2019.07.21
LIFE STYLE

【結論】この夏は「日本一うまいところてん」を食べに新潟を目指せ

暑い夏は、涼の“摂り方”次第でいくらでも快適になる。大人なら知っておきたい、夏場のクールダウングルメ。

“美味い飯”は旅の目的となりうる。

夏ならアジや初鰹を食べに静岡へ行くのもいいし、トウキビやアスパラを味わいに北海道へ飛ぶのもいい。桃を求めて山梨ってのも捨てがたい……なんて妄想にふけていた矢先、「新潟県に日本一うまいところてんがある」という噂をキャッチ。

ところてんと言えば、ひんやりとした口当たりとのど越しの良さが人気の夏の風物詩。でも決して特別な食べ物ではないし、普段はたま〜に食べるくらいかもしれないけど、それを食べにわざわざ新潟県まで足を伸ばすなんて……

最高に“粋”じゃん。


ということで、やってきました新潟県上越市。

その店は新潟県上越市にあるという。関越自動車道「六日町IC」から1時間ほど国道253号線を西へ走り、県道13号を南下。しばらく進むと案内の看板が視界に入ってきた。噂どおり、というかそのままストレートに「日本一うまいところてん」と書いてある。

案内に従って県道13号から左の脇道に入っていくと……おっ、車がたくさん停めてある。あそこかな?

間違いなさそうだ。さらに近づいてよく見てみると……

おお、めっちゃ人が並んでいる。どうやら写真左、シルバーのワンボックスカーのあたりが最後尾のようなので、店まで30〜40メートルくらいは列が続いていそうだ。

店の外観はこんな感じ。「日本一うまいトコロテン」っていうのは、単にそう謳われているだけではなく、店名そのものだったってわけだ。

この日到着したのは午後1時くらいだったが、ちょうど仕込み中らしく、次の販売開始時間は2時半とアナウンスされている。どうやら直前に「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)で取り上げられたらしく、この日は特に混んでいたそうだ。

約1時間半、大自然のなかでマイナスイオンを浴びつつ行列に並び、いよいよ入店。年季の入った暖簾にも「日本一うまいトコロテン」の文字が。

実は、店名の由来は、今の店主の祖父の代(今が5代目なので3代目の店主のとき)で、ところてんを食べながら全国を渡り歩いていた行商が「この店のところてんが一番うまい!」と認定し、大きな暖簾をプレゼント。以来、それが店名にもなったのだとか。

創業はなんと1885年(明治18年)。すでに130年以上続く超老舗である。

店内はこんな感じ。メニューはところてんのほかにおにぎり(この日はすでに完売)、かき氷、ソフトクリーム、珈琲とシンプルなので、ゆっくりくつろぐという感じでもない。その分、回転も早く、販売再開後は割とすんなりと入店できた。

着席し、目の前の池に風情を感じながらところてんの到着を待つこと数分。東京から200キロ以上の道程を経て、ついに日本一うまいところてんとご対面。

NEXT PAGE /

これが「日本一うまいところてん」だ!

こ、これは……!
なめらかな曲線に沿って瑞々しく輝く艶、そしてこの気品あふれる優美な佇まい。もはや芸術的な美しさ。そして食べる前に確信した。「このところてんは間違いなく日本一である」と。

もはや食べるのももったいないくらいだけど、まずはひと口。

うっ……美味っ! ところてんってこんなに美味かったっけ!? これは確かに日本一。

この弾力ある歯ごたえ、ツルンとした喉ごし。材料は天草100%で磯の香りは爽やか。そこに生臭さなどは一切ない。そのうえキリッと冷たくて、これはもう箸が止まらない。

卓上には青じそ、しょうゆ、酢が常備されている。オーソドックスな酢醤油も美味いが、青じそとの相性は輪をかけて抜群である。からしで味の変化を楽しむのもいい。

ちなみに、箸一本で食べるのがところてんのセオリー。その昔、弘法大師(空海)が一本杖で突いたところから清水や温泉が湧き出たと言われていて、ところてんはその湧き水を使って作られたことから、ところてんも箸一本で食べるという風習が広まったのだそう。

そしてこの店のこのところてんの美味さの秘密も、やはり「水」にある。使用している水は岩から湧き出る天然の清水で、その温度は1年中10度以下に保たれている。その美味しさは評判を呼び、飲水としてこの水を汲みにやってくる人も多いという。

あっという間に完食。1時間半並んだ甲斐があったなぁ〜。いや、本当に最後まで美味しゅうございました。

ところてんは健康効果にも優れていて、例えば①食物繊維が豊富、②血糖値を下げる、③コレステロールを下げる、④脂肪燃焼効果、⑤基礎代謝アップなどが期待できるそう。何かと健康が気になるお年頃の人にはいずれもうれしい効果である。

ところてんを食べに新潟県を目指す価値は、大いにアリだ。しかも新潟県は日本でも有数の米どころで、米も水も美味いから日本酒もまた美味い。日本海で水揚げされる魚介類も絶品で、「日本一うまいトコロテン」の周辺には「星峠の棚田」という美しい田園風景が広がる観光スポットもある。

この夏、日本一うまいところてんをダシに、新潟県の魅力を存分にご堪能あれ。


[問い合わせ]
「日本一うまいところてん」
新潟県上越市大島区下達460-2
025-594-3701
※夏季のみ営業

# ところてん# 健康# 夏休み# 新潟県
更に読み込む