祐天寺の蕎麦居酒屋で、看板娘のリンゴのような笑顔に癒された

新蕎麦の季節である。ここはひとつ、連れの女性に「蕎麦の実が収穫されてから1、2カ月以内に提供されるものを新蕎麦と言うんだよ」といった蘊蓄を披露しつつ、蕎麦をズルッと啜り上げたいものだ。 そんなわけで、訪れたのは東横線で渋谷から3駅の祐天寺。残念ながら連れの女性はいない。 蕎麦と日本酒の店、「星ノ灯(あかり)」。入り口には「新そば打ち始めました」の文字。 店内に入ると看板娘らしき女性が開店の準備をしていた。