2021.09.10
LIFE STYLE

カジュアルに楽しむアートライフ。はじめの一歩は「FUN LIFE with ART」から

居住空間をFUNな場所にするため、インテリアにこだわる。同じ感覚で「アートを生活に取り入れたい」気持ちも、いい大人になれば湧いてくるもの。

しかし、アートデビューのハードルは決して低くはないのも事実である。

そこでオーシャンズは今回、若手アーティストの作品が気軽に購入できるプラットフォーム「MEET YOUR ART」とともに、大人のアートライフ入門に打ってつけのイベント、「FUN LIFE with ART」を開催。

アートデビューを果たすうえでまたとない本イベント、まずは見逃し厳禁の内容を紹介していこう。

「はじめてのアート」に最適な作風、プライス

昨年7月、目黒川沿いにオープンしたばかりの「リバーサイドクラブ」。食・アート・音楽が融合する「グッド カルチャー サロン」がコンセプトだ。

舞台は中目黒にある「リバーサイドクラブ」。期間中は店内に約20点のアート作品が並ぶ。いずれもMEET YOUR ARTとオーシャンズの合同プロジェクトチームが時間をかけてキュレーションしたものだ。

飛ぶ鳥を落とす勢いの新進気鋭のアーティストたちも参加しており、中には今回のイベントのために描き下ろした作品も用意している。

「リバーサイドクラブ」に約20点のアート作品を搬入した。 

アートはときに複雑だ。一見、魅力的でも、家に飾るとなると部屋に合わなかったり、そもそも価値と価格が見合っているかの判別が難しかったりするが、「FUN LIFE with ART」はまず、それらのハードルを取り除くところからスタートした。

プロジェクトチームの河口沙月さんは言う。

「作品を選定するにあたり、3つのポイントを大切にしました。まずは『キャッチーであること』。難解ではなく、ぱっと見て“カッコいい”“欲しい”と思えるものを意識しています。次は『価格帯』。10万円以下から購入できる、比較的手が届きやすいものを選んでいます」。

竹内義博「黄色の世界」(左)、「NEW GAME go」(右)各4万4000円。「竹内さんは1987年生まれで、まさにオーシャンズ世代。値段も手頃で、“ジャケ買い”したくなる作家のひとりです」。

アートデビューがあまりに高価ではさまざまな心配事も出てくるし、それだとそもそも“FUN”ではない。そこで今回の展示作品は、最高でも45万円というプライスに設定した。

かといって、比較的入手しやすい作品かといえばそうではない。むしろ、その逆である。

NAZE「BOUKEN」(38万5000円)。グラフィティカルチャーをベースにしたアーティスト、NAZE。「画面構成が秀でていますね。一見、怖いモチーフが描かれているように見えますが、よく見るとメッセージは優しく眼差しに愛があるのも分かります」(河口さん)。 

常に入手困難なアーティストの作品や、将来性を買われているアーティストの作品だけを厳選してセレクトしているので、この機会を逃せばそうそうお目にかかれない作品も多数用意している。

「今回、参加しているアーティストはみんな展示履歴、活動内容がしっかりしていて、将来性もある作家ばかりです。その『稀少性と価値』が選定ポイントの3つめですね。新人でもアート業界ではすでに名の知られる作家たちなので、買いやすいのに将来性もある。そういう意味でも信頼いただけるセレクションになっています」。

井口忠正「初期衝動」11万円(額付)。自身で撮影した写真にデジタルペイントを施した作品。「構図がカッコいいですね。井口さんは色づかいが見事でセンス抜群の作家です」(河口さん)。渋谷のクラブでマネージャーを勤めたあとに渡米し、アーティストに転身したという異色の経歴の持ち主。1984年生まれのオーシャンズ世代だ。

ウェブ展示はこちら 

NEXT PAGE /

チャンスは平等。人気作家たちの新作が買える!

