2020.11.16
LIFE STYLE
PR

もはや死角なし。山男・大石学もハマった、進化した最新GoProの魅力

アクションカメラの革命児「GoPro」。

アクティブ派な大人なら、その名前くらいは聞いたことがあるだろう。ヘビーユーザーだって多いはずだ。しかし、最新機種「HERO9 Black」を使った人はまだ少ないに違いない。

GoProを高く掲げるのはオーシャンズが誇る山男、モデルの大石学さんだ。

オーシャンズ随一の“山男”でモデルの大石学さんもGoProユーザーのひとり。購入したのはもう4〜5年も前に遡るが、この間に遂げた進化は目まぐるしく、もはや別物と言ってもいい。

今回、トライアルで最新機種を手に山登りをした大石さんは、「スゴい進化ですね! 特に前面モニターは画期的」と大絶賛。買い替える価値がある、と断言する。その話、もっと深堀りしよう。

「HERO9 Black」の詳細はこちら

前面モニターで死角なし!
「HERO9 Black」のアップデートポイント

GoProの最新機種「HERO9 Black」。前面にもモニターが設置され、自撮りしながらフレーミングできる。オープン価格/GoPro https://gopro.com
 

今年9月に登場したばかりの最新GoPro「HERO9 Black」。前作よりバッテリー駆動時間は最大30%もアップし、解像度も動画は5K、写真は2000万画素と超高画質へと生まれ変わった。撮影した5K動画は、キャプチャーすればそのまま写真として楽しめるほど美しい。

「水平維持機能」が追加されたことも大きな変更点だ。この新機能によって、ランニングや登山など、アクティブな動きのなかでも自動で水平状態をキープ。ブレが少なく、安定感のある撮影ができるようになった。

冒頭のシーンで、「HERO9 Black」にはこんな画が映っていた。前面に付いたモニターのおかげで表情も風景も一発でキマる。

もっとも特筆すべきは、前面に設置されたモニターである。これまで背面にしかなかったモニターを前面にも設けたことで、もはや死角はなし。撮影時にアプリでいちいち画角をモニタリングする必要もなく、景色とともにセルフでのフレーミングも容易い。

実際に大石さんも、これらのアップデートポイントに大きく惹かれたようだ。

「HERO9 Black」の詳細はこちら 

NEXT PAGE /

2000万画素の解像度はダテじゃない!
カメラのプロも唸った高画質

頭やリュックに取り付けておけば、両手をフリーにしたまま撮影可能。

「こんなに小さいのにスゴいですよね。動画も写真もめちゃくちゃキレイになっていて、本当にビックリしました」。

登山や旅行とあわせてカメラも嗜む大石さん。その風景写真は有名ブランドがTシャツのデザインに起用するなど、もはや趣味のレベルを超えている。そんなプロ級の腕を持つ大石さんも「HERO9 Black」の表現力には舌を巻く。

今回、大石さんが登ったのは北アルプスに位置する焼岳(やけだけ)。早くも紅葉し始めた秋の嶺、実際に「HERO9 Black」で撮った写真を見てみよう。

GoPro9
ss1
ss2
ss3
ss4
ss5
ss7
ss8
ss9
ss10
ss1
ss2
ss3
ss4
ss5
ss7
ss8
ss9
ss10

大石さんはさらに“あの進化ポイント”についても言及する。

「前面にモニターがあるって、こんなに便利なんですね(笑)。これまで自撮りのときは手元のアプリでモニタリングしてましたけど、そんな面倒もなく、一発で構図もキマります。アプリを立ち上げる手間も省けるし、この進化はかなり大きいですよ」。

手軽さやストレスの少なさは、実は重要なポイントだ。“ちょっといいデジカメを買ったけど、持ち運ぶのが億劫だからついスマホ頼りに”なんて人は、身に染みてわかっているはずである。

「コンパクトだから邪魔にならないし、例えば縦長で写真を撮ろうとカメラを立てると、モニターの表示も勝手に縦仕様に切り替わるんですよ。本当にノンストレス。バッテリーも1日は持ちましたし、予備のバッテリーがあれば交互に充電しながらかなり長時間、使えるんじゃないかな」。

「HERO9 Black」の詳細はこちら 

NEXT PAGE /

動画編集も一瞬で! まだまだある、最新機種の底なしの魅力

公式アプリの自動編集機能を使えば、撮影した動画の編集もオートで簡単。

登山を終えた大石さんは、バスターミナルでさっそくアプリを起動。東京行きのバスを待つ間に、本日の“成果”をまとめたいらしい。

「久々にGoProのアプリで編集しましたけど、本当に楽ですね。動画をいくつかセレクトして、ポチッとするだけでハイライト動画が完成しちゃいました。尺の長さも指定できるし、音楽も足せるし、色合いも選べる。かなり手軽で楽しいですよ」。

大石さんがササッと編集した動画がコチラ。

「デジカメで撮った動画って、大抵はスマホに移すのがすごく手間なんですよ。でも、せっかく撮った動画だから、やっぱりインスタグラムとかで共有したい。その点、GoProはスマホに直接データを送れるから便利。さっそくストーリーズにアップしますね(笑)」。

この日、「HERO9 Black」を使ってみて、GoProの魅力を再確認した大石さん。唯一残念だったのは、その多機能さが故に「まだまだ使えなかった機能があった」ことだそう。

「欲を言えば、タイムラプスモードやスローモーションモードでも撮影してみたかったです。あと、ただでさえ広角なのに、より広いレンジで撮れるスーパービューモードも試したかった。1日じゃ使い切れませんよ! その分、撮影の幅も広いってことになりますけどね」。

後日、愛犬の散歩でも「HERO9 Black」を試し撮りしてみたという大石さん。

「犬の目線で動画が撮れて面白かったですよ。斬新な画でした。バイクや自転車、スケボーなんかで使うのもよさそうですね。この新機種は本当にオススメ。僕も本気で買い換えを狙っています(笑)」。

想像以上に、どっぷり虜となったようだ。

GoProをもっと楽しくするギアも多数!

カメラ以外にも、GoProには撮影をより楽しくするアイテムが多数揃っている。例えば小型ライト「ゼウス ミニ」は防水仕様にもなっている優れもので、早朝や夜のアウトドア遊びに最適。マグネット付きクリップであらゆるところに設置できるうえに、GoProのマウントとも互換性があるのであらゆる場面で活躍すること間違いなし。6100円/GoPro https://gopro.com

[問い合わせ]
GoPro
https://gopro.com

佐藤 裕=撮影(人物)

# GoPro# HERO9 Black# カメラ
更に読み込む