SEAWARD TRIP Vol.116
2021.05.26
LIFE STYLE

世界を駆け巡る自然写真家・高砂淳二「大切なのはアロハの心を持って接すること」

体長10数mの美しいザトウクジラ。その姿を実際に目にすると、この世の神秘を感じざるを得ない。そう話してくれたのは自然写真家の高砂淳二さんだ。

彼が撮影するのはただの風景ではない、“生命の神々しさ”だ。

 

ときに子守唄を歌いながらシャッターチャンスを狙う

世界中を駆け巡る自然写真家・高砂淳二の信念「被写体、それは生命です」

写真のザトウクジラは南アフリカの沖合で撮られたもので、海面下から飛び上がる様子を狙う望遠レンズの先で大きくジャンプした。

クジラは人と同じ哺乳類。肺呼吸をし、海中では息を潜め、水面上に出ると呼吸する。右側中央部に見られる、鼻から出た水飛沫がその証しである。

人とクジラの祖先はともに原始的哺乳類といわれ、海から陸に上がっていった生物の進化において、クジラの祖先はのちに海に帰っていった。ルーツをたどれば仲間。普段の生活で彼らの存在を感じることはないが、都市から遠く離れた海には確実に存在する。

「写真は南アフリカのコーヒーベイに2週間ほど滞在して撮影したものです。毎朝ボートで沖に向かい、一日中海上を走り回って過ごすなかで撮りました。

コーヒーベイの大きな見どころは6月頃のサーディンラン。南極から10億匹とも20億匹ともいわれるイワシが北上してくるのですが、同時にその群れを狙いクジラやイルカ、サメたちが移動してきます。このときもクジラを見つけて追っていました。

すると、潜った次の瞬間に巨体が空へ! ボートの30m先くらいで起きた出来事。スケールはとても大きく、同じ哺乳類とはいえ別次元の生き物としか思えない。神々しささえ感じました」。

続けて高砂さんは、身体は大きいが凶暴性は感じないのだと言った。感動的な遭遇の経験は南アフリカ以外の海でもあり、むしろクジラはフレンドリーで、好奇心が強く、興味を抱いて高砂さんが乗るボートに近づいてきたこともあったという。

彼らが近づいてきたのは、高砂さんの佇まいにも理由があったのだろう。撮りたいと思う生き物に脅威を抱かせず、好奇心をくすぐるのが高砂流。そう感じさせるもう1つのエピソードはカナダでのことだ。

「秋にシロフクロウを撮りにいったことがありました。シロフクロウは警戒心が強いものの好奇心が旺盛なのだとガイドさんに教えられていたので、1人での散策中に見つけたときに子守唄を歌いながらゆっくり近づいてみました。

撮りたいと思うと殺気みたいなものが出てしまうのですが、出ないようにシロフクロウには視線を送らず、心の中でも『何もしないよ』『俺は仲間だよ』と念仏のように唱えていました。

そのうえで、こちらを気にしたように思えたら動きを止めて、安心した様子を感じたらまた近づいて。そのようなことを繰り返し、最終的にはかなり近寄って撮ることができました」。

敵ではなく、面白いやつだと思わせる。そのため自分の子供の幼少期に歌って聞かせた子守唄を口ずさんだ。存在感を抑えるために腹這いで近づくこともある。

目線は等しく、もしくは下から。愛情を持って。それができれば、まず自分の動きが変わる。動きが変われば相手の安心感を引き出せ、好奇心を抱かすことができる。

同様のスタンスでシロクマやイルカなども含め野生動物を多く撮ってきた。状況は多彩。だがどんなときでも大切にしているのはアロハの心を持って接すること。敬意や感謝を大事にするのがいい。そう教えてくれたのは、ハワイの先住民だった。

NEXT PAGE /

潜りと水中写真が好きでダイビング雑誌に潜り込む

自然写真家を生業とする高砂さんは水中写真家からキャリアを始めた。ダイビングが好きで、水中写真を撮るのが好き。世界の海を撮り続けられたら最高だと思い、飛び込んだのがダイビング誌だった。

スタートはアルバイト。当時の出版界は活況で、雑用をこなしながらも徐々に仕事をもらえ、やがて世界各国の海を飛び回るように。そして冷たい東北の海が出身の青年は、暖かなモルディブの海で不思議な経験をする。

「透明度の高い海の浅瀬に裸に近い状態で入り、プカーと浮かんでみたんです。やたら気持ちいいな。どんどん力が抜けていくな。文字どおり、ポカポカ、ふわふわ、といった気分で、やがて水と自分の境界線がわからなくなるような感覚に陥りました。

海に同化したのか、羊水にいた記憶とシンクロしたのか。言葉ではうまく説明することのできない気持ち良さに包まれたんです」。

それは水の気持ち良さを明確に意識した瞬間であり、写真家としての転機ともなった。

長く、世間における水中写真とは図鑑に載るような写真を意味する時代が続いた。新しい扉を開いたのは中村征夫さん。水中写真家の第一人者として、生態的にのみ撮影されてきた魚を擬人化し親しみの湧く表現を行った。その功績から1988年には木村伊兵衛写真賞を受賞した。

