパーで簡単に作れるミントカクテル「ハーパージュレップ」。いずれもアメリカでは、古くから人気を誇っている。

1877年に創業し、今年リブランディングを果たしたI.W.ハーパー。そこに設けられたメッセージは、ブランド名の「W」をひっくり返すことで現れる「I’M HARPER」。

HARPとは「繰り返し、何度でも」の意。つまり、自分の趣味趣向に日々没頭して生きる人=自己満足に生きる人を表す造語である。

I.W.ハーパーとミント、炭酸水、砂糖、クラッシュアイスで作り出す「ハーパージュレップ」はアメリカでは伝統的なカクテルだが、日本では“新しいお酒”として、急速に「I’M HARPER」な大人たちに広まっている。

[左]原 亮太●オーシャンズ ウェブ編集長。1979年生まれ。愛知県出身。キャンプと釣りが好き。[右]江部寿貴●オーシャンズ編集長。1977年生まれ。東京都出身。趣味はサーフィン。

そんなウワサを聞きつけたオーシャンズのW編集長、エベ&ハラもさっそくハーパージュレップで乾杯。キンキンに冷えたグラスを片手に、自己満足に生きるふたりのライフスタイルを改めて紐解いた。

「I.W.ハーパー」の詳細はこちら 

「I’M HARPER」な大人とお酒のいい関係

エベ 俺のライフスタイルにいちばん大きな影響を与えている趣味は、やっぱりサーフィンかな。サーフィンがなければ編集者にもなってないと思う。

ハラ そんなにっすか?

エベ まぁ、学生の頃は考え方が浅いからね。転勤のある仕事は嫌だ、ネクタイをしめたくない、定時で働きたくない……って、消去法で就職先を考えてた(笑)。

ハラ あー、でもめっちゃわかります。まさに「I’M HARPER」(笑)。

エベ 海にも行けて、転勤もなくて、かつ自由に働ける仕事ってなんだろう……って考えたら、編集者が選択肢のひとつだったんだよね。ハラさんの趣味は?

ハラ 僕はキャンプ、釣り……あと、最近は畑にハマってます。

エベ 結婚して子供ができてからアクティブになったよね。

ハラ もともと家でじっとできないタイプなんですけど、キャンプは家族を巻き込んで外に出掛けられるから都合がいいんですよね。子供が3歳の頃からだから、もう6年くらいキャンプやってます。

エベ お酒は普段から?

ハラ お酒は昔からずっと好きで、最近はナチュールワインが中心ですね。それまでは手頃に買えるものが良かったけど、この年齢になって、お酒にお金や手間をかけられるようになりました。

エベ やっぱり、キャンプでもお酒は飲むの?

ハラ むしろお酒がないとキャンプの意味もない、っていうくらい飲みますよ(笑)。キャンプ場に着いてテントの場所を決めたら、すぐ「よーし、飲むぞ!」って。ひと口目に飲むお酒の美味さったらないっすね。

エベ それは本当に美味いんだろうね(笑)。お酒の種類はいくつか持っていくの?

ハラ ワイン、ビール、ウイスキーは持っていきますね。こういう手間も、今は楽しみのひとつですね。

NEXT PAGE /

「昼から飲めるお酒」と「夜に飲みたいお酒」の違い

エベ お酒って究極を言えば、なくても生きていけるんだけど、生きるうえで絶対に必要でもあるよね。

ハラ そうですね。お酒を飲んだ瞬間から自分の時間になるから、「ここからはゴールデンタイムだ!」ってときには、やっぱりお酒が必要ですね。あと、お酒にもTPOがありません?

エベ お酒のTPO?

ハラ 飲むタイミングによってお酒のパフォーマンスも変わるというか。昔、炎天下のブラジルで飲んだ、クラッシュアイス入りのカクテルはヤバいくらい美味かったんですよ。でも、帰国して梅雨の日本で作ってみたら、「なんか違う」と感じて。

エベ そういう意味でのTPOはあるね。例えば、I.W.ハーパーを昼からストレートで飲むかといったら、飲まないと思うんだよね。俺なら夜に飲む。でも、このハーパージュレップは太陽の下で昼間から飲みたい。

ハラ 初めて飲みましたけど、キャンプで明るいうちからハーパージュレップは、たぶん最高(笑)。

エベ ビールって、ぬるくなったら美味くない。でも、ハーパージュレップは氷がこれだけ入ってるし、時間が経ってもキンキンじゃん? ステンレスのオリジナルタンブラーもスゴいんだろうね。ずっと冷たいまま、ゆっくり飲んでいられる。

ハラ まさにチルアウトしてるときに飲みたいお酒ですよね。

エベ 俺らみたいなクリエイティブな仕事ってさ、ある意味で24時間ずっと仕事みたいなものでしょ。趣味の時間にインプットしたものが仕事で役立ったりするし。だからこそ、自分の時間を作るスイッチは必要なんだよね。

ハラ エベさんはサーフィン中やサーフィン終わりにお酒を飲んだりするんですか?

