2021.05.25
LIFE STYLE
PR

ワークスペースの要はキーボードとマウス。選びの正解はスイス発の「ロジクール」である

ビジネスパーソンの大多数は、使用するPC付属のキーボードやマウスを使っていると思う。

そこに改善の余地あり。今以上のパフォーマンスを約束してくれるのが、ロジクールのキーボード&マウスだ。

 

ワークスペースの要はキーボードとマウスである

USBマイク 「Yeti X」 2万4860円/Blueマイクロフォンズ、ウェブカメラ 「C980」 2万350円/ロジクール(ともにロジクール www.logicool.co.jp)、パーカ6050円/ウィー 03-3405-2570、 パンツ2万7500円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、サンダル1万5400円/ビルケンシュトック(クオリネスト 03-6451-1458)、デスク36万9600円、チェア29万3700円、デスクライト3万4870円、タブレットスタンド5060円、シェルフ9万1740円/すべてハーマンミラーストア青山 03-3486-2660、その他すべて私物

今やすっかりホームオフィスの時代。PCからデスクまで完璧に整えた、という人も少なくないと思う。だが本当にそのワークスペースは最上か。改めて、自身の手指で最も頻繁に操作する道具を見直してほしい。

それはずばりキーボードとマウス。そのふたつに、我々はあまりに無頓着ではなかったか?

世界中のプロフェッショナルが認めるデジタルデバイスを世に送る、スイス発のロジクール。「MX Keys」と「MX Master 3」が、その最上位機種となるキーボードとマウスだ。卓越した操作性、精巧なデザイン、クイックかつパワフルな充電力。そして機能以上に我々の心をくすぐるのが、そのモノ作りの哲学だ。

スイス・ローザンヌのラボで行われているのは徹底した使い勝手の追求。精密な部品を開発し、数多くの試作品を製作。ボタンやホイールの触り心地や可動反応を確認し、ワイヤレス電波の強度をチェック。

優れた時計作りと同じように、ラボには熟達したクラフツマンシップが満ちている。それが豊かなストーリーを感じさせてくれるのだ。またキーボード、マウスともにMac対応モデルも用意。色はアップル製品と相性の良いスペースグレーを採用している。

一流のアスリートが道具にこだわるように、我々ももっと仕事の道具にこだわっていい。キーボードとマウス。それがワークスペースづくりの最後のピースなのである。

ロジクールの詳細はこちら

NEXT PAGE /

パフォーマンスの向上は指先から始まる

「MX Keys」 1万5950円、「MX Master 3」 1万4850円/ともにロジクール www.logicool.co.jp

ロジクールのフラッグシップモデルといえるのがこちらのキーボードとマウス。機能性もデザインもパーフェクトである。

 

完璧にフィットする美しいフォルム

人間工学の観点から、手のひらに合わせて作られた完璧な形状。理想の位置にセッティングされた「進む/戻る」ボタンとジェスチャーボタン。そしてサム(親指)ホイールによって、より直感的な操作を可能にしている。

 

クラフツマンシップが息づくデジタルデバイス

「MX Master 3」は人の手によって木型を起こし、その木型をもとに3Dプリンタで成型。ハンドメイドの良さが息づくマウスなのである。

 

部屋の明るさに合わせバックライトを調光

周囲の明るさに合わせてバックライトを調光する「MX Keys」。明るい部屋ではライトは弱く、暗い部屋ではライトは強くなる。

 

他の追随を許さない“鉄板”の安定感

球状に窪んだキーが指先の形状にフィットし、スムーズなタイピングを実現。鉄板が内蔵され、その重さによって優れた安定性を発揮する。

ロジクールの詳細はこちら

 

[問い合わせ]
ロジクール
www.logicool.co.jp

 

渡辺修身=写真 伊藤良輔=スタイリング HIROKI(W)=ヘアメイク 加瀬友重=編集・文 ハーマンミラーストア青山=撮影協力

# キーボード# マウス# ロジクール
更に読み込む