https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019-0920-2/

旅先で人目につく物は機能だけでなく見た目にもこだわりたいから、この8つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

サマーバケーションが遠い過去のように感じられてしまうほど、仕事が慌ただしいこの頃。夏が終わりを迎えた今こそが、旅行には最適だ。季節的に、どこへ行ってもメシは旨いし、景色はきれいだから。

とはいえ天候が変わりやすい時期でもあるから、雨天対策はしっかりと。そして旅の思い出を記録するカメラのストラップや人目に触れるスーツケースには、目いっぱいこだわりたい。でも仰々しいのは御免こうむりたいから、気楽に扱えるタフネスと実用性に優れたヤツがいい。

なるべく身軽になるべく遠くへ……。さあ、次はどこへ行こう。


「サンフランシスコ ハット」のハット

1万8000円/ピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690

ハットは被らないときにやたらとかさばる。だから、丸めるられるクラッシャブルタイプのものが旅には最適なのだ。内側の汗止めにニットゴムを添わせていて快適にフィットするし、少しの風で飛ばされる心配もない。


「グローブ・トロッター」のスーツケース

H42×W66×D24cm 24万5000円/グローブ・トロッター 銀座 03-6161-1897

英国生まれの老舗から、鮮やかなオレンジとネイビーのコンビが登場。クラシックなトランクデビューを飾るなら、誰とも被らない配色を選びたい。


「エクステンデッド フォトグラフィック マテリアル」のカメラストラップ

1万800円/スモーキーサンデー 03-5731-8134

プロフェッショナルも認める、実力派カメラストラップ。アウトドアで使うロープから着想を得た同シリーズは、グッドデザイン賞を受賞。よくある帯状ストラップとは、使い勝手が全然違うのである。


「パラフィナ」×「チュッパチャプス」のボトル入りサングラス

3600円/フォーティーン ショールーム 03-5772-1304

リサイクル素材でアレルギーフリーなサングラスを製造しているスペインのブランドから。愛嬌のあるチュッパチャプス入りボトルセットなら、旅に連れ出したくなる!?


「レスリー ジョーダン」のブルゾン

1万5000円/ビームス 原宿 03-3470-3947

世界地図をプリントした一枚仕立てのブルゾン。素材は丈夫で高い防水性能を誇るデュポン社のタイベック。旅先の突然の雨でも心配無用だ。ちなみに生前のカート・コバーンも愛用していた。


「ロンシャン」のトロリーケース

H71×W47×D27/30cm 7万円/ロンシャン・ジャパン 0120-150-116

ポリカーボネート製ボディは驚くほど軽く、取り回しやすいウィールとレザーハンドルのおかげで、持ち運びもスムーズ。開閉ジップで容量が変わるエクスパンダプル機能も使い勝手がいい。大人の旅情をそそる渋いカーキカラーもグッド。


「ザ・マイティサウンド バイ キャプチャー フロー」のスピーカー

7800円/フォーティーン ショールーム 03-5772-1304

タバコ箱サイズでコンパクトなのに、部屋の中で十分な音量を鳴らしてくれるBluetoothスピーカー。スマホでは足りないけど、本格的スピーカーは邪魔、という旅先で真価を発揮。


「ザ・ノース・フェイス」のバッグ

左●5500円、右●6000円/ともにザ・ノース・フェイス 原宿店 03-5466-9278

左はシンプルなエンベロープ型で、右はハンドルにもできるロールトップ型。ともにゴアテックス素材を使っているため、激しい雨でも中身が濡れることはない。


清水健吾、鈴木泰之、蜂谷哲実(hachiya studio)=写真 松田有記、星 光彦、伊藤良輔、稲田一生=スタイリング 川瀬拓郎、いくら直幸、髙村将司=文 長谷川茂雄=編集

このエントリーをはてなブックマークに追加
58アイテム全部見せ! 大石学さんのヒマラヤ歩きの必須装備と土産物
2019.03.08
ネパール旅で大石学さんが舌鼓を打った、リピート確定の地元メシ
2019.02.23
モデル・大石学さんが3度めのヒマラヤ旅で感動絶景に辿り着くまで
2019.02.16
旅へ向かう男たちに捧げる、快適な旅行を約束する6つの提案
2019.02.13
次の週末スタイルが必ず輝く、大人の“スポカジ”ガイド
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05