2020.12.24
LIFE STYLE
PR

波待ちの家は遊びの拠点。家の中と外がつながる“第2のリビング”に仲間が集う

「暮らし」がテーマのWebメディア「Dolive」と「OCEANS」とのブリッジ連載企画。海男マーシーがDoliveから生まれた住宅「WTW HOUSE」の家に住んだなら?

最終回はマーシーのアフターサーフに密着! この家は遊びの拠点として、FUNな時間を拡張してくれるのだ。

「Dolive」はこちら

丘を登ってきた車が、海を見渡す白い家の横に止まった。降りてきたのは濡れ髪のマーシーと友人たち。サーフィンから戻ってきたのだ。

マーシーにとって、15歳から始めたサーフィンは生活の一部。だから暮らしの舞台となる家も、サーフライフを楽しむための道具のひとつ。それは、海からの風が通り抜け、家の中と外が一体となった波待ちの家だ。自然とサーフ仲間も遊びの拠点としてこの家に集まってくる。

NEXT PAGE /

ウッドデッキのある家が暮らしを外へ広げてくれる

「いい波だった!」「最後の惜しかったなぁ」と感想を交わしながらターコイズブルーのドアを開ける。玄関は、海から戻ったばかりの板を立てかけるのに十分なスペースを持っているから、気兼ねなく外を家に持ち込むことができる。

「玄関が広いって、贅沢だよねぇ。でも、玄関って外と中をつなぐ場のひとつだから、サーフィンでも農業でもキャンプでも、外遊びを楽しむ人にとってこの広さは重要でしょ」。

この家は海に向かって開くように建てられているのが魅力だが、家中の窓が大きく光をふんだんに取り入れられることはもちろん、出入り口である玄関の木の壁面やコンクリートの床面がこうして外とひと続きに造られていることも、外への広がり感を演出するのに一役買っている。

マーシーは、いつの間にかウッドデッキでBBQの支度を始めていた。玄関のすぐ脇に造られているウッドデッキは、リビングダイニングとつながっていて、こんな晴れた日には、第2のリビングとして活躍する。

「あ、ビールはキッチンから持ってきて。ついでに俺のも!」というときだって、ひょいっと敷居をまたいでリビングを横切るだけで、冷蔵庫に手が届く。

屋内から見ると、大きな窓が外と中の境界線を曖昧にし、ウッドデッキが屋内を拡張しているその風景に、ものすごい開放感を覚える。

NEXT PAGE /

日々の暮らしの中で自然を楽しめることが心地良い

「海から戻ってきたあとも、家にいながら海を感じ続けられるのがいいよね」とマーシー。それは海が見えるということだけでなく、海の風を体感できるような吹き抜けのリビングや、西海岸を感じさせる白い外壁とウッドのコントラストなど、このWTWハウスならではの設えが、海好きを満足させているのだろう。

「来週あたりもいい波が来そうだから、またここ集合でいい?」「いいね! じゃあ来週は海上がりにウッドデッキで鍋でもやろうか!?」

波待ちの家は、大人のオフの秘密基地。いつかあなたにも訪れてもらって、この居心地の良さを体験してもらいたい。

「WTW HOUSE PROJECT」の詳細はこちら

マーシーの家「WTW House Project」とは?

「URBAN」「SURF」「NATURAL」をコンセプトにしたライフスタイルショップWTW(ダブルティー)。都会と自然の両方を楽しむ人々のためにWTWが提案するライフスタイルをそのまま表現したのがこの「WTW House Project」だ。

WTWのブランド名の由来である「Waiting for the wave(波待ちの時間)」を体感できるデザイン住宅で、家づくりはもちろんインテリアのセレクトでもコンセプトを表現している。そして、このプロジェクトをWTWと一緒に実現させたのが、家をもっとカジュアルに楽しむために生まれたメディアDolive

毎日の暮らしを楽しむための情報などを発信しており、この「マーシーの究極“海適”住宅物語」も連載中。Doliveだけでしか読めないスペシャル企画「マーシーに聞いた“家にまつわる5つのQuestion”」も要チェック!

[WTW HOUSE PROJECT]
本体価格/1700万円〜
延床面積/98.88㎡(29.91坪)、1F床面積/54.65㎡(16.53坪)、2F床面積/44.23㎡(13.37坪)
※構造、仕様等は、一般地域のもので、多雪地域、寒冷地、沖縄、また、防火指定等の条件により異なる場合があります。

※掲載写真には、一部標準仕様でないものが含まれています。

 

[問い合わせ]
Dolive 事務局
https://dolive.media
instagram@dolive.media

山本雄生=写真 来田拓也=スタイリング 伊藤潤子=インテリアスタイリング TAKAI=ヘアメイク 川瀬佐千子=編集・文

着用したアイテム
ジャケット4万8000円/オンブレニーニョ (ディアゲスト 03-6452-6855)、ニット7000円/エディバウアー(ハンドイントゥリーショウルーム 03-3796-0996)、パンツ2万2000円/スケアー(アンシングス 03-6447-0135)、シューズ1万5000円/アグ(デッカーズジャパン 0120-710-844)、バッグ1万2000円/グレゴリー(サムソナイト・ジャパン 0800-12-36910)

# ドライブ# 住宅
更に読み込む
一覧を見る