https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2019-0203-1/

焙煎は真剣勝負。“1粒”にこだわった猿田彦珈琲のレジ横ブレンド

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載「レジ横コーヒーのおいしいヒミツ」
お目当てのドリンクをレジで注文、カウンターで受け取る。コーヒーショップのよくある光景。でもちょっと待った。せっかくなら、レジ横に鎮座している豆にも目を向けてみよう。そこにあるのは、各ショップが考えた“ベストなコーヒー豆”へのアプローチなのだから。

「レジ横コーヒーのおいしいヒミツ」を最初から読む

恵比寿から発祥した、新進気鋭のカフェ「猿田彦珈琲」を知っているだろうか。都会的な装いに目を奪われるかもしれないが、豆へのこだわりも見逃せない。厳選されたスペシャルティコーヒーだけを使用し、なかには焙煎を鑑賞できる遊びのきいた店舗もある。今回は、そんな猿田彦珈琲の焙煎士・村澤智之さんに、おすすめのレジ横ブレンドを教えてもらった。

深煎りの本格派コーヒーに、甘みをチラリと覗かせて。「猿田彦フレンチ」

「猿田彦珈琲の目指しているのは、老若男女に愛されるカフェ。どんな人でも好みの味に巡り会えるように、さまざまなタイプの豆を取り揃えています」(村澤さん、以下同)。

年齢も性別も関係ない。トレンドを敏感に嗅ぎとりながら、古きよきコーヒーも押さえているのが猿田彦珈琲のスタイルだ。そのルーツは、創業者の大塚朝之氏の“インスピレーション”にあるという。

「大塚がカフェを開業するとなったとき、脳裏によぎったのが『老夫婦から孫の世代まで訪れて、垣根なくコーヒーを楽しんでいる場所』だったそうです。そのビジョンを形にするべく生まれたのが、猿田彦珈琲でした」。

このエントリーをはてなブックマークに追加
元DJ・元バンドマン歓迎。大人が再び通えるディスクユニオンで嗜む音と酒
2019.03.14 / NEWS
椿屋珈琲のレジ横コーヒーは味わいの“立体感”がスゴい!
2019.02.27 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
キャンプ場の朝
じつは朝が一番楽しい? スノーキャンプ、雪の結晶観察とグルメの贅沢
2019.02.04 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
ラクトアイス
極寒キャンプで挑戦! 一晩かけて作る、男の本格ラクトアイス
2019.02.03 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
アウトドアなアクセントで脱・スタンダード
2019.04.09
ライダーズが男クサくなりすぎないコーディネイトには理由がある
2019.04.07
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
ラクが一番ならば、スポーツブランドの黒を
2019.04.01
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16