37.5歳の人生スナップ Vol.53
2019.04.16
LIFE STYLE

Gショックデザイナー・橋本威一郎(39)が見つけた、革新の生み出し方【後編】

【前編】を読む

新卒でカシオ計算機に入社し、35歳でひとつの目標でもあったG-SHOCK(Gショック)のデザイン部門に足を踏み入れた橋本威一郎さん(39歳)。デザイナー人生を歩み、カーボン素材の最新モデルを生み出すまでにはさまざまな紆余曲折があった。

橋下さん

「これ本当に同じ会社なの? ってぐらい、これまでの現場とは何もかも違いました。転職したのかと思うほど(笑)」。

電卓、デジタルカメラ、楽器、プロジェクター、携帯電話と各部署をわたり歩いてきた橋本さん。大きく異なったのは製品完成に至るまでの膨大なデザイン数とその記録量だった。これまでデザインする機会の多かったコンシューマー系製品は消費サイクルが早く、世に出ても2〜3年で消えてしまうのが常だったが、時計の消費サイクルは特別で、詳細な設計図を残すことを求められた。

「時計はいまだに20年前のモデルがリニューアル販売されているぐらいですから、図面として残す過程が製品存続のためにも大切なんです。例えばこの時計の3年前の機種はどんな部品と色を使ったかとか。ただ、その記録量が多すぎて……」。

戸惑うことの多い現場で、初めて橋本さんがデザインしたのはMASTER OF Gシリーズの“陸”部門に当たる「マッドマスター(GWG-1000)」だった。名前のとおり、圧倒的な防塵・防泥構造がウリだが、完成は苦労の連続だったという。

GWG-1000

「泥が入ってもボタンが押せる。これってすごく難しい。気密性を高めすぎると、注射器のようにボタンが押しにくく、押したら戻らなくなってしまうんです。発売日程も決まっていたので、ボタンの周囲にパイプを配置して水を排出する構造にたどりつくまでは眠れない日々が続きました」。

さらに橋本さんを苦しめたのは「Gショック基準」とも呼ばれる、ブランドが求める耐久レベルの高さだ。

橋下さん

「Gショック基準は本当に厳しいんです。例えば防水試験もG-SHOCKは笑っちゃうぐらい水圧をかけますから。もう落として、こすって、沈めて、叩きつけて……もうここまでくると変態だなって思います(笑)。そこがGショックの信頼性と魅力でもあるんですけど」。

クレイジーにすら見える強さへの探究心。そんなGショック基準をクリアしつつ、癖の強すぎない、けれどデジャブ感のないデザイン性を探る。デザインを書いてはブラッシュアップを重ねる日々。だからこそ思い入れのある時計ができあがった。自分がデザインした時計をつけている人を見かけると、子供を見るような気持ちになるという。

「マッドマスター発売後のレビューで『誰も予想しなかったデザインだけど、みんなが待ち望んでいたデザイン』というレビューを見つけたときは、心の中でガッツポーズしました」。

NEXT PAGE /

デザインだけを見つめてもいいものはできない

「マッドマスター」や「フロッグマン」など数々のGショックをデザインするうえで、橋本さんが大事にしていることは“バランス”だという。

橋下さん

「革新的な構造の時計でも見栄えのバランスが悪ければ、それは製品としてはいいものにならない。だから、格好良くないとダメ。でも格好いいだけでも絶対に飽きられてしまう。そのバランスがいちばん難しい」。

ちょっとしたボタンの出っ張り、ミリ単位のパーツの大小の差。その微妙な違いですべての収まりが悪くなってしまうことは時計以外のデザインでイヤというほど学んでいた。

デザインのそれと同じで、仕事も人生も少しの歯車の違いで完成形は大きく変わるもの。バランスを大切にする橋本さんは、仕事同様にプライベートも大事にしている。

「休日はもう立ち上がれなくなるくらい、全力で遊び倒しますね(笑)。全力で遊べないと全力で仕事もできないと思うんです。遊ぶのも働くのもエネルギーがかかることじゃないですか。だから中途半端にしか遊べないと、その熱量は中途半端にしか仕事に還元できないのかなと」。

仕事に行き詰まったときは自身と同い年、’79年生まれのヴィンテージのハーレーを飛ばして気分転換をしたり、キャンプやアウトドアを楽しむという。3人の子を持つ父親でもある橋本さん。デザインしたプロダクトの歴史は、自身のプライベートの思い出とも密接に紐づいていた。

ハーレー

「完成した製品を見ると仕事に忙殺されつつも、第一子誕生のために病院へ駆けつけたあの日を思い出しますね」。

NEXT PAGE /

“共創”と“楽しむ”ことが革新を生み出す

仕事も私生活も全力で楽しめる秘訣を聞くと、「だって楽しんでるヤツには勝てないじゃないですか」と言って橋本さんは笑う。

そう感じるようになったのは、ここ数年のこと。それはまさに、この春に発表されたグラビティマスター制作過程での気づきだった。

「これまでセクションごとに作業していたのが、グラビティマスターの制作では企画者も設計者も全員で一緒に走り出すような開発環境だったんです。特に時計のモジュールや外装部分を作る設計者との共創が、互いに新しい化学反応を生み出して、それが製品に生きました」。

モックアップ
完成までにじつに30以上を造ったというモックアップ。ベゼルの幅、リュウズの大きさ、盤面のサイズなど試行錯誤がそれぞれに見られる。

一人ひとりの持つ時間やアイディアは有限だ。しかし、それが重なり合うことで想像以上の革新が生まれる。そして、そんな周囲の協力を得るためにはただ自分ひとりでガムシャラにやるのではなく、何より楽しむことが大事だと気づいたという。

「自分が楽しんでいると他の人も巻き込んでいけるし、人を巻き込めれば、より情熱を注ぐこともできるんです。結局『でもアイツ楽しんでるよね』に勝るものってないなと思います。だから大変なことはあっても、楽しんでやっていきたいっていうのは常に思っていますね」。

橋本さんが最後に見せてくれたのは、小さな小さな電卓用のUSB差込口だった。
「これが僕の出発地点、マイファーストプロダクトです」。

新卒入社で就いた電卓部門。大きさや角度などを何度も考え、試行錯誤したUSB用の差し込み口からスタートした橋本さんのデザイナー人生。決してムリはしていない。しかし、毎日をタフに楽しんでいる。橋本さんは大人の遊び心を持ち、Gショックさながらにタフに生きていた。

小島マサヒロ=写真 藤野ゆり(清談社)=取材・文

# 37.5歳の人生スナップ# G-SHOCK# カシオ# グラヴィティマスター# 腕時計
更に読み込む