左脳を刺激する! オッサンIT化計画 Vol.46
2018.09.25
LIFE STYLE

話題の「Surface Go」は、“家庭向け” ノートPCの本命か?

「左脳を刺激する! オッサンIT化計画」を最初から読む

話題の「Surface Go」は、“家庭向け” ノートPCの本命か?

ネットサーフィン(死語?)やメールのやり取りといった用事の大半が、スマホで事足りてしまう昨今。プライベートでPCを使う機会が減ってはいるものの、スマホの画面サイズに物足りなさを感じる場面も、まだまだ多いはず。

そこで気になるのが、9月に日本上陸を果たした「Surface Go(サーフェス・ゴー)」だ。スタイリッシュかつコンパクトなデザインで話題だが、はたしてその使い勝手はいかに。自腹購入した筆者が、家庭人目線でレポートする。

良デザインの“ブランド品”だが価格も高め。購入の決め手は?

プライベート用として、かなり久々にPCを購入した。正確に言うと、完全なる個人向けではなく家族(主に妻)で使うため、ではあるが。

なので、目的はわりとシンプル。性能的にはWebや動画がストレスなく見られれば十分で、欲を言えば簡単な動画編集や文書の作成ができればうれしい、という程度なんだが、問題はその“寿命”である。

最近のPC(ノートPC)は、3~5万円台くらいの製品が多いのだが、性能を調べてみると、やっぱり「それなり」。過去の経験からすると、おそらく1~2年もたてば、動きの遅さにイライラすることが目に見えている(特に妻が)。いくらか知恵がついた大人(夫)なら、多少高くなっても、なるべく長い間ストレスなく使えそうなスペックとデザイン性を持つものを選びたいと思うのは、当然のこと。そこで選んだのが、発売されたばかりの「サーフェス・ゴー」である。

マイクロソフトという“ブランド”に加え、日本版の場合は「オフィス」が標準インストールされているため、メモリ4GB&ストレージ64GBモデルが約7万円、メモリ8GB&ストレージ128GBモデルが約9万円(ともに税込)と、ノートPCとしては、中の上くらいのお値段となる。

さらに、キーボード(カバーにもなる着脱可能型)が別売となっており、ノートPCとして利用するためには、プラス1.5万円の出費が必要だ。

上位機種となる8GBメモリ版とキーボードを買った場合、実勢価格では、スペック的にほぼ同等の性能となるMacBook Air(8GB/128GB、マックブック・エアー)の約10.5万円(税込)に匹敵する買い物となってしまうのだ。

実際この両者のうち、どちらを購入するかで、かなり迷ったのだが、最終的にサーフェス・ゴーの上位機種を選ぶことにした。新製品(=寿命が長い)であることに加え、プライベート用途に適した「使い勝手の良さ」がある、と考えたからだ。

NEXT PAGE /

予想以上に使える10インチ。Windowsタブレットとしても◎

細かなスペックについては公式サイトに任せるとして、使い勝手から見た場合、サーフェス・ゴーのいちばんの魅力は、やはりそのサイズだろう。マックブック・エアーの画面サイズが13.3インチ、既存のサーフェスシリーズが12.3インチなのに対して、サーフェス・ゴーのそれは10インチ。画面の大きさ的には、マックブック・エアーよりiPad Pro(10.5インチ)のほうが近くなる。

手に持った感覚も、ノートPCというよりはタブレット端末に近い印象で気軽に持ち運べる。実際、2in1タイプなので、キーボードを外せばiPadっぽく使うこともできる。

もちろん、端末を傾けることで縦横の表示切替が可能。タッチ操作にも対応しているので、指でWindowsを操作できるというわけだ。

仕事で使うなら、画面サイズが大きい方が何かと便利なのだが、簡単な用事であれば、10インチでも十分だろう。

OSの使い勝手に関しては、好みがわかれるところだと思うがワードやエクセルを筆頭に、特に日本国内で“標準”になっているのは、やはりWindows。仕事でもWindowsをメインにしている人が多いと思うので、家族へのサポートを考えた場合、こちらを選んだ方が何かと面倒が少ない、という点も結構重要なポイントだったりする。実際、普通の用途ならMacでないとダメってこと、かなり少なくなってきていますしね。

NEXT PAGE /

ストレージの拡張も可能で、写真や動画の管理にも安心感

キックスタンドが内蔵されており、本体だけで自立できる構造になっているのも便利なところ。水平近くまで開くことができるほか、ヒンジ(?)の締まりも良いので、カフェの小さなテーブルのように狭いスペースでも安定して自立できる。

拡張性でも、サーフェス・ゴーには安心感がある。Micro SDXCカードリーダーが内蔵されており、データのやり取りはもちろん、Micro SDカードをストレージとして利用できるようにもなっているのだ。

特にプライベート用途では、写真や動画を扱う機会が増えるため、ストレージの容量は常に悩みの種になる。カードリーダーが内蔵されていれば、こまめにファイルをバックアップすることも簡単だし、大容量のMicroSDカードを差しておけば、当面は空き容量の心配もなくなる。この辺りも、家庭用PCとしてサーフェス・ゴーを選んだ理由だ。

このほか、別売の「Surface Pen」(実勢価格約1万3000円)を用意すれば、手書きメモやイラストの作成も可能。

購入したばかりに加え、絵心がないため、まだきちんと体験はしていないのだが、ざっと試した感じでも、かなりリアルな書き心地だった。子供の遊び道具としても、かなり喜ばれそうだ。

NEXT PAGE /

最新スマホくらいの価格と思えば、サーフェス・ゴーって意外とお得?

サーフェス・ゴーの注意点をひとつあげるとすれば、「Windows 10S」という、アプリのインストールなどに制限がかかっている特殊なOSが標準となることだろう。

対応アプリが制限されているぶん、セキュリティ面でも安心なため、家庭向けとしては「Windows 10S」でも特に問題はないはずだが、制限されているアプリをインストールして使いたいなら、画面の指示に従い「Windows 10S」の制限を解除することも可能だ(ただし、いちど解除すると元に戻すことはできない)。

すでにPCというジャンルがコモディティ化しているため、特にライトな用途では、商品を選ぶ決め手を探すのが難しいところ。人によっては、家庭向けなんだから使い捨て感覚で安価な機種を選ぶのもアリと思うかもしれない。

しかし、格安スマホを使ったことがある人ならわかると思うが、性能の良し悪しは直接使い勝手に比例するもの。特に、デジタルツールに慣れていない家族が使うことを想定すれば、ストレス軽減のためにも、ある程度の性能や、感覚的な使い勝手にもつながるデザイン性を重視するメリットはあると思う。

その点でいえば、サーフェス・ゴーは「オフィス」搭載分の上乗せがあるとはいえ、価格相応のバリューがあると感じた。まだ試していないが、顔認証によるログインで、環境を切り替えられるのも家族向けとして重宝しそうだ。

そういえば、最近はスマートフォンでも10万円前後の機種が主力だったりするじゃないですか。そこを考えると、家族みんなで使えるサーフェス・ゴーの価格って、意外とお買い得? ともいえちゃうのではないですかね。

文=石田豪

# IT# PC# Surface Go# オッサンIT化計画# ガジェット
更に読み込む