エベ 俺は海沿いに住んでないから、サーフィン後に車で家に戻ってから飲むんだけど、その疲労感のなかで飲む一杯目は最高だよ。帰りの車内では、水も飲まないようにしてるもん。

ハラ どういうことですか?

エベ 家で飲むお酒のために、海からずっと喉を乾かしておきたいんだよね(笑)。

ハラ そこまでした後に飲むお酒はめちゃくちゃ美味そうですね(笑)。

「I.W.ハーパー」の詳細はこちら 

NEXT PAGE /

ハーパージュレップが家飲みに打ってつけな理由

エベ っていうかさ、今さらだけどハーパージュレップってめちゃくちゃ美味くない?

ハラ 今さらですけど、めちゃくちゃ美味いっすよね(笑)。ビックリしました。

エベ 家でもすぐに作れるらしいし。

作り方は簡単。①ジュレップカップに砂糖少々、フレッシュミントを入れ、ペストルなどでミントを潰す。②I.W.ハーパー(60ml)を注ぐ。③ステアしながらクラッシュドアイスを2~3回に分けて入れる。④炭酸水をフルアップで注ぐ。⑤最後に再びクラッシュドアイスを盛って、ミントを飾る。

ハラ ミントって、実は育てるのもめちゃめちゃ簡単なんですよ。僕も庭の畑でミントを作ってますけど、それをちぎって入れればすぐに作れそう。

エベ こういう飲み方は今までしたことがなかったな。ウイスキーとミントってこんなに合うんだね。知らないと損するよ、コレ(笑)。

ハラ 材料も特別なものを使っているわけじゃないのに。

エベ しかも、ハーパージュレップは炭酸ありきじゃないっていうか、炭酸水に依存してない気がする。ハイボールを家で作ると、一杯目はうまいんだけど、炭酸が抜けると美味しくなくなっちゃうじゃん?

ハラ 確かに。「結局、ハイボールは外で飲んだほうが美味い」って思うことがありますね。

エベ でも、これは炭酸に依存してないから家で飲んでも絶対に美味いと思うな。

NEXT PAGE /

I.W.ハーパーにオーシャンズな男が共感する理由

ハラ 40代になってから、お酒をきちんと選ぶようになりませんでした? 僕は、ブランドのあり方とかデザインとか、背景にあるストーリーも含めてのお酒が美味しくなった気がします。

エベ それはある。

ハラ そういう意味では、I.W.ハーパーは140年前に生まれたお酒だし、ハーパージュレップも“ミントジュレップ”として、アメリカで昔から親しまれている伝統のカクテル。間違いないですよね。

エベ そうだね。I.W.ハーパーは誰でも知ってるくらい有名なお酒だしね。

ハラ でも、日本でハーパージュレップっていう飲み方は新しい。アメリカらしい歴史と洗練さ、新しさが共存していて、そんな男くさいイメージがオーシャンズっぽいし共感できます。

エベ 結局大人ってさ、仕事して、家族がいて……自分の時間じゃないものに支配されている時間が長いじゃん。でも、オーシャンズとしてはそうじゃない「3番目の場所」を作りたいっていうのが昔からあって。

ハラ そうですね。

エベ それをずっと俺たちも描こうとしているけど、I.W.ハーパーはそれも通じるところがあると思う。

ハラ まさに。

エベ 例えばさ、仕事では編集長っていう立場だけど、海に行くとそれは関係ない。サーフィンの上手い下手とか、マナーが良い悪いとか、そういうところで見られるっていう心地良さがある。

ハラ まさに我々が大切にしている「3番目の場所」ですね。

エベ そう。それってまさに「I.M.HARPER」。いろんなものから解放されて自己満足に生きられる瞬間だし、そこにお酒があることで、本来あるはずの常識とか建前みたいなものをほぐしてくれるよね。

ハラ その場所に、やっぱりお酒は欠かせない。ブランド観にも共感できるハーパージュレップがあれば、もっと自己満足を追求できる気がします。

エベ さっそくミントを買って帰ろうかな。っていうかハラさん、育ててるミントが余ってたら分けてよ。

ハラ ああ、畑から持ってきますよ。育ちすぎて野草みたいに硬いんですけど、それでもよければ(笑)。

エベ ……やっぱり買って帰ろうかな(笑)。

I.W.ハーパーとは……

1877年に誕生した「I.W.ハーパー」。1885年にはニューオーリンズの万国博覧会(1885年)での金賞受賞を皮切りに、シカゴ万博(1893年)、パリ万博(1900年)、セントルイス万博(1904年)、サンフランシスコ万博(1915年)で金賞を総ナメにし、ラベルには5つの金メダルをあしらった。やわらかな甘味と心地よい口当たりが特徴的。

「I.W.ハーパー」の詳細はこちら ※20歳未満の者の飲酒は法律で禁じられています。

[問い合わせ]
ディアジオ ジャパン
http://diageo.jp

山本 大=写真 ぎぎまき=文

# I.W.ハーパー# ウイスキー# ハーパージュレップ# バーボン
更に読み込む
一覧を見る