2020.07.28
LIFE STYLE
PR

投資って必要?難しくない?マネースクエアの「トラリピ」にそのヒントが見えてきた

午前に仕事に集中したら、あとは自分の時間を満喫する。水島 翔さんの「職遊融合」スタイルを支えているのが、FX投資だ。

水島さんはどのようにして投資に向き合い、成功したのか。独自のFX注文「トラリピ」を提供する企業であるマネースクエアの大浦宏紀さんとの間で行われた対談の中に、そのヒントが見えてきた。

マネースクエア「トラリピ」の詳細はこちら

ウィズコロナ時代では自分で稼ぐ力が問われている

水島 翔さん Age 36 FXトレーダーに3年前に転身し、自身で設立した株式会社好きなことで生きていく代表取締役に。
仕事が忙しくてもFX投資はできます!

水島 翔さん Age 36
FXトレーダーに3年前に転身し、自身で設立した株式会社好きなことで生きていく代表取締役に。自分らしく生きることの大切さを学んだ人生経験を活かし、「ビジネス=社会に対する価値提供」を信念に、「好き」の収益化をさまざまな形で支援する。

水島翔さん(以下、水島) コロナショックによって大規模なリストラが行われたり、リモート業務が推進されたりと、社会に多大な影響が及びました。

そうした中、“自分で稼ぐ力”の重要性がますます高まっていると感じています。優良企業に籍を置くことに、これまでのような優位性を感じなくなったという人の話をけっこう耳にするんですよ。

大浦宏紀さん(以下、大浦) そうですね。ウィズコロナ時代がどのような世界になっていくのか私にはわかりませんが、コロナ前に戻ることはないといわれていますよね。

企業は事業継続の新たな仕組みや環境をつくらなければなりませんし、従業員一人ひとりも“自分で稼ぐ力”を身に付けておく必要があるでしょう。リモートなど働き方が大きく変わることで、時間に対する意識や価値も変わってくると考えています。

水島 それはありますね。給与所得者の多くは時間を切り売りする労働スタイルですが、その意識を変えていく必要があるかもしれません。僕はビジネスパーソンを辞めたときから、時間の使い方をすごく意識するようになりました。今は、お金以上に自由な時間を大切にしています。

大浦 まさに「職遊融合」を象徴するお考えですね。東京では再びラッシュアワーが復活しようとしていますが、本当にこのままでいいのか。私たちはどのようなライフスタイルを目指していくのがいいのか、立ち止まって考えるときがきているのだと思います。その中で投資というのが、ひとつのキーワードになるでしょう。

NEXT PAGE /

正しい投資リテラシーを養えば「職遊融合」の助けになる

水島 僕はFX(外国為替証拠金取引)から始めたので、最初は“投資=トレード”というイメージだったのですが、知識やスキルを得るうちにより俯瞰的な意味での“投資意識”を磨くことができました。信じたものには全力で資金と時間を投入する。FXと出会ってから、人生レベルでお金と時間の使い方が変わりましたよ。

大浦 投資家として、ひとつの理想的なスタイルを確立されていますね。もともと日本人は投資が嫌いということではないと思うのですが、知識不足から実にもったいない失敗をしてしまい、それがもとでやめてしまうという悲しいパターンがあまりにも多いんです。

「危ないからやらない」というゼロリスク思考でなく、リスクとリターンをきちんと学び、水島さんのように投資の意識が育まれれば、もっと人生を前向きに過ごせる方が増えてくるのになと感じてます。

30代半ばにして投資に目覚めた水島さんはわずか3年にして「職遊融合」を実現させ、自分で時間をコントロールできる喜びを噛み締めている。
30代半ばにして投資に目覚めた水島さんはわずか3年にして「職遊融合」を実現させ、自分で時間をコントロールできる喜びを噛み締めている。

水島 そこは本当にもったいないですね。たとえば子供にスマホを持たせることでも弊害ばかりが論じられ、若い頃から先進技術やサービスに触れておくことのメリットには目を向けられません。

投資も同じようにリスクばかりが喧伝されやすく、学校でもお金の稼ぎ方を教える授業がない。投資の正しいリテラシーが高まれば、理想の「職遊融合」スタイルをかなえられる人が増えると思います。

大浦 はい。リテラシーを高めるには、正しい情報を収集して知識として身に付けることのほか、やはり実践を積み重ねていくことも大事でしょう。成功して喜ぶこともあれば、失敗して苦しい思いをすることもある。私自身、相場の醍醐味も怖さも味わってきました。

ただ、一発勝負に挑んで一発退場してしまえば、そこで終わってしまいます。ギャンブルのような真似はせずに何度も成功と失敗を繰り返し、投資の経験を積み重ねていってほしいですね。

