2021.04.26
LIFE STYLE
PR

冷蔵庫の常識を覆すアクア。「TZシリーズ」の最新作がラグジュアリーと呼ばれるワケ

スリムな奥行きと、他に類を見ないデザイン&カラー。既存の冷蔵庫の常識を覆し、大きな話題を呼んでいるのがアクアの“TZシリーズ”だ。

その最新モデルは今までの機能と外観を踏襲しつつ、さらなるスリム化を図った意欲作。優美なインテリアのごとく、キッチンにラグジュアリーな雰囲気をもたらしてくれる。

 

冷蔵庫から漂うラグジュアリーの理由

カーディガン3万8500円/ジョン スメドレー(リーミルズエージェンシー 03-5784-1238)、Tシャツ1万6280円/ルクシー(同興商事 info@looksea.jp )、パンツ2万4200円/アダム エ ロペ 0120-298-133

冷蔵庫がラグジュアリー?

言葉だけ聞くとピンとこないかもしれないが、ひと目見ればうなずいてもらえるだろう。

周りに馴染む無駄のないデザイン、シックな色。単なるデザイン家電の枠組みには収まりきらない、レベルの違いを感じさせる冷蔵庫。それがアクアの“TZシリーズ”である。

アクアの詳細はこちら

奥行きの薄さは省スペースのみならず、内部の良好な視界も確保。取り出しやすくひと目で見渡せるから、食品の使い忘れも防いでくれるというワケ。

2019年発売以来、その高感度なスタイルが厚く支持されている“TZシリーズ”。シンプル&シックなデザインは、日本を代表するプロダクトデザイナー、深澤直人によるもの。

設計上のポイントは635mmという奥行きの薄さだ。省スペースを実現し、隅々まで見やすく取り出しやすい。また優れた冷蔵・冷凍技術により機能面も万全。見た目良し、中身良しの人気シリーズなのだ。

機能的なドアポケットやチルドルームを備え、見た目以上の収納力を発揮。野菜の鮮度を保つ調湿フィルター付きの「旬鮮野菜ルーム」は、出し入れしやすいよう中央部に配置されている。

アクアの詳細はこちら

NEXT PAGE /

そんな“TZシリーズ”の最新作が、今回フィーチャーする「AQR-TZ42K」である。

既存モデルとの違いはスリムな横幅。持ち味である奥行きの薄さはそのままに、幅を130mmもスリムにしてしまったのだ。

大容量146L、6ボックスの冷凍室。食材の整理整頓はこれで完璧である。食材の霜付きを抑える「おいシールド冷凍室」機能がうれしい。

結果引き出されたのは、ご覧のとおりのラグジュアリーさ。そこまで大きさを求めない、例えばマンションをはじめとした集合住宅に暮らす方などには打ってつけのサイズ感といえよう。

横幅はちょうど700mm。奥行きも635mmと薄く、キッチン空間をすっきりと演出してくれる。

キッチンの、ひいては部屋全体の雰囲気を損なうことのない冷蔵庫。いやむしろ、存在するほうが生活空間をラグジュアリーにしてくれる冷蔵庫。

そんな未体験のステージへと我々を導いてくれるのが、アクアの“TZシリーズ”なのである。

アクアの詳細はこちら

サイズは2種類、カラーは2色

[左]「AQR-TZ51K」 H1825×W830×D635mm 512L 133kg オープン価格、[右]「AQR-TZ42K」 H1825×W700×D635mm 420L 119kg オープン価格/ともにアクア 0120-880-292

“TZシリーズ”の2モデル。高さと奥行きサイズは同じで、幅が異なる。住まいの形態や家族の人数によって選択してほしい。カラーはサテンシルバーとダークウッドブラウンの2色を用意する。

Information

6月30日(水)までのキャンペーン期間中、“TZシリーズ”の冷蔵庫(2021年販売モデル)を購入した方にル・クルーゼの鍋をもれなくプレゼント。詳しい応募期間、応募方法などの問い合わせは「AQUA TZ×ル・クルーゼ プレゼントキャンペーン事務局」(0120-727-275もしくはEメール:tzseries@aqua-cp.jp)まで。

 

[問い合わせ]
アクア
0120-880-292
http://aqua-has.com

 

渡辺修身=写真 伊藤良輔=スタイリング HIROKI(W)=ヘアメイク 加瀬友重=編集・文

# アクア# 冷蔵庫
更に読み込む