隣のオッサンは青いか? Vol.39
2019.01.14
LIFE STYLE

40代夫婦の終活事情。葬式プランをすでに考えている人も?

「隣のオッサンは青いか?」を最初から読む

40代ともなれば、親族や知人の“死”に直面する機会も増える。もし、不慮の事故で自分が死んだら、残された妻や子供のことを考えるとすこし怖くなるもの。

同年代は準備をしているのか、また生涯のパートナーである妻も、自分の死に支度をすでに始めているのか、結婚5年以上、子供のいる40代既婚男女200人に聞いた(協力:アイリサーチ)。

■自分の死後の準備はしている?
【男性】(回答100人)
・準備をしている 58人
・準備をしていない 42人

【準備をしている人の行動】(複数回答)
ー生命保険・医療保険に入っている 47人
ーパートナーや家族に、事前に話し合いをしている 12人
ー十分な貯蓄を始めている 10人

【準備していない人の心構え】
・今から考えておくべきだとは思っている 28人
・そういったことを考えるのはまだ早いと思う 14人

【女性】(回答100人)
・準備をしている 44人
・準備をしていない 56人

【準備をしている人の行動】(複数回答)
ー生命保険・医療保険に入っている 39人
ーパートナーや家族に、事前に話し合いをしている 10人
ー親族との関係を深めている 7人

【準備していない人の心構え】
ー今から考えておくべきだとは思っている 41人
ーそういったことを考えるのはまだ早いと思う 15人

男女共に準備をしている人で最も多かったのは「生命保険・医療保険に入っている」という行動。結婚や子供の誕生を機に加入する人が多く、家族を持ったタイミングで“万が一”を考えるようだ。

特徴的だったのは、準備していない女性で「特に何もしていないが、今から考えておくべきだと思う」という声が同じ男性より13ポイントも高い結果となった。また、「親族との関係を深めている」という項目もランクイン。経済的な面はもちろんだが、自分の仕事の子育てや家族の日常生活をどうサポートするかまで、具体的に考える女性は少なくないのかもしれない。

NEXT PAGE /

40代で“死後の準備”する理由とは?

平均寿命が80歳を超える日本において、40代で死後について考えるというのは少々早い気もするが、なぜそのような備えをしているのだろうか。具体的な準備をしていると答えた人から寄せられた理由を見てみると、以下のような特徴があった。

残される子供のために……

【生命保険・医療保険に入っている】
「子供の学費等のために死亡保険等を考えている」(43歳、男性)
「死後にはお金がかかるだろうし、また、闘病となると治療費もかかるだろうから、子供に負担をかけないため」(44歳、女性)

【十分な貯蓄を始めている】
「家族に残しておきたいから」(44歳、男性)
「子供たちが困らないように」(49歳、女性)

【親族との関係を深めている】
「今私が死んだら、小さい子供が残されるので、親族に面倒を見てもらえるように、定期的に顔を合わせている」(42歳、女性)

最も多かったのは、やはり「子供のため」という声。男性からは「生命・医療保険に入る」「貯金」など、経済的な面で準備を進めているという声が挙がったが、女性からは、「親族との関係を深める」「親族や友人に残された家族のケアを依頼している」など、子供のサポーターを見つける、というコメントも。

NEXT PAGE /

自分の葬儀は自分で決めたい!

そのほか「死後の準備をしている」という人からは、意外にもこんなコメントが寄せられた。

【パートナーや家族と事前に話し合いをしている】
「あまり大掛かりの葬儀は望まないので質素な葬儀をしてほしいと話し合いをしている」(44歳、女性)

【葬儀のプランを決めている】
「身内だけの家族葬にしたいのでそのことを伝えている」(45歳、男性)

【入るお墓を決めている】
「先祖代々の墓だから」(49歳、男性)
「主人の両親もすでにお墓を維持し、両親も購入しているので入るお墓はある」(45歳、女性)

残された家族のサポートに加え、「自分の葬儀」の方法についてあらかじめ自分で決めておきたいという意見が多数。自分が死ぬ前に葬儀を行う「生前葬」という考え方も近年広まってきているが、死んだ後も残された家族に頼るのではなく、できるだけ自分で決めたいという人は案外多いのかもしれない。

いつまでも健康で、長生きしたいものではあるが、“終わり”が読めないのが人の一生。死後の準備と言ったって何をすればいいのやら……という人も少なくないだろうが、一度じっくり考える機会を持ってみてはいかがだろうか。

フジアマネ=文

# 子供# 終活# 葬式# 隣のオッサンは青いか?
更に読み込む