どっぷり、たっぷり浸るデニム愛。 Vol.51
2018.10.30
LIFE STYLE

デニムライフ充実化計画【その4】雑貨・グッズでデニム道を極める

質感、色み、経年変化、どれを取っても愛おしい。そんなデニムホリックに新たな“出会い”をお届け。近頃はさまざまなアイデアで変貌を遂げ、はくだけじゃない楽しみが広がっているのだ。もはや衣食住すべて。大好きなインディゴブルーに囲まれる楽園生活、早速始めてみては?

デニムでこんなものまで作っちゃうの!? と思わず言ってしまいそうな、まさかのグッズが勢揃い。ここまで極めてこそのデニム道だ!

 

「むす美」の風呂敷

115×115cm 8000円/ふろしき専門店 むす美 03-5414-5678

デニムとジャポニズムの意外なコラボレーション。これはソフトな日本製デニムを使用した大判の風呂敷だ。セルビッジやチェーンステッチなど随所に本格的なディテールを採用しており、なかなかツウ好みな仕上がり。

 

「ハウス オブ マーリー」のスピーカーと「ビッグジョン」のキーホルダー

左●5500円/完実電気 050-3388-6838、中●2500円、右●1800円/ともにビッグジョン 086-477-3800

左●「ハウス オブ マーリー」のスピーカー
太鼓をモチーフとしたコロンとしたフォルムで、手の平サイズが愛らしいBluetooth対応のワイヤレススピーカー。素材はリサイクルデニムのほか、竹や再生プラスチックなど。環境にピースフルなこいつで聴く音楽は、バラード?レゲエ?それとも……。

中、右●「ビッグジョン」のキーホルダー
昨年、誕生50周年を迎えた老舗の技術力と遊び心が凝縮。愛くるしい手のひらサイズながら、コインポケットまでステッチで再現しピスネームも付けた徹底ぶり。ダメージの有りと無し、迷ったら2つ揃えて飾りたい!

 

「フィッシングモンキー」のライフベスト

2万9800円/フィッシングモンキー 086-426-5000

海や川でのレジャーで腰に巻いておき、有事のときはコードを引くとガスで膨らみライフベストに! ダメージやペンキ跡などにデニム文化へのリスペクトを込めた、岡山の釣り具メーカーの作。ファッション性も機能性も抜かりなし。

 

「アンドワンダー」のエプロン

7000円/アンドワンダー 03-3468-2360

小物をぶら下げられる前身頃のテープ、リフレクターを編み込んだロープなど、さすがはアウトドアブランドといった細かな仕事に注目。キャンプで大活躍しそうな、料理男子のためのデニムエプロンだ。ローファイなグラフィックも洒落ている。

 

「キクス ドキュメント.」の巾着

H25×W27×D14.5cm 7900円/ヘムト PR 03-6721-0882

レトロスポーツを漂わせるブランドロゴを堂々プリントしたデニム製巾着。長めの紐が付き、斜め掛けにも難なく対応できるため、使い勝手も文句なし。少ない手荷物でふらっと近場へ、なんてときはなかなか重宝する。

 

「マルナオ」のカトラリーセット

3万5000円/マルナオ 0256-45-7001

岡山・倉敷市のデニムを使用したケース。それを開けると、ブランドの地元、新潟・三条市メイドにこだわった箸&スプーンが4セット。日本の伝統がつながったこんな素敵なカトラリー。いつもの食事が一層美味しく、楽しくなるに違いない。

 

「レターズ」のラップトップケース

H25×W33×D3cm 2万3000円/レターズ 03-5625-3208

異なる色落ちのヴィンテージデニムで仕立てたラップトップケース。パソコン本体、充電器、スマートフォン用など、大きさ・形の違う5つのポケットが設けられている。オフでの相棒が、オンでも頼もしい相棒となった。
こちらのアイテムはオーシャンズ公式オンラインショップで販売中!

 

「オアスロウ」の本

2800円/ベースデニムプロダクツ 0798-74-8106

デニムに一家言あるブランドが構想に3年間を費やしたフォトブック。その内容は作り手の想いから過去の貴重なアーカイブ、製造過程の写真など。彼らの情熱がすべてここに記されているため、デニムツウなら絶対に見逃せない1冊。

 

鈴木泰之=写真 伊藤良輔、星 光彦=スタイリング 菊地 亮=文

# キーホルダー# スピーカー# デニム# 風呂敷
更に読み込む