「自宅を楽しい場所No.1計画」特集 Vol.16
2021.02.10
LIFE STYLE

自分も、妻も、愛犬も。家族みんなが満足できる家は、人生をより豊かにしてくれる

3月末に自宅1階にてドッグカフェをオープン予定の遠藤 秀幸さん 。前編ではそのこだわりについて伺った。

では遠藤さんと奥さま、そして愛犬トーラスの居住スペースはいかなるものか。自宅正面から見て左側が入り口なのだが、まず玄関そのものが広い!

 

家族の誰もが我慢せず、満足して過ごせる優しい空間

遠藤 秀幸さん Age 47 の家@埼玉県・久喜。この大きく、趣味に溢れた玄関をご覧あれ。贅沢な靴棚だが、扉がないことで通気も確保され実用性も高い。壁のラックには自転車が掛けられ、ガレージっぽい感覚も漂わせた。

「職業柄もありますが、とにかく靴が多くて。ストレスなく収納しつつ、ひと目で見渡せるようにしました」。

愛犬トーラスの靴ならぬドッグリードも壁にずらり。ゴルフバッグを無造作に置いても、邪魔にならずにサマになる広さだ。ちなみにゴルフは趣味でもあり仕事(現在、遠藤さんは「ビームス ゴルフ」のマーケティングマネージャーを務めている)でもある。

「利根川の河川敷コースは至近ですし、東北自動車道を北に行けば佐野、栃木、鹿沼と本格派コースがずらり。東京に比べて練習場の料金も驚くほど安いんですよ」。

趣味を犠牲にしないどころか、趣味にもっと夢中になれる家というわけだ。

折り返し階段や回り階段ではなく、玄関からロフトの寝室までは直線階段で結ばれている。カーペットが敷き詰められているので愛犬の上り下りも安心。トーラスもスイスイと行き来する。

折り返しのない階段は、2階のリビング&キッチンとロフトの寝室を一直線でつなぐ。この見通しの良さが開放感を生んでいるのかもしれない。

「できる限り仕切らずに、ワンルーム感覚で造ってもらいました。こだわりのひとつが床です。犬が滑ることなく踏ん張れるよう、全面にコルクを敷いているんです」。

ロフトの寝室の下に、トーラスのケージを置くためのスペースを作った。つまり、生活上の動線をドッグケージが遮らないということなのである。愛犬家はぜひ参考にしてもらいたい。

硬くて滑りやすいフローリングは、室内犬の怪我や関節の脱臼を招く恐れがあるのはご存じのとおり。家族の誰もが我慢することなく、100%満足して過ごせる家。それを求めるのは傲慢でも贅沢でもない。

むしろ優しさや思いやりの表れであり、本当の意味で豊かな人生を送るために最優先すべきことなのかもしれない。

NEXT PAGE /

自宅がいちばんクリエイティブな場所になる

自分も、妻も、愛犬も。家族みんなが満足して過ごせる家は、人生をより豊かにしてくれる
ロフトになっている寝室から見下ろしたリビングの風景。ラックやテーブルなど、ほとんどのインテリアは前の自宅から持ち込んだ。新調したのは遠藤さんが身を沈めているソファくらいだとか。

随所にこだわりが詰まった遠藤さんの家。とはいえその費用は、一般的なビジネスパーソンがローンを組んで支払っていくことが十分可能な金額だ。

「屋根にソーラーパネルを設置したので、そのぶんの費用は結構かかりました。でもまさにそこはこだわりの部分で、自分らしさなんですよね。東京でこの家を建てるのは難しい。でも東京を離れれば夢が実現しやすくなる。多くの人がそのことに気付き始めていると思います」。

加えて「誰もが家族や勤務先以外のコミュニティを持つ時代になったのでは」と遠藤さんは言う。個人単位の発信が有機的なつながりを生み、新しいコミュニティが誕生する。そのコミュニティでの学びを、勤務先やそのほかのコミュニティで活かしていく時代なのだ。

実際遠藤さん自身も、あるオンラインサロンでの活動の一環として、コロナ禍の期間に完全リモートワークで自費出版本『THE FUTURE CLUB』の第2集を上梓。どんな状況下でも人は、新しい生活の可能性を見いだすことができる。その拠点は、会社ではなく自宅なのだ。

「今、近隣の加須市を中心に、この地域がとても盛り上がっているんです。コーヒーショップ、ベーカリー、古着店。ドッグマーケットをはじめとしたコミュニティイベントも定期的に開催されています。

ローカル発信で何か面白いことができるに違いないし、自分自身も積極的に関わっていきたい。本当にワクワクしています」。

 

HOUSE DATA
竣工:2020年11月
構造・規模:木造・地上2階
敷地面積:353㎡(約106坪)
建築面積:81.98㎡(約24坪)
設計:株式会社ソライロデザインワークス https://solairo-designworks.com
間取り:正面から見て1階右側がカフェスペースとなる。前庭および裏庭あり。1階左側と2階が居住スペース。キッチン、リビング、ベッドルームの仕切りがない開放的な作りが特徴だ。2階と1階カフェスペースは屋内のらせん階段でつながっている。

 

清水将之、山本雄生、川崎一徳=写真 加瀬友重=文

# 家造り
更に読み込む