https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019-0204-1/

「負けは負け、ムダはムダ」。43歳芸人・山田ルイ53世の潔い生き方【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

二十歳までの引きこもり期間に感じたこと

優等生だった息子が突如として学校に行かなくなった。6年間の引きこもり期間中、両親との衝突は避けられなかった。社会との隔絶感などに苛まれ、もともと神経症気味だった彼の症状は悪化していった。

近所のコンビニでバイトをしてみた時期もあったが、人目が気になって続けることは難しかった。少し働いてみてはひきこもりに逆戻り。自信を失い、人と話すことや目を合わすことすら怖くなり、対人恐怖症のようになったという。しかし、現在のようにネットも発達していない時代。いったい、どのように毎日を過ごしていたのか。

「ラジオ聞いたり本読んでぼーっとしてたり、引きこもってるせいで体が真っ白だったんでパンツ一丁で屋根の上で日光浴したり(笑)。相当、ご近所さんからは奇異な目で見られてましたね。あとは自分の心のなかをつらつらとノートに思いっきりぶつけてました。日記とも言えないようなものですが」。

そんな20歳までの引きこもりの期間を一切の躊躇もせず「ムダな6年間だった」と切り捨てる。そこには彼なりの考えがあるようで……。

後編に続く


冨田千晴=撮影 藤野ゆり(清談社)=取材・文

【関連書籍】
『一発屋芸人の不本意な日常』(著:山田ルイ53世/朝日新聞出版)

一発屋芸人の不本意な日常

ある日は地方営業でワイングラスに石を投げられ、ある日はサインをネットで売られる。自ら「負け人生」とかたる日々をコミカルにつづった切なくも笑える渾身のエッセー。
https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20661

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田ルイ53世
「負けは負け、ムダはムダ」。43歳芸人・山田ルイ53世の潔い生き方【後編】
2019.02.05 / 37.5歳の人生スナップ
ファーストクラスのサービスを追い求め、CAからセラピストの道へ進んだ男
2019.01.14 / 37.5歳の人生スナップ
【後編】年齢を理由にしない。45歳のレスラー永田克彦が今日もマットに上がる理由
2019.01.13 / 37.5歳の人生スナップ
【前編】「遅すぎた。だから考えた」“生涯レスラー”永田克彦が五輪を夢じゃなくすまで
2019.01.11 / 37.5歳の人生スナップ
全身オーバーサイジングで“トレンドを纏う”
2019.02.20
ライダーズ×タック入りパンツを使った技巧派フォルム
2019.02.20
ブラックインナーで引き締める、ゆったりシルエット
2019.02.20
定番かつ存在感あり。トートとコンバースで大人カジュアルに
2019.02.20
ミリタリー全開の気分には、パーカとパンツで“太さ”を楽しむ
2019.02.20
無骨なオリーブ×オフホワイトで“優しいけど頼れるパパ”に!
2019.02.19
カジュアルに潜む上品さの源は? ハイブランドのワイドパンツ
2019.02.19
定番色で作られた、清潔感あるストリートスタイル
2019.02.19
古着派の絶妙なこなし方。黄色いスニーカーでポップさを投入!
2019.02.19
グレー基調のベーシックな装いを、ワイドパンツでフレッシュに
2019.02.19
お堅いコートも挿し色と小物で自分らしい装いに変化する
2019.02.18
ノーブルな装いに光るアイテム。フリースのキャップにやられた!
2019.02.17