NEXT PAGE /

投資運用はあくまで目標達成のプロセス

水島 僕が投資を継続してこられたのは、目標が明確だったからだと思います。モノでもいいんです。僕は最初に「いい腕時計やクルーザーを手に入れる!」と固い決意を持ってFXをはじめ、およそ2年で実現できました。今ではモノだけでなく、何物にも縛られない自由な時間を大切にしています。

また、意識したのは、今の自分ではなく「成功している自分」を克明に想像して、「そのときの自分はどう考えるのだろう?」「どのような行動を取るのだろう?」と考え、そのとおりに動くこと。成功している自分の行動と決断。それで突き進んできたんですね。

だから資金を殖やすというプロセスも、ワクワクした気持ちでやってこられました。きっとお金儲けそのものを目的に設定してしまっていては、投資に楽しみを見いだせなかったかもしれません。

午後は趣味の時間。ふらっとクルージングへ。動画の編集などオフィスにこもる必要のない仕事をクルーザーの上でやることも多い。
午後は趣味の時間。ふらっとクルージングへ。動画の編集などオフィスにこもる必要のない仕事をクルーザーの上でやることも多い。

大浦 水島さんが成功されている理由は、そこなんですね。理想のライフスタイルをかなえるための手段として投資を捉えることは、とても大切。投資そのものが目的になってしまうと、何も投資活動をしていないと落ち着かなくなってしまったり、少しでも負けたくない気持ちから損失を拡大したりしてしまいますから。

水島 そうなんですよね。また僕は、なによりリスク管理を徹底しています。“損小利大”の自己ルールをあらかじめ決め、設定値を過ぎれば利益も損失も確定させる。「もうちょっといけそうだ」とか「まだ耐えられる」など、そのときそのときの気持ちには左右されません。

損得に対する認知の歪みを示したプロスペクト理論にあるように、人間は得よりも損を回避したいもの。マイナスが大きくなっても「いつか戻るかも」という感情が働いてしまいがちです。そうした心理に抵抗するためには、自己ルールの徹底が大事なんです。

アフターコロナの時代に成功するための財テク9つの鉄則

[資産防衛も立派なリスク管理と知る]
100万円を損せず守ることは、100万円の利益を上げるのと同じ価値がある。

[生活資金を投資に運用しない]
余裕資産での運用が投資の鉄則。生活資金だと感情が入り、あぶない。

[売買の局面に感情を挟まない]
損得感情が判断を鈍らせる。売買は感情を排して冷静に自己ルールに従う。

[時間と成果は比例しない]
費やした時間だけ利益が上がるわけでない。それを損と捉えては失敗する。

[一発逆転を狙ってはいけない]
一発逆転を狙うと、一発退場のリスクが増大。投資の知識が身に付かない。

[コロナ禍のような“予想外”を予想する]
“予想外”は数年に1度やってくる。リスク管理、資産配分を心がけておく。

[アイデアだけでなく行動も伴わせる]
ノウハウは書籍やネットに転がっている。行動しなければ結果は出ない。

[絶対にかなえたい目標を定める]
明確な目標があれば投資意欲が増し、リスクにも敏感になれる。

[稼げる人間になると強い信念を抱く]
投資は自己研鑽の世界でもある。強靭なマインドが明日の未来を開く。

大浦 私も、リスク管理はとても重要なキーワードだと考えています。投資を始められたばかりの方は予想が当たるか外れるか、そこに時間と労力を割きがちです。

しかし、どれだけ研鑽を積んでも予想が外れることはあるわけです。そうしたときにどう対応するべきなのか。リスクをどう扱うのか。感情移入せず、冷静にリスク管理できるのはトレーダーとしてひとつの理想型でしょう。

NEXT PAGE /

できると思って行動に移せばより豊かな人生が開けてくる

宝物でいっぱいのガレージ。資金にも時間にもゆとりが生まれたことでさまざまな価値に気付けるようになり、楽しみが広がった。
宝物でいっぱいのガレージ。資金にも時間にもゆとりが生まれたことでさまざまな価値に気付けるようになり、楽しみが広がった。

水島 僕は行動を起こすことが何よりも重要だと考えていて、FXを始めて3カ月でビジネスパーソンを辞め、専業化したのも大きいと思います。皆さんが僕のようになればいいとは思いませんが、ある程度の時間と労力を割いて投資と真剣に向かい合えば、“自分で稼ぐ力”になるのではないでしょうか。

そのときの選択肢として、マネースクエアの「トラリピ」というサービスは有効な選択肢になると思います。秒・分単位で取引する「スキャルピング」は一定時間市場が開いている時間に張り付かないといけませんし、完全自動売買だと得しても損しても投資の学びがほとんどなく、単なる投機になってしまいます。

「トラリピ」は自分の裁量のもとで選択できるというFXの醍醐味もありながら、取引を自動化できるから、日中は企業で働いている人や忙しい主婦の方にも向いています。

「トラリピ」で、時間も手間もかけず賢く資産運用!
「トラリピ」とは、「マネーゲームではない資産運用としてのFX」を掲げるマネースクエア独自の投資商品。罠を仕掛けるように複数の注文を等間隔に設定する「トラップ」、決済成立後も注文を何度も繰り返す「リピート」、“もし○円で買えたら△円で売る”というセットの注文を設定する「イフダン」という、 3つの仕組みをひとつにまとめた特許技術。“一定の価格帯を行き来しやすい(=レンジ相場)”、“24時間動き続ける”という為替相場の特性を利用し、通貨が安いときに買う、高くなれば売るというFXならではの方法で利益を狙う。設定後の売買は自動で行うので、本業が忙しい人にも向いていると大浦さんは教えてくれた。

※「トラリピ」は、取引の利益を保証するものではありません。仕掛け方によっては多額の資金が必要となったり、設定したレンジ内であっても、損失を被ることがあります。

大浦 「FXはハイリスクハイリターンな取引」「投機性が高い」と考える方は少なくないのですが、それはやり方次第。着実な資産運用のツールとしても利用できるものです。為替がレンジ相場になりやすい特性に注目した「トラリピ」は、これからFXを始めようという方にオススメできます。

コロナショックで社会構造が大きく変化し、将来に不安を覚える方は少なくないでしょう。FXによる資産運用がひとつの対策になることを知っていただければと思います。

水島 「できると思えばできる。できないと思えばできない。どちらにしても、その人が思ったことは正しい」とは、ヘンリー・フォードの言葉です。どちらも正しいのなら、「できる」と思ったほうがいい。僕はそう思って行動し続けてきました。

やってみて、感じて、変えていく。どの分野であれ、それが人間が成長していくあるべき姿なのかなと思います。できると思って行動すれば、人生はより豊かなものになっていくのではないでしょうか。

マネースクエア「トラリピ」の詳細はこちら

マネースクエア マーケティング部 部長代理 大浦宏紀さん
行動することが何よりも大切。

マネースクエア マーケティング部 部長代理 大浦宏紀さん
日本テクニカルアナリスト協会が定めるテクニカルアナリストの資格を持った投資のプロフェッショナル。「トラリピ」を運用する顧客に対し、活用のヒントや運用環境を完全化する施策を提供している。

株式会社マネースクエア
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2797号

【加入協会】日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会

キャンペーンおよび口座開設・お取引に関するお問い合わせ
カスタマーデスク:0120-455-512(FX)
受付時間:9:00〜17:00(土日祝除く)

当社サービスに関しての注意事項
取引開始にあたっては契約締結前書面をよくお読みになり、リスク・取引等の内容をご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願いいたします。
当社の店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引は、元本および収益が保証されているものではありません。また、取引総代金に比較して少額の資金で取引を行うため、取引の対象となる金融商品の価格変動により、多額の利益となることもありますが、お客様が差し入れた証拠金を上回る損失が生じるおそれもあります。
また、各金融市場の閉鎖等、不可抗力と認められる事由により店頭外国為替証拠金取引や取引所株価指数証拠金取引が不能となるおそれがあります。
店頭外国為替証拠金取引における取引手数料は無料です。
取引所株価指数証拠金取引における委託手数料は注文が成立した日の取引終了後の値洗い処理終了時に証拠金預託額より、新規および決済取引のそれぞれに徴収いたします。
手数料額は、通常1枚あたり片道303円(税込)です(ただし、建玉整理における委託手数料は無料です)。
当社が提示するレートには、買値と売値に差(スプレッド)があります。流動性が低くなる場合や、天変地異または戦争等による相場の急激な変動が生じた場合、スプレッドが広がることがあります。
店頭外国為替証拠金取引に必要な証拠金額は、個人のお客様の場合、取引総代金の4%です。法人のお客様の場合、取引総代金に、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの証拠金率(為替リスク想定比率)を取引の額に乗じて得た額となります。為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。なお、証拠金率(為替リスク想定比率)は変動いたします。取引所株価指数証拠金取引に必要な証拠金額は、商品ごとに当社が定める1枚あたりの必要証拠金の額に建玉数量を乗じる一律方式により計算されますが、1枚あたりの必要証拠金額は変動いたします。

 
横山博之=文 後藤秀二=写真 高城昭夫=編集

# FX# マネースクエア# 投資
更に読み込む