そして次世代の高砂さんは海そのものに視線を向け、水中写真の概念を進化させていく。’93年に出版した初めての写真集『free』には、キラキラと反射する水と光の世界など、気持ち良いと思う瞬間や光景を閉じ込めた。いわば高砂さんの感動が詰まった一冊。それは真新しさもあり、世間に見事に受け入れられた。

以来、年に半分以上は東京のオフィスを不在にする生活となり、写真集の出版を重ね、写真展を開催していった。そうして仕事や作品撮りで世界各地の海に潜ると、いろんな生き物に出会うことになる。イルカやアシカといった哺乳類に親近感を抱き、サンゴにも多くの種類があるのだと気付いた。ナマコのような不思議な形をする生き物もいた。

いったい、この世界はどのような仕掛けで循環しているのだろう。

潜るほどに疑問が生まれ、意識はどんどん広がっていく。意識の向かう先は水の中だけではなく、陸上へも。やがて高砂さんは生物が進化したように、海から陸へ活動の幅を広げていった。

NEXT PAGE /

ハワイアンによる教え、“アロハ”が写真を変えた

自然写真家 高砂淳二●1962年、宮城県石巻市生まれ。自然写真家。ダイビング雑誌の専属カメラマンからキャリアを始め1989年に独立。海の生き物、虹、風景、星空まで地球全体をフィールドに撮影活動を続ける。最新フォトエッセイ『海と虹と神話』をはじめ著書多数。http://junjitakasago.com

2000年に家族で過ごしたハワイも転機となった。

滞在中、知人が紹介してくれたハワイアンの先住民と多くの時間を過ごした。彼とは海や山を散歩し、そのたびにいろんな話を聞かせてくれた。なかでも印象的だったのは、人には2つの役目があるという話。

1つは、兄弟と呼べるあらゆる生き物たちが、母なる地球の上で共存できるように知恵を使う役目。もう1つは、生涯を通してアロハを学ぶという役目だった。ハワイアンたちが大切にするアロハとは愛のこと。愛を持って人や生き物や地球に接する大切さを説いてもらったのである。

ハワイアンの先人の知恵を意識しだすと写真に向き合う気持ちと被写体への見方が変わっていった。これまでに撮り、またこれから撮ろうとしているすべては等しく生命なのだ。そう思いいたることで、あらゆる対象と向き合ったとき、愛する家族に抱く慈しみのような気持ちが身体の内から溢れるようになったのである。

NEXT PAGE /

海は汚れてしまった。それでも海は、なお美しい

さらに同じ頃、衝撃的な光景を見る。場所は太平洋のど真ん中に浮かぶミッドウェー島。人のいない絶海の孤島に、コアホウドリの死骸がビーチのあちこちに転がっていたのだ。

よく見ると身体の一部が腐っており、その内側にはプラスチックの破片の塊がいっぱい詰まっていた。現地のガイドによれば、母鳥が餌だと勘違いした洋上に浮かぶプラスチックを子に与えた結果なのだという。

「20年以上も前のことですが、当時でさえミッドウェーにはマイクロプラスチックが多く漂着していて、日本製の100円ライターもたくさんありました。また’98年にはエルニーニョ現象によって海水温が上がり、世界的にサンゴが死滅したんです。

以来、サンゴの白化現象は何度も起きていますし、アザラシを追いかけて撮っていると氷が溶けていることがわかります。自然環境が明らかに変わっている。だから僕にとって撮影の意味合いも変わっていきました。

ただ感動してシャッターを押していただけなのに、何かできることがあればしないといけないのかも。そんな気持ちが生まれてきたんです。長く地球を楽しませてもらいましたからね。

今の若い人のなかには、生まれたときにはもう地球温暖化が始まっていた人もいますし、僕らや前の世代が散々やってきて今があるともいえます。できることはやらないと。そういった気持ちは強いですね」。

今は作品の発表に加え、講演会を行い、社会派の雑誌に寄稿し、さらに海の環境NPO法人「Oceanic Wildlife Society」で理事を務めるなど、地球や自然の素晴らしさを意欲的に発信している。だが、伝えることの難しさを感じることもある。

「僕には35年近くをかけて撮ってきた写真と聞いてきた話があります。機会があるたびにうまく伝えたいと策を練るのですが、あまり口うるさく言うと煙たがられてしまう。そこが難しく感じます」。

だが失望しているわけではない。

「社会やコミュニティに属する人の9%が変われば状況を変えられるという話を以前に聞きました。すべての人ではなく、一部の人にしっかり伝えられればいい。そう思うと、希望はあるなと感じます」。

大好きな海は汚れてしまった。東京湾で獲ったイワシの8割からマイクロプラスチックが検出されたという、東京農工大学による調査結果もある。そしてプラスチックの中には、自然分解されるまで1000年もの長い時間を要するものもある。

でも、それでも海は今も美しいと、高砂さんは言い切る。

きれいであり、生態系も息づいている。ザトウクジラは今日も悠々と大海原を行き、巨体は大空を舞う。その光景を東京のオフィスにいるときでも感じながら、この星に宿る生命の神々しさを、これからも人々に伝えていきたいと思っている。

高砂淳二=写真 小山内 隆=編集・文

# seaward# 自然写真家# 高砂淳二
更に読み込む
一覧を見る