FUN! the TOKYO 2020 Vol.10
2019.06.13
LEISURE

0.1mmのせめぎ合い! 東京1964が始まりだった競技ピクトグラムのできるまで

FUN! the TOKYO 2020 
いよいよ来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック。何かと “遊びざかり”な37.5歳は、 この一大イベントを思い切り楽しむべき。 競技を観るのもするのも、主な拠点となる東京を遊ぶのも、 存分に。2020年の東京を……Let’s have FUN!

1964年の東京オリンピックは、日本のデザイン史においても大きなトピックであった。例えば伝説的なデザイナー・亀倉雄策氏が手掛けた大会エンブレムや公式ポスターは、今でも高く評価されている。

そんな前回の東京大会のデザインにおいて、オリンピックの歴史に大きな影響を与えたのが、競技ピクトグラムの誕生である。

導入は、東京1964から

ピクトグラムとは何かの情報を伝えるための視覚記号(サイン)。非常口のマークやトイレのマークなど、日常的に目にすることも多い。オリンピックでも各競技を示すピクトグラムが大会ごとに制作されている。

実はこの競技ピクトグラムが、オリンピックで初めて登場したのが前回の東京大会なのだ。世界各国から選手や関係者が訪れるにあたり、漢字や英語がわからなくても伝わる競技ピクトグラムを作成しようということになった。

この競技ピクトグラムが好評で、以降、オリンピック・パラリンピックでは大会ごとに競技ピクトグラムがデザインされるようになる。オリンピックの競技ピクトグラムは、日本が元祖だったのだ。

東京2020、オリンピックの競技ピクトグラム発表時の様子。Photo by Tokyo 2020/Shugo TAKEMI

2020年の東京オリンピック・パラリンピックでも、新たな競技ピクトグラム(スポーツピクトグラム)が使用される。デザインを担当したのはグラフィックデザイナーの廣村正彰さん。そこで今回は、廣村さんに今回のピクトグラムの誕生の経緯や、デザインに込めた思いについて伺った。

廣村正彰(ひろむらまさあき)さん
1954年生まれ、愛知県出身。グラフィックデザイナー。1988年、田中一光デザイン室を経て廣村デザイン事務所設立。グラフィックデザインを中心に美術館や商業、教育施設などのCI、VI計画、サインデザインを手掛ける。多摩美術大学客員教授、金沢美術工芸大学客員教授、一般社団法人ジャパンクリエイティブ代表理事。著書に『デザインからデザインまで』(ADP)ほか。

NEXT PAGE /

人の躍動を、円弧と直線で表す

——今回のピクトグラムの特徴を教えてください。

前回の東京大会がスポーツピクトグラムの原点だとすれば、一周して戻ってきた印象で、当初は「戻ってきたということは、前回と同じものを作るべきではない。2020年独自のものを」という気持ちがありました。

しかし、途中から徐々に「一周して戻ってきたのなら、我々は原点回帰、スポーツピクトグラムの新しいスタンダードをつくるべきではないか」と感じてきて、「どこにもない、違うもの」というよりも、いろいろとそぎ落とした「ど真ん中」というか、多くの人がテレビなどで見ている各競技のイメージと重なるピクトグラムを、という気持ちが強くなってきたんです。それで、意識としては先人が作り上げた前回の東京大会のピクトグラムの精度や完成度を上げる、という方向性になりました。

——競技がイメージしやすい「ど真ん中」のデザインは、ピクトグラムの本来の役割ですよね。

人はどこかで見たことがあるものに親和性を高く感じます。それは悪いことではなく、人の記憶に残っているものを引き出しているとも言える。それができれば成功かな、と。「普通ですね」と言われるかもしれませんが、それはそれで本望ですよ。

——「前回と東京大会から精度や完成度を上げた」のは、どういった点でしょうか。

前回の東京大会のピクトグラムは、少ない時間で複数のデザイナーが作成したということもあり、同じように見えて、実は個々が異なっています。よって、全体の統一感がより行き届いているデザインを目指しました。もうひとつは肉体の美しさ。オリンピックはアスリートが人間とは思えない動きによって我々に感動を与えてくれます。よりそれを形にしたかった。

