2019.05.24
LIFE STYLE

その振る舞い、KYオヤジです。美人女将に聞く、和食店での酒の作法

旨い酒を知ることはもちろんだが、上手い酒の飲み方もそろそろ知っておくべき40代。シチュエーション別“スマートな酒のマナー”を、店と街の人たちに聞いてきた。

バーの作法に続く第2回は、ビルに囲まれた神田の一角にひっそりと佇む会席料理の店「神田錦町 如月」の美人女将、如月(きさらぎ)まみさんに、和食店でのお酒の作法について指南いただいた。

お座敷の食事で気を付けたい、足元のエチケット

「神田錦町 如月」の美人女将、如月まみさんは着物スタイリストとしても活躍する。

——料亭というと悪巧みをする大人が集う場所というイメージもあるかと思いますが……

テレビの影響ですかね(笑)。「神田錦町 如月」は料亭ほど格式あるお店ではありませんが、接待で使われるお客様がほとんどです。

——となると、ドレスコードもさぞお厳しいのでは?

スーツの方が大半ですが、そこまで仰々しいドレスコードはありませんよ。ゴルフ帰りにお寄りになる方や、ジョギング後に着替えたスポーティなスタイルでお越しになる方もいらっしゃいます。ただ、半ズボンでいらっしゃる方はいませんね。

また、“ニオイ”の問題はありますので、お座敷に上がる際は、素足は避けたほうがいいかもしれません。稀に、靴下が濡れている方もいらっしゃいますが、ニオイが気になる方は換えの靴下を携帯されても良いかと思います。


おしぼりでの顔拭きよりも、いただけない所作ってなんだ?

店内には女将さんのポートレイトも。その美貌もあって、さまざまなメディアに登場している。

——「神田錦町 如月」での酒や食事のマナー、または作法はどういったものがあるでしょう?

皆さんが思っているほどお堅い場所ではなく、比較的自由です。よくおしぼりで顔を拭かれる方もいらっしゃいますが、それも悪くないと思いますよ。でも、お食事中にも口元を拭いたりするでしょうから、その辺りも考慮のうえで拭いたほうがいいかもしれませんね(笑)。

——安心しました。顔を拭くのは一応セーフなんですね。

私たちはお店の雰囲気づくりをとても大事にしています。ですので、基本的なこととは思いますが、大きな声を出す・横柄な態度をとる・飲みすぎるなど、ほかのお客様に迷惑がかかる行為やお店の雰囲気を損なう行為はご遠慮いただいております。

——まぁそのあたりは大丈夫です。いろいろと失敗を重ねてますから。

あ、そのように背もたれに肘を掛けながらふんぞり返るのはよろしくないです。大きく足を組まれる方もいらっしゃいますが、ほかのお客様のご迷惑になりますし、男性としてとても残念に思います。

——あ、すいません……


カウンターでの会話に割り込むのは厳禁!

——ほかにも気をつけたほうがいい振る舞いなどはありますか?

そうですねぇ。「お時間」については気を付けたほうが良いと思います。予約の時間が前後しそうでしたら御連絡を頂きたいですし、帰る時間が決まっておりましたら事前に仰って頂けるとお料理もスムーズにご提供できます。

また、お店にないものをご注文する方がいらっしゃるのですが、私たちは季節によってお勧めのもの、旬なものをご用意しておりますので、その時々のメニューを楽しんでいただければうれしいです。

インタビューに同席してくれたスタッフの山口千恵子さん。彼女は唎酒師であり、フレンチの世界で長らく仕事をしてきたこともあってワインにも詳しい。さすが人気会席料理店、スタッフも精鋭ぞろいである。

——こういった和食店でのカウンターでのマナーってありますか?

カウンターで飲まれている際に違うグループの会話へ勝手に入ってくるのはNGだと思いますよ。言っていただければこちらで機会を見て取り持ちますので、いきなり名刺を出したり、何か勧誘したりするのは品位に欠けますし、他のお客様のご迷惑になりますので。

——バーでもそのような話がありました!

ある程度盛り上がって、女将から「あちらの方もこんな人なんですよ」と紹介があれば、そこで初めて「はじめまして、私は◯◯という者で……」とお話するのはいいと思います。でも、ただ隣で見ていて賑やかだったから割って入る、というのはご遠慮いただきたいですね。

——そういうところで男の品格が問われるんですね。

最低限のマナーは守ってしかるべきでしょう。ありがたいことに「神田錦町 如月」はスマートな方がたくさんいらっしゃいます。そういったスマートな方は男性としても、とても魅力的ですよね。


スマートな振る舞いの極意は「程よく飲んでサッと帰る」

女将さんが徳利の綺麗な注ぎ方を実演。曰く「底に手を添えながら逆手で腹の部分を支えるイメージ」で。

——では、スマートなお酒の飲み方とは?

相手にお銚子でお注ぎするときは、軽く手を添えると綺麗だと思います。お銚子の首は持たれないほうがいいかな。底に手を添えながら逆手で腹の部分を支えるイメージでしょうか。

飲み方としてはだいたい1人2〜3合ほどが丁度良いかと。アラカルトをお任せで頼みつつ、2時間ほどでサッと帰るのがスマートかもしれませんね。

女将さんの三味線の腕前はプロ級。店内で演奏を求められることも多々。

——ふむふむ、ダラダラと飲むのは禁物、っと。

一般論として、お会計の仕方もスマートかどうかが問われるシーンですよね。例えば会計を人数で割り、片やキャッシュ、片やクレジットカードで精算。そのうえ領収書も何枚かに分けて求められるというのはどこの飲食店も経験しています。でも、大人の会計の仕方としてはスマートとは言いにくいと思います。

——立つ鳥跡を濁さず! 帰るときもスマートに。勉強になります!


こうして、ササッと店を後にした取材班であった。


[取材協力]
「神田錦町 如月」
住所:東京都千代田区神田錦町2-3-10
電話:03-3518-2212
営業:17:00〜22:00LO
土曜日は完全予約制、
日曜、祝日定休
www.kandanishiki-kisaragi.jp

菊地 亮=取材・文

# 料亭# 日本酒# 神田錦町 如月
更に読み込む