https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-1011-5/

祐天寺の蕎麦居酒屋で、看板娘のリンゴのような笑顔に癒された

このエントリーをはてなブックマークに追加

利き酒セットはすぐに運ばれて来た。

お待たせしました〜。

今回の看板娘は愛梨さん(23歳)。本業はモデル・女優だ。好きなモデルさん見たさに東京ガールズコレクションに行ったところ、会場でスカウトされたという。

「当時は高校生で長野県の実家で暮らしていました。怪しいと思って1年ぐらい断り続けていたんですが、社長さんに会って話を聞いてみたら、ちゃんとした事務所だとわかって」

梨を愛すると書いて愛梨だが、一番好きな果物はイチゴだそうだ。

「イチゴ狩りは毎年行きます。現地で食べるイチゴはすごく濃厚なんですよ。あれに比べたらスーパーで売ってるのは水みたいな味」

本日のラインナップ。

右端の斬九郎は愛梨さんの故郷、長野県のお酒。添え書きには「ほのかなリンゴのような香りがチャームポイント」とある。

そういえば、愛梨さんにもどことなくリンゴっぽさがある。そして、見た目以上にアクティブな女性だった。

「今年の夏は、ウェイクボードとフライボードを体験するという夢が叶いました。めちゃめちゃ楽しかった」

ウェイクボードはモーターボートで引っ張られるやつ、フライボードは水圧で宙に浮くやつだ。

めちゃめちゃ楽しそうな愛梨さん。

面白かったのは上京してからのアルバイト遍歴。

「高校はバイト禁止でした。だから、ずっとやりたかったガソリンスタンドのバイトが決まったときはうれしかったですね」

理由は「つなぎを着て働きたかった」から。なかなかユニークな感性をお持ちである。

「びっくりしたのは、大雨の日に手洗いの洗車を頼んできたお客さんがいたこと。どういう事情で今洗おうと思ったんでしょうね」

フードメニューのイチ推しはつけ蕎麦。

蕎麦が美味しいのはもちろん、独自に開発したスープにも注目してほしいそうだ。愛梨さん、どれがオススメですか?

「私は『海老とトマトのつけ蕎麦』が一番好きですね」

では、それをいただきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
半蔵門のパスタカフェで、看板娘の声から癒しのα波が出ていた
2019.03.21 / 37.5歳からの愉悦
人形町のスペインバルで、看板娘から∞の幸せオーラを受け取った
2019.03.07 / 37.5歳からの愉悦
鷺宮の焼きとん屋で、看板娘のピュアなトークに体温が4℃になった
2019.02.28 / 37.5歳からの愉悦
練馬の肉屋直営炭火バルで、看板娘の熱い”サメトーク”を拝聴した
2019.02.21 / 37.5歳からの愉悦
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05