「大人ファッション」に迷ったらこの服、この着こなし、このショップ Vol.17
2019.04.14
LEISURE

ソロキャンプにハマるバイカーが愛車に乗せていた必需品。ギア選びのコツとは?

アウトドアがかつてないほどに関心を集め、第2次キャンプブームの到来とも言われている。そんな中、ファミリーキャンプには飽き足らず、ソロキャンプを楽しむ男たちが、少しずつ増えているようだ。なぜ、彼らはあえてひとりになり、どのように楽しんでいるのだろう? ソロキャンプの達人にその魅力を訊いた。

会社員 難波 広さん(54歳)
ソロキャンプ歴:5年
1965年生まれ、神奈川県出身。海外出張も多く多忙を極めるなか、ソロキャンプの時間を設ける難波さん。奥さまは大型自動二輪免許、娘さんは中型自動二輪免許を保有するバイカーファミリーで、ソロキャンプへの理解もあるというから羨ましい。

 

「BMW」のR1200GS

 「BMW」のR1200GS
ソロキャンプに似合うバイク、ナンバーワン。

現在の愛車であるR1200GSは、高速道路も険しい山道も快適に走破できる頼もしいやつ。パリ・ダカの常連で、高い人気を誇るのも納得。キャンプグッズを収納するパニアケースは武骨なアルミニウム素材のものを選んだ。

 

「EPI」のクッカー

「EPI」のクッカー

現在では日本国内で企画生産されているEPIの製品。こちらはコンパクトに収納できるクッカー。超軽量で高い耐久性を誇るチタン製。幅広いメニューや調理法に使えるよう、胴の深いものから浅いものまでを用意している。

 

「EPI」のガスランタン

「EPI」のガスランタン
予備にするにはもったいなすぎる名作。

LEDランタンの電池切れに対応するため、予備として携行しているEPIのガスランタン。ガスカートリッジにバーナーを直接取り付ける技術を開発した、英国発祥の老舗アウトドアギアブランドだ。

 

「EPI」のバーナー

「EPI」のバーナー
コンパクトになるやつがいいんです!

同一カートリッジで使い回せるよう、バーナーはランタンと同じEPIのものを使用。1980年に生まれ、改良を加えながら進化してきたアルパイン・ストーブは、使い勝手が良くコンパクトに収納できることがバイカー的選択だ。

 

ノーブランドのコット

快適な睡眠を得るために欠かせないコット

快適な睡眠を得るために欠かせないコット。バイクに搭載するから、とにかくコンパクトに収納できて丈夫なことを重視している。シートはすっかり退色してしまっているが、それは長年愛用して、ハードな環境を耐えてきた証しだ。

 

石井文仁=写真 高橋庄太郎=文 川瀬拓郎=編集・文

# BMW# ソロキャンプ# バイク
更に読み込む