前述のとおり、「FUN LIFE with ART」のために描き下ろした売れっ子アーティストの作品も並んでいる。当然、早いもの勝ちだが、ここではチャンスも平等だ。

「星山耕太郎さんは最も注目されている作家のひとりで、作品はすべて完売。描いたらすぐに売れてしまう状態です。それでも今回の企画の趣旨に賛同いただくことができ、今年はすでに個展でスケジュールがパンパンであるなか、新作を1点出品してもらいました」。

星山耕太郎「Jam II」(35万2000円)。2021年はすでに展示会の予定でいっぱいの超売れっ子アーティスト。女性がこちらを凝視する作品は展示作品のなかでもひときわ存在感を放っている。 

「ayaka nakamuraさんも売れっ子の新人で、画の単価はまだそれほど高騰していませんが、基本的に作品はすべて完売しています。

そんなayakaさんも『FUN LIFE with ART』のために、2の作品を描いてくれました。彼女は画面の大きさに縛られない作風で、キャンバスの外に広がる世界を感じませんか? こうした余白のある作品は、空間を広く見せてくれます」。

ayaka nakamura「After the wind」(28万6000円)。アクリル絵具がキャンバスから飛び出した、躍動感あふれる作品。「どこに飾っても映える、置く場所を選ばない1枚ですね」(河口さん)。 

実は今回、紹介しきれない目玉作品もある。「MEET YOUR ART」のスタッフ数人も購入したという、油野愛子さんのアートだ。

「油野愛子さんはここ1〜2年で一気に人気が出そうな作家です。お洒落でセンスのいい作品が届くので、ぜひご覧いただきたいですね」。

油野愛子さんのアトリエの様子。「FUN LIFE with ART」では彼女の作品も並ぶ。©saki maebata 

ウェブ展示はこちら 

NEXT PAGE /

本物のアートをオンラインで買える手軽さ

「リバーサイドクラブ」に展示される絵は、すべてオンラインで購入できる。

時勢柄、自由な外出はなかなか難しい。そうでなくても、わざわざ東京に足を運ぶのは大変だという人も多い。そうした事情も踏まえ、「FUN LIFE with ART」はウェブ展示も実施する。

一般的に、アートは購入ルートも複雑だ。ギャラリーに並ぶこともあれば、百貨店の売り場に期間限定で並ぶこともある。アーティストから直接買えることがないわけでもない。どこでどんな作品と出合えるか、把握することさえ難しい。

だが、「FUN LIFE with ART」はオンラインでもオフラインでも作品を吟味することができ、購入もポチッとカジュアルに済ませることができる。

「もちろん直接、作品を見られるなら理想的です。壁に飾られているところを見ることで、自宅に飾るイメージも湧きやすいと思いますので」。

河口さんはそう話しつつ、オフラインで買えることの魅力も語る。

「でも、ここにある作品はすべて作者も価格もアートデビューにピッタリのものばかりを厳選しているので、オフラインでも直感で選んでいただければと思います。もし失敗があるとしたら、人に言われて買うことでしょうか。自分で選んで買えば、きっとちゃんと愛せるはずです」。

オフライン展示は9月11日(土)から。

今回展示されている作品は、同じオーシャンズ世代の作家たちによって描かれたものも多い。

アート界で“新人”と呼ばれる最後の世代であり、今後さらなる値上がりが見込める作品もあるはずだ。同世代のアーティストの作品とともに、まだ見ぬ未来へともに歩む。そんな贅沢な魅力を存分に味わってほしい。

カジュアルに楽しむ大人のアートライフ。その入門編にふさわしい「FUN LIFE with ART」、オンラインでもオフラインでも存分にお楽しみあれ。

「FUN LIFE with ART」

ウェブ展示
期間:9月10日(金)〜9月19日(日)
https://meetyourart.jp

リアル展示
期間:9月11日(土)〜9月19日(日)
時間:10:00〜20:00

会場:リバーサイドクラブ
住所:東京都目黒区青葉台3-18-3 THE WORKS 1F

佐藤ゆたか=写真 ぎぎまき=文

# FUN LIFE with ART# MEET YOUR ART# アート
更に読み込む
一覧を見る