前回のピクトグラムは、陸上などは競技中の選手をデザインしている一方、柔道は立ってポーズを決めている姿だったり、ヨットは選手が存在せずヨットのみのデザイン。それぞれのピクトグラムは優れていますが、先ほど申し上げたように、選手の肉体の美しさ、動きも積極的に表現したかったので、今回はすべて選手が競技を行っているピクトグラムで統一しました。

——より肉体、動きが強調される方向で統一を図られたんですね。

例えば陸上競技も、直線と円弧だけでデザインするのは前回と同様でも、もっと躍動感やリアリティを出すことを追求しました。角度を変えてみたり、上腕を太くしてみたり……それとボディ。

前回のピクトグラムはウェアの部分を「抜いた」のがよかったと思うのですが、全員が同じウェアを着ているわけではないので、この「抜き」をボディとして考えようと。そうしたら体全体に動きを与えやすくなりましたね。また、ゴルフや野球など特徴的な道具やウェアを使う競技は、それに抗わず取り入れるようにもしました。

ボディを「抜いた」陸上のピクトグラム。

——ゴルフは上半身のみですね。

それも理由があります。今回、「統一感」という点で、すべてのピクトグラムがユニセックスであることを目指したんです。ところが、ゴルフは最初全身で考えていたのですが、下半身のラインでどうしても男女差が出てしまう。それで思い切って上半身にしたら、男女差がなく競技もより伝わりやすいデザインになりました。

上半身だけで表現したゴルフのピクトグラム。
NEXT PAGE /

競技を「わかっている」デザイン

——それも「そぎ落とし」の一種かもしれませんね。

一方でいったん完成したデザインは各競技団体の方にリアルな動きや角度などのアドバイスをもらって何度も調整を重ねました。例えば基本的にどのピクトグラムも抽象性を高くするために、手足の先は円弧にしているのですが、それでは表せない競技性、肉体や動きの美しさも出てきて。空手や柔道など、結果的につま先や手の先を加えた競技もあります。

より競技性が伝わるように空手のピクトグラムはつま先や手の先の表現を加えた。Photo by Tokyo 2020/Shugo TAKEMI
背負い投げの鮮やかなシーンをモチーフにした柔道のピクトグラム。

——そのほうが競技的により美しい形、ということですね。

驚いたのが馬術で、ピクトグラムの馬の顔面と脚が垂直になっていますが、この形が高い評価点になるそうなんです。馬の顔面は本当は垂直ではないほうが馬らしく見えるのですが、それだと評価点が低い形のピクトグラムになってしまう。

競技団体からのアドバイスで馬の顔面と脚を垂直に手直しした馬術のピクトグラム。

——なるほど。その意味では関係者が見ても、競技を正しく表現している、「わかっている」ピクトグラムになっているんですね。

そう。だから、今回のピクトグラムは、なるべく大きく使ってもらえるとうれしい。競技ひとつひとつの動きの細部までこだわって、0.1mm単位で線を加えるかどうか考えましたから。大きく使っても粗が出ないように作っていますし、大きいほうが各競技の動きがよくわかると思いますよ。

——では最後に、スポーツにおいてデザインが果たせる役割について、考えを教えていただけますか?

現代においてデザインというジャンルの領域はどんどん広がっています。「経営デザイン」なんて言葉もありますよね。デザインって何と「接着」してもいいんです。デザインの力によって対象物のことが理解できる、より素直に入り込める、より心地良く楽しめる、より機能的になる、あるいは未来を感じることもできるかもしれない。それはスポーツも同じだと思います。

ピクトグラムなら機能的に言語がなくてもスポーツ、競技を伝えることができ、どういうものか知るきっかけになる。人の動きって面白いね、と改めて感じてもらえたらうれしいですね。

 

田澤健一郎=取材・文

# TOKYO2020# オリンピック# デザイン# パラリンピック# ピクトグラム# 東京2020
更に読み込む
一覧を見る