https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019-0204-1/

「負けは負け、ムダはムダ」。43歳芸人・山田ルイ53世の潔い生き方【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

二十歳までの引きこもり期間に感じたこと

優等生だった息子が突如として学校に行かなくなった。6年間の引きこもり期間中、両親との衝突は避けられなかった。社会との隔絶感などに苛まれ、もともと神経症気味だった彼の症状は悪化していった。

近所のコンビニでバイトをしてみた時期もあったが、人目が気になって続けることは難しかった。少し働いてみてはひきこもりに逆戻り。自信を失い、人と話すことや目を合わすことすら怖くなり、対人恐怖症のようになったという。しかし、現在のようにネットも発達していない時代。いったい、どのように毎日を過ごしていたのか。

「ラジオ聞いたり本読んでぼーっとしてたり、引きこもってるせいで体が真っ白だったんでパンツ一丁で屋根の上で日光浴したり(笑)。相当、ご近所さんからは奇異な目で見られてましたね。あとは自分の心のなかをつらつらとノートに思いっきりぶつけてました。日記とも言えないようなものですが」。

そんな20歳までの引きこもりの期間を一切の躊躇もせず「ムダな6年間だった」と切り捨てる。そこには彼なりの考えがあるようで……。

後編に続く


冨田千晴=撮影 藤野ゆり(清談社)=取材・文

【関連書籍】
『一発屋芸人の不本意な日常』(著:山田ルイ53世/朝日新聞出版)

一発屋芸人の不本意な日常

ある日は地方営業でワイングラスに石を投げられ、ある日はサインをネットで売られる。自ら「負け人生」とかたる日々をコミカルにつづった切なくも笑える渾身のエッセー。
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20661

このエントリーをはてなブックマークに追加
増田茂樹
限界集落でフル・リモート勤務を可能に。何も手放さず理想を手にした方法とは?
2019.04.01 / 37.5歳の人生スナップ
希望に向かって跳ぶ男・寺島武志 〜不安や葛藤を乗り越えて〜
2019.03.30 / 37.5歳の人生スナップ
悪徳不動産業者で働いていた男が、“正直不動産”屋になるまで
2019.03.18 / 37.5歳の人生スナップ
【後編】階級の壁を超えて五輪を目指す。格闘家・菊野克紀の求める「強さ」
2019.03.13 / FUN! the TOKYO 2020
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12