https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-1228-7/

熊谷隆志さんのガレージセールをウェブで開催中。早いもん勝ちですよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションを軸にライフスタイル全般への好奇心が止まらない。高い感度と鋭い観察眼を持った熊谷隆志が日々直感する瑞々しい「お洒落」をモノ・コト・ヒト、全方位的にピックアップ。誰に何をいわれようが、オーシャンズ世代の先頭をただ突っ走るオトコを、今月も追いかけてみた。

国内外を旅しながら、気に入った物に出会うと買わずにはいられない僕、熊谷隆志。服からインテリア、ヴィンテージまで、膨大なコレクションの中から、特に愛用している一軍をピックアップして大放出。

ピンときたらポチッとしてみてください。


エッジの利いたターンができる
JCのサーフボード

ハワイの人気シェーパー、ジョン・カーパーのサーフボード
5’10’’×20’’×2.6’’、H177.8×W50.8×D6.6cm、8万円

ハワイの人気シェーパー、ジョン・カーパーのボード。すごく欲しくて買ったものの、僕の体重だと沈みました(笑)。1回のみ使用。


ソフトに着られるテーラード
フリーマンズ スポーティング クラブのテーラードジャケット

ソフトに着られるフリーマンズ スポーティング クラブのテーラードジャケット
着丈:82cm 身幅:56cm 袖丈:67cm ※XLサイズ、2万円

5〜6年前にNYで見つけて、ショールカラーが気に入って買ったジャケット。大きめなサイズと、グレーのヘリンボーン柄ツイードが今季っぽくておすすめ。


スタジャン?いえスカジャンです
ヴィンテージのサテンのスカジャン

リバーシブル仕様ヴィンテージのサテンのスカジャン
着丈:53cm 身幅:58cm 袖丈:64cm、9万5000円

リバーシブル仕様ヴィンテージのサテンのスカジャン

仙台の古着屋で見つけて飛びついた。リバーシブル仕様で両面に迫力ある刺繍が付いている。かなり着古した感じも味があって最高。


使い方は自由!エスニックなカゴ
エチオピア産のカゴ

エスニックなエチオピア産のカゴ
H5×φ41cm、3000円

なかなかない風車のようなデザインにひと目惚れ。僕はサプリケースや小物などを置いて使っていましたが、フルーツを入れて食卓に飾ってもいいかも。


掲載商品はすべてhttp://store.oceans.tokyo.jpで買えます!

本企画でご紹介している商品はすべて「OCEANS GOODLIFE STORE」特設サイトでご購入いただけます。以下をご確認のうえ、お買い物をお楽しみください。

●掲載のアイテムはすべて1点もののため、記事公開時点でソールドアウトになっている可能性がございます。あらかじめご了承下さい。
●掲載しているアイテムはすべてヴィンテージのため、使用感、劣化がございます。古いものに不慣れな方はよくご検討くださいますようお願いいたします。
●送料は別途ご負担いただきます。また送料は商品のサイズやお住まいの地域によって料金が異なります。
●ご購入後の返品・交換対応は行っておりません。
●掲載商品の販売者は有限会社レイク・タホになります。「オーシャンズ」を発行する株式会社ライトハウスメディアは、誌面およびWebにおける販売プラットフォームを提供する立場であり、販売者ではありません。
販売者:有限会社レイク・タホ 古物商許可証番号 東京都公安委員会 第303271407907号

※このページに掲載されているサイズは編集部実測値です。


くまがいたかし
1970年生まれ。渡仏後、’94年スタイリストとして活動開始。’98年以降はフォトグラファーとしても活躍。自身のブランド、ネサーンス、ウィンダンシーを手掛ける。また多くのブランドやセレクトショップのディレクションに携わり、ファッションからクラフト、ワークショップなどのモノ・コトを通して、本質的な“ウェルビーイング”を提案する。趣味はサーフィン。グリーンライフにも造詣が深い。

蜂谷哲実=写真 町田あゆみ=編集・文

このエントリーをはてなブックマークに追加
熊谷隆志がひと目惚れした男はネサーンスをどう着こなすのか
2018.12.16 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
体作りにもストレス発散にも。熊谷隆志が通うキックボクシングと仲間たち
2018.11.29 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
ウィリアム・エグルストンに憧れて。熊谷隆志の写真の原点
2018.10.22 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
大好きな街、神戸のオススメスポットはココ! 熊谷隆志の旅日記
2018.10.07 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05