2019.09.13
LIFE STYLE
PR

ポケモン GOには遊ぶ以上の価値がある。旅先でポケモンが育む親子の想い出

2016年に登場するや、世界中を熱狂させたスマホ向けのゲームアプリ『ポケモン GO』。GPSを使った“ポケモン探し”は、もはや単なるゲームを超えて人と人を繋ぐツールになっている。それが「コミュニケーションツールになっている」という親子も少なくない。

ここで紹介するのは、旅好きの宮林親子が『ポケモン GO』に感じる、“遊ぶ以上”の価値について。

2人ともポケモンGO歴2カ月ほどながら、急激にトレーナーレベルをアップ中。
バッグや財布、レザーアイテムなどの製造販売を行う老舗メーカーでディレクターを務める宮林誠之さん(左・42歳)と、三兄弟の長男、誠太朗くん(9歳)。2人とも『ポケモン GO』歴2カ月ほどながら、急激にトレーナーレベルをアップ中。

家族の旅にできた、親子2人だけの時間

一泊二日のキャンプも含めると、月に一度はどこかに旅行に行くという宮林ファミリー。国内外のいろんな場所で家族の想い出を作るのは何事にも代えがたいことではあるけれど、ここ最近、またひとつ、旅に違う目的ができた。

それは、長男の誠太朗くんと始めた『ポケモン GO』。旅に“ポケモン探し”という2人だけの“ミッション”も加わったのだ。

誠太郎くんのお気に入りのポケモンのひとつがエアームド。
誠太朗くんのお気に入りのポケモンの1匹がエアームド。好きなポケモンの共通項は「見た目と強さ」とのこと。

パパ まだ始めてから数カ月だけど、『ポケモン GO』をやるようになってから2人で遊ぶ時間が増えたよね。

息子 前は、あんまり(パパと)話をしなかったけど、最近は話す時間が増えた気がする。

パパ 話はしてたよ(笑)。でも、家族みんなでいることが多くて、2人だけになることは少なかったね。この前の四万十川の旅行も楽しかったね。

息子 パパの実家はスマホの電波が届かないからポケモンが見つけられなかったけど、そこに行くまでに探したのは面白かった。

誠太朗くんがポケモンを探して、誠之さんがナビするのがいつものスタイル。

パパ フェリーに乗って探したりもしたしね。

息子 まだうまく使えないけど、フェリーで、AR機能を使って写真を撮ったのが楽しかった!もっとパパが使い方をマスターしてくれれば、もっとポケモンと写真が撮れるのに……。

パパ そうだな。まだ勉強中だからな……。海外でしかゲットできないポケモンもいるみたいだし、いろんなポケモンをもっと探そうよ! 年末にはベトナムに行く予定だから、そこでも探してみよう。

息子 うん。伝説のポケモンももっとたくさん捕まえたい! でも、今いちばん手に入れたいのはレックウザ。

パパ 誠太朗はどんどん詳しくなってすごいな。『ポケモン GO』を始めて気がついたけど、前からポケモンについていろいろと知ってたんだね。

息子 実は、前からやりたいと思ってたから、『ポケモン GO』。パパは興味なさそうだったけど。

パパ 最初はちょっと苦手だなと思ってた。でも始めてみたらハマっちゃったよ! パパは誠太朗と一緒にやるって決めているから、旅行のときがたっぷりできて楽しいんだよ。

息子 旅先で2人だけで散歩に出かけるようにもなったよね。

NEXT PAGE /

父と息子、それぞれのポケモン GOの楽しみ方

誠太朗くんは小学3年生。「『ポケモン GO』を始めて2日でミュウツーをゲットした」という強運の持ち主。

パパ これからは旅先で捕まえたポケモンをお土産にして、帰ってきたら友達と交換すればいいんじゃない?

息子 そうだね。図鑑に新しいポケモンを登録するのもすごく楽しいし。早くポケモンでいっぱいにしたいんだ。

パパ 旅先で捕まえたポケモンを集めた図鑑は、あとで見返すとアルバムみたいで楽しそうだね。いろいろと思い出せるし。

息子 う〜ん……あんまり見返さなくていいかな。それよりポケモンで早く図鑑をいっぱいにしたい。そっちのほうが楽しい! 学校でも話が盛り上がるし。

パパ 振り返らないんだな、誠太朗は(笑)。『ポケモン GO』をやるようになって、ずいぶん前向きになったな。でも、学校で何が盛り上がったとか、最近何があったとか、いろいろ話が聞けたらパパも嬉しいぞ。

移動先にポケモンがいないかチェックするのは、旅の習慣になった
移動先にポケモンがいないかチェックするのは、旅の習慣になった。

息子 たくさんパパが歩いてくれれば、タマゴがかえったりするらしいよ。そしたら、もっともっと(ポケモンが)増やせるよ。

パパ そっか。じゃあもっとたくさんパパが歩かなきゃな。

息子 会社に行くときも、手前の駅で降りて歩けばいいんじゃない(笑)。

パパ ……厳しいこと言うなぁ。

NEXT PAGE /
この日も家族旅行の帰りに立ち寄ってもらった。「今回もいろんな想い出ができました」と誠之さん。誠太朗くんも「もっとレアなの捕まえたい!」と、早くも次なる旅を楽しみにしていた。

これまでは、家族(五人)みんなで行動していた旅行も、『ポケモン GO』をすることで2人だけの時間が生まれるようになった。誠之さんと誠太朗くんの“共通ミッション”を通して、絆はさらに深まっているようだ。

みんなでやろうぜ『ポケモン GO』!

世界中にファンを持つゲームアプリ。ゲットしたポケモンといつでも写真が撮れる機能、一緒に冒険を共有できるフレンド機能などたくさんの楽しみ方が広がっている。「『ポケモン GO』は子供のもの」なんて言っていたら損する、親子で楽しめるゲームなのだ。 ダウンロードはこちらから!

みんなでやろうぜ「ポケモン GO」!
ポケモンのAR写真が撮れる「GOスナップショット」。
この機能を使えば、旅先でお気に入りのポケモンと一緒に記念写真を撮ることができる。


親子旅行でも『ポケモン GO』を楽しもう!  ”#旅ポケGO”についてはこちら

©2019 Niantic, Inc. ©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

※ゲームを遊ぶときは、周囲の状況をよく確認し、立ち止まって操作してください。歩いたり、走ったりしながらのゲーム操作はしないでください。※基本プレイ無料。一部ゲーム内課金あり。※未成年の方へ:有料アイテムを購入する時は、必ず保護者の方の許可をもらうか、一緒に買うようにしてください。※13歳未満のゲームプレイには、Niantic Kidsアカウントが必要です。

太田泰輔=写真  長谷川茂雄=取材・文

# ポケモンGO# 旅行# 親子
更に読み込む