37.5歳の人生スナップ Vol.17
2018.08.27
LIFE STYLE

インドから房総半島へ。海の近くでオーガニック豆腐屋を営む料理人

連載「37.5歳の人生スナップ」
人生の折り返し地点、自分なりに踠いて生き抜いてきた。しかし、このままでいいのかと立ち止まりたくなることもある。この連載は、ユニークなライフスタイルを選んだ、男たちを描くルポルタージュ。鬱屈した思いを抱えているなら、彼らの生活・考えを覗いてみてほしい。生き方のヒントが見つかるはずだ。

「37.5歳の人生スナップ」を最初から読む

 

房総半島の最南端で営む、オーガニック豆腐工房

「うちの豆腐は、世界でいちばん高いかもしれない」。

そう言って「白浜豆腐工房」の店主である安藤壮さん(44歳)は、にやりと笑った。

房総半島の最南端、波の匂いが鼻先をくすぐる白浜町に「白浜豆腐工房」はある。築50年の平屋を改築した趣ある古民家で、安藤さんは手作りの“手絞り豆腐”を販売している。

看板メニューの「白浜生絞り豆腐」は、ひとつ500円。決して安くはない金額だが、千葉県産在来種の有機大豆を使用し、毎日、生絞りでつくる無添加豆腐は話題を呼び、メディアにも取りあげられた。

「できたてを提供しているので、生産できる量は1日20〜30個と限られています。豆腐を入れる容器がプラスチックのパックだと再利用できないので、瓶詰めに変えたこともあって、500円。豆腐がその値段じゃ、なかなか買わないよね」。

そう言って苦笑する。

安藤さんの朝は早い。朝4時に起きて家から歩いていける距離にある海岸で軽くサーフィンを楽しむ。1時間ほどで戻り、料理の仕込みを開始。店がオープンする10時まで、豆腐作りに没頭する。

店内にある座敷では豆腐御膳やおからカレーなどのランチのほか、豆腐スムージー、おからを使ったデザートなどカフェメニューも展開。これらも素材にこだわった一品だ。

「バターや牛乳などの乳製品は使わずに豆乳を使用し、サラダ油の代わりに菜種油を使っています」。

白浜豆腐工房は環境への配慮やオーガニックを意識した豆腐屋さんなのだ。しかし、もともとオーガニックに関心を持っていたわけではなかったという。

「バーテンダーをやっていた20代の頃は、夜中3時にステーキとワインを詰め込むような生活をしていましたよ(笑)」。

そんな安藤さんが、なぜ白浜でオーガニックな豆腐店を開くことになったのだろうか。

NEXT PAGE /

30歳を過ぎ、“食”を学びに高知へ。大豆の奥深さに心惹かれた

ホテルのコックやバーテンダーなど、飲食店で働き続けてきた安藤さんが食への意識を変えた背景には、これまで暴飲暴食を続けていたツケがまわり、体を壊したことが大きかったという。

「20代後半で身体を壊したこともあって、改めて食と生について考えるようになりました。やっぱり食べるものを変えると、身体の調子が全然違うんですよね。それで自然食品に興味を持ち、マクロビオティックの学校にも通いました」。

その後、高知県の四万十川の上流、西土佐という地域の山にこもって農業研修を受け、タンパク質が豊富で、味噌や醤油、おから、豆乳などさまざまな食品に形を変える大豆の優秀さに気付いたという。

日本人にとって身近な食材である「大豆」と、そこからできる「豆腐」でなにかできないか。そう考えた安藤さんは高知県の豆腐屋に弟子入りし、石臼豆腐のつくり方を学んだ。

「3年間の豆腐修行の後は、食の勉強のためにニュージーランドやインドへ飛びました。ヨガ施設で住み込みスタッフとして料理を作ったり掃除をしたり。同じレシピでも他の国のスタッフが作るとまったく味が変わったりするので、面白かった」。

同僚のイタリア人がピザを作ってくれれば、そのお返しに豆腐を作って出してみる。さまざまな人種、国籍が入り乱れるなかで異国の食文化に触れる貴重な時間を過ごした。特にインドでは日本のお坊さんと1週間旅を共にするなど、自身を内観する機会も多かった。

NEXT PAGE /

旅先での“ギフト”が人生を変えた

「旅をしているうちに、精神が少しずつ落ち着いてくるのを感じました。実は僕、31歳のときに離婚しているんですよ。それから気持ちがふさぎがちだったんですが、お坊さんと瞑想する時間があったり、旅のおかげで少しずつ安定していきました」。

そんな旅先で、安藤さんは運命の人との出会いを果たす。それが現在の妻で、ヨガの勉強のためにインドに来ていた未夏さんだ。

「離婚を経験したとき、心の底から辛くて、もう二度とこんな思いをしたくないと思った。それと同時に、ひとりになって家族の大切さを痛感したんです。だからもう一度、自分が家族を持てるチャンスがくるなんて信じられませんでした」。

妻との出会いを安藤さんは「ギフト」だと表現する。そのギフトが安藤さんの人生を大きく変えたのだ。

インドで出会った未夏さんと共に帰国した安藤さんは、41歳で白浜に豆腐屋をオープン。42歳で結婚し、現在は娘の愛南ちゃんと3人で、この古民家で暮らしている。移住先に縁もゆかりもない房総を選んだのは、何か理由があったのだろうか。

「決め手は、海ですね。この先の根元海岸が、あまりにも綺麗だったから。サーフィンは自分の人生で軸となっている部分もあるので、海のある場所でお店を開けるっていうのは大きかった」。

自分の好きな場所で大切な家族と共に有機的な生活を実現したい。そんな考えのもと、白浜豆腐工房は始まったのだ。

NEXT PAGE /

房総半島からアゼルバイジャンへの挑戦

オーガニックゆえにコストも手間もかかる手絞り豆腐。当然、うまくいくことばかりではない。

「豆腐は生産に限りがあるので明日の売上どうしようって頭を抱えたこともあるし、お客さんがあまり来ない日だって、もちろんあります。でもそれで不安に引っ張られたくないから、努力する時間を増やすようにしています」。

中途半端なことはせず、自分のやりたいことを突き詰めた仕事が、安藤さんの日々の自信にも繫がっているようだ。

安