37.5歳の人生スナップ Vol.25
2018.10.15
LIFE STYLE

週末に移動図書館をはじめた男の、「今がベスト」な生き方とは?

連載「37.5歳の人生スナップ」
人生の折り返し地点、自分なりに踠いて生き抜いてきた。しかし、このままでいいのかと立ち止まりたくなることもある。この連載は、ユニークなライフスタイルを選んだ、男たちを描くルポルタージュ。彼らの生活・考えを覗いてみてほしい。生き方のヒントが見つかるはずだ。

「37.5歳の人生スナップ」を最初から読む

会社員が移動図書館を手掛けることになったきっかけとは

「ここの本棚は、すべて僕がセレクトしているんです」。

そう言って中野健二郎さん(39歳)は、陳列された本をひとつひとつ丁寧に説明していく。本棚には、タトゥーや銭湯などのカルチャー本がずらり。かと思えば、岡崎京子やさくらももこといった少女漫画が見え隠れしており、中野さんの、あらゆる「好き」が詰め込まれていた。

中野さんは現在、会社員としてWebデザインの仕事に従事する一方で、休日は「PARADISE BOOKS」という移動図書館の運営や、ブックセレクトの活動を行っている。

代官山駅からほど近い、ここ「P.B Restaurant」のブックセレクトも、中野さんが手掛けているもののひとつだ。

最近何かと話題のストリートアーティスト、バンクシーに関する本が並ぶなど、本のセレクトは時事性も忘れない。並べられた本はすべて、中野さんの私物だという。

「持ってる本ですか? どれぐらいだろう。ひと部屋いっぱいになるぐらいはありますね」。

中野さんは、自身の愛読書でもあるコレクションを移動図書館として、各地で出店、提供している。2017年だけでも野外フェスに数多く参加した。テントやライトで装飾された「チルスペース」の設営もすべて中野さんによるものだ。

テントの中でくつろぎながら読書ができる。
これまでの活動をまとめた冊子も見せてもらった。すべて中野さんが撮影した写真だという。

「最近は活動も少しずつ広がって、スペースを設置するための費用などは支援してもらえるようになりましたが、最初はほとんど自分の持ち出しでやってました」。

聞けば、特に移動図書館で何かを販売するわけでもないという。つまり、ほとんど無償の活動なのだ。サラリーマンとして働く傍らで、移動図書館を始めた経緯を教えてもらった。

NEXT PAGE /

ターニングポイントは本屋を営む親族の死

鳥取県で、100年以上続く本屋の家系に生まれた中野さん。当然、本に親しむ時間も多かったが、本に関する仕事をしようと意識したことはなかったという。

「本が特別、大好きというわけではなかったかもしれない。幼い頃は、毎年お年玉が図書券なので恨めしく思っていたくらいです(笑)」。

大学卒業後は本と関わりは薄いデザイン業界へ。そんななかで「本」との関わり方を見つめ直すきっかけになったのは、今から3、4年前に立て続けに起きた父と、祖母の死だった。

「祖母の遺品を整理していたら、鳥取県でどのように本や書店が普及していったかという歴史について書かれている文献を見つけたんです」。

150年前、江戸時代の終焉と共に武士中心の文化も終わりを告げ、本を通じて知識や文化を広めることが着目され始めた。そして鳥取県米子市に、鳥取で初めての「今井書店」がオープンする。本を売ることで人々の生活を豊かにする。そして次の世代のために活字で情報を発信していくことの重要性を、今井書店の創業者は感じていた。そんな内容が文献には記されていた。

「祖母も父も亡くなってしまった今、次の世代である自分に一体なにができるだろう。そう考えたとき、やっぱり『本』というキーワードは外せないのだろうと感じました」。

NEXT PAGE /

奇祭「バーニングマン」で学んだギフトの精神

「PARADISE BOOKS」を始める前に、下北沢のブックカフェ経営を友人数人で行った経験もある中野さん。ブックカフェ経営には歯がゆさも伴った。

「今、どこも本屋さんの経営が難しいというけど、身をもってそれを感じました。お店が専門書を重視したブックカフェだったこともあって、もっと本当に自分の好きな本を自由に楽しめる場所が作りたいと思いましたね」。

そこで2015年末に始めたのが「PARADISE BOOKS」だ。

「普段自分では読まないものを共有しあう、そんな読書環境を提供したいと思いました。街の中では目にとまらないものも、野外で読むとぐっときたりするんですよ」。

移動図書館では、中野さんの愛読書である写真集やアートなど、目で見て楽しむ書籍の数々、そして子供たちに喜んでもらえそうな絵本などを自由にセレクトできる喜びがあった。

「絵本って意外と大人が読んでも面白いし、懐かしさも相まってすごく喜ばれるんですよね。そういう表情を見られるのがうれしい」。

中野さんの「楽しい」を共有したいという精神は、20代のときに参加した、とある“フェス”の影響も大きい。

「20代後半のときに、ネバダ州で開催される、一週間、お金を一切使わずに砂漠で過ごすという“バーニングマン”に参加したんです。その一週間、世界中から集まった3万人以上の人々が、一つの街のような共同体として生活を送るんです」。

「PARADISE BOOKS」のWEBページにも、バーニングマンの写真が使われている。

「バーニングマン」の各参加者は、自らの手で設営したテントやキャンピングカーを家とし、友人を作り、コミュニティを形成する。電気や水道、ガスなどの生活基盤は整備されておらず、飲食店もない。圧倒的に不利な自然環境下では、自然と隣人の助けが必要となってくる。その上、貨幣経済や商行為も禁止されたバーニングマンの根底に流れるのは、見返りを求めない「ギフト」の精神だ。まったく見知らぬ人たちが一週間、ギブアンドギブの関係を構築したうえで、楽しく暮らす。それが心地良かった。

「こういう意識のある空間を作れたらいいなと。PARADISE BOOKSは、そんな思いでつくりました」。

平日は会社員、休日はPARADISE BOOKSの出店やブックセレクターとしての活動。多忙な日々を送る中野さんだが、「いまが1番バランスのいい生活を送れています」という。

「実は僕、20代・30代はずっとフリーで仕事していたので、会社員になったのはここ3年ぐらいの話なんです。フリー時代は自由ではあったけど365日、仕事のことが頭の片隅にあるような状態でした。会社員になってオンオフがはっきりしたからこそ、こうして休日に好きなことができるようになったんです」。

中野さんは30代後半で、「仕事」以外の軸を見つけられた。別に利益に繋がることじゃなくてもいい。自分が心地良いと感じる「PARADISE BOOKS」というチルアウトスペースを多くの人と共有する。そんなギフトの精神が、現在の生活の充足につながっているのだ。

藤野ゆり(清談社)=取材・文

# 37.5歳の人生スナップ# 移動図書館
更に読み込む