2019.09.27
LIFE STYLE
PR

子供とRUNとポケモン GO。親子で過ごす充実のオフタイム

リリースから3年。世界中にファンを持つスマホ向けのゲームアプリ『ポケモン GO』。GPSを使った“ポケモン探し”は、「近所の公園でピカチュウを捕まえた!」「ミュウツーがいるから街へ行こう」など、もはやコミュニケーションツールのひとつにまでなっている。

実際、前回紹介した宮林さん親子は「旅と『ポケモン GO』」が親子共通の趣味だと教えてくれた。

続いて今回インタビューしたのは、ランニングで汗を流しながら、合間に『ポケモン GO』も楽しんでいるという中山さん親子。2人が感じている『ポケモン GO』の“遊ぶ以上”の価値とは?

週末は、家から車で10分程度の別所沼公園で、ゆっくりランニングをしながらポケモンを探すのが二人の習慣。
広告代理店勤務の中山慎史さん(左・38歳)と小学1年生の颯太くん(6歳)。週末は、家から車で10分程度の別所沼公園でランニングをしながらポケモンを探すのが楽しみ。

父と息子、それぞれの任務を遂行する休日

埼玉・浦和市民の憩いの場でもある別所沼公園で、休日に遊んだり走ったりするのが日課という中山さん親子。実は、『ポケモン GO』も同時に楽しんでおり、そのトレーナーレベルは、なんと35(現時点の最高レベルは40)!

『ポケモン GO』がリリースされた直後から時間を見つけてはポケモンを探してきた2人は楽しみ方も熟知しているようで、父と子、各々の役割分担も決まっているという。

颯太くんは、ポケモン探しの名人。パパのアドバイスを聞きながら、手際よくポケモンを捕まえていく。
颯太くんはポケモン探しの名人。パパのアドバイスを聞きながら、手際よくポケモンを捕まえていく。

パパ 颯太と一緒に『ポケモン GO』を始めたのはもう3年も前だよね。きっと覚えていないと思うけど。

息子 覚えてるよ。3歳の頃からやってる。

パパ ちゃんと記憶があるんだ! 颯太がどうしてもソーナンスが欲しいって言って、2人で頑張ったこともあったよね。パパが走りにくるこの公園でも一緒に探したっけ。

息子 そうだね。僕、今でもソーナンスがいちばん好き。面白いポケモンだから。

パパ この公園は、ランニングもできるし、颯太は広場で遊べるし、ポケモンも見つかる。だから俺たちにとっては大切な場所だよね。こんなところほかにはないかも。

『ポケモン GO』は、歩いたり走ったりした距離に応じて、ポケモンのアメを獲得したり、タマゴをかえすことができる。ランニングの途中でその画面を確認する中山さん親子。

息子 でも、パパは仕事の日でもいっぱいポケモン捕まえてるじゃん。

パパ そうだよ。でも、ポケモンについては、図鑑とかよく見てる颯太のほうが詳しいよな。土日にその週の成果を見せるとアドバイスくれるから、パパも助かってる。進化するポケモンかどうかも教えてくれるから。

息子 パパももっと勉強したほうがいいよ。

パパ わかった(笑)。

NEXT PAGE /

ポケモン GOで頭があがらない父のハッピーライフ

『ポケモン GO』を「興味本位で始めたら、すっかりハマってしまった」という慎史さん。今では親子にとって外せないコミュニケーションツールになっている。

息子 でも、パパがランニングでいっぱい走ってくれるから、タマゴがたくさんかえって、ポケモンがすごく増えたんだよ。

パパ ゆっくりランニングして距離を稼いで、たまに颯太にチェックしてもらう。まだまだ2人で一緒に走れる距離は短いけど、そうやってたくさんポケモンを捕まえてきたもんね。近くでレイドバトルやってたら参加したりして。

息子 うん。伝説のポケモンもたくさん捕まえたけど、まだまだ満足できない。図鑑をコンプリートさせたいんだ。

パパ 新しいポケモンはどんどん増えるから、コンプリートは無理じゃないか(笑)。でも、捕まえるたびに颯太といろんな話ができるのは、すごく楽しいよ。去年の冬くらいからかな? 一気にレベルが上がったのは。

息子 パパがこの公園でランニングして距離を稼いでくれたり、平日も頑張って捕まえてくれるようになったからだよ。だからまたすごく楽しくなった。でも、(ポケモンは)増えれば増えるほどもっと欲しくなる!

モンスターボールを投げてポケモンを捕獲するのは、颯太くんの役目。
モンスターボールを投げてポケモンを捕まえる颯太くん。

パパ これからもっと(ポケモンを)増やしていくには、どうしたらいいと思う?

息子 パパは、どんなタイプ(のポケモン)には、どんなタイプを戦わせたほうがいいとか、もっといっぱい知らないとだめだよ。

パパ それは、颯太がよく知ってるじゃん。パパは、颯太がもっと長く走れるようになって、一緒にいろんなところに行けたらいいけど。そしたらポケモンももっといっぱい見つけられるよ。

一緒に走ったあとは、水分補給をしながらポケモンの話で盛り上がる。お互いが大切なパートナーだ。

息子 僕は、パパほど走るの好きじゃないから、一緒に走るのはちょっとでいいよ。あとは、広場から応援してる。

パパ そっか(笑)。颯太は最近ラグビーを始めたから、もっと体力がついてくれば走るのも楽しくなると思うけど。

息子 僕は図鑑で勉強して、もっともっと詳しくなるから、パパは頑張ってたくさん走ってポケモンを見つけてよ。

パパ それじゃ今と変わらないじゃん(笑)。

NEXT PAGE /
中山さん親子の夢は、ポケモン図鑑のコンプリート。一緒にグアムに行ったときも、ランニングの合間にたくさんのポケモンを捕まえたという。

ランニングと『ポケモン GO』。それは、中山さん親子にとって、お互いの成長を確かめ合うツール。捕まえるポケモンの数を増やすことは楽しいけれど、それ以上に、親子で貴重な時間を共有できるのが魅力になっているようだ。

みんなでやろうぜ『ポケモン GO』!
世界中にファンを持つゲームアプリ。アプリを閉じている間も歩いたり、走ったりした距離を記録してくれる機能、ゲットしたポケモンといつでも写真が撮れる機能、一緒に冒険を共有できるフレンド機能など、たくさんの楽しみ方が広がっている。「『ポケモン GO』は子供のもの」なんて言っていたら損する、親子で楽しめるゲームなのだ。
ダウンロードはこちらから!

「いつでも冒険モード」を使えば、『ポケモン GO』を起動していなくても歩いたり、走ったりした距離を記録してくれる。距離に応じてタマゴがふかしたり、相棒ポケモンがアメをゲットしてくれたり、道具がもらえたりする。


親子ランニングでも『ポケモン GO』を楽しもう!  #ポケGOラン”についてはこちら

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
※ゲームを遊ぶときは、周囲の状況をよく確認し、立ち止まって操作してください。歩いたり、走ったりしながらのゲーム操作はしないでください。※基本プレイ無料。一部ゲーム内課金あり。※未成年の方へ:有料アイテムを購入する時は、必ず保護者の方の許可をもらうか、一緒に買うようにしてください。※13歳未満のゲームプレイには、Niantic Kidsアカウントが必要です。

太田泰輔=写真 長谷川茂雄=取材・文

# ポケモンGO# ランニング# 親子
更に読み込む