NEWS Vol.426
2019.09.10
LIFE STYLE

子供の面倒を見ながら運動不足解消! 欧米で人気のバギーラン専用ベビーカー

ジムに通ったり自転車に乗ったりと日常的に運動をしていた男性が、子供が産まれた途端に運動不足になるというのはオトーチャンあるある。というのも、元気な我が子の世話に追われ、運動をする時間の余裕がなくなるからだ。

子育てというのは、そのくらいハードなもの。そんな中でも身体を動かす時間を確保できれば、心身ともにリフレッシュでき、運動不足になることも避けられるのだが……。

バギーラン

そこでおすすめしたいのが「バギーラン」だ。日本ではまだ馴染みがないが、アメリカやヨーロッパではすでに一般的に取り入れられている運動。ベビーカーを押しながらランニングやウォーキングを行うため、目が離せない子供と一緒でも身体を動かすことができる、一石二鳥のアクティビティなのだ。

とはいえ、子供を乗せてジョギングする際に考慮すべきは、なんといっても安全面である。すなわちバギーランに耐えうるベビーカーが必要になってくるが、そこはこの「THULE(スーリー)」シリーズにお任せあれ。

スーリー
「Thule Urban Glide 2(スーリー アーバングライド 2)」11万5000円(ブラックのみ12万5000円)/ゼット 0120-276-010

1942年にスウェーデンで創業した「スーリー」が新たに発売したベビーカーは、バギーラン専用。そのため、小さい我が子を乗せても安心な安全設計が施されている。

リフレクター付きの大型エアタイヤと強力なサスペンションで、ジョギング中でも振動は最小限に。ハンドルにはハンドブレーキが搭載されているため、走行中や坂道でも安心して減速することが可能になっている。さらに、体温調節が苦手な赤ちゃんが快適に過ごせるよう、ベンチレーションシステムも装備。バギーラン時にも、我が子の安全が約束されたベビーカーなのだ。

スーリー
「Thule Glide 2(スーリー グライド 2)」11万5000円 /ゼット 0120-276-010

また、バギーラン専用と謳っているが、普通のベビーカーとしての機能も備わっているのでご安心を。リクライニング機能や、寝ている我が子の様子を静かに確認できるマグネット式のぞき窓、荷物をたっぷり収納するバスケットなど、使い勝手も抜群。子供が生まれたばかりでまだ一緒にバギーランへ出かけられないという人も、新生児期は通常のベビーカーとして使用し、6カ月が過ぎたらバギーランベビーカーとして使うなんていかがだろう。

気になるラインナップだが、「スーリー アーバングライド 2」は前輪が回転し小回りがきくので、街中での使用にも最適。そして「スーリー グライド 2」は、前輪が固定されていてジョギング時にぴったりなので、好みに応じてチョイスしてほしい。

運動不足のオトーチャンも、可愛い我が子と一緒に運動に出かけられるとあれば、身体も心もハツラツとすること間違いなし。育児を楽しみながら運動不足も解消できるバギーランと「スーリー」は、これから日本でもスタンダードになりそうな予感だ。


[問い合わせ]
ゼット お客様相談センター
0120-276-01

# ニュース# バギーラン# ベビーカー
更に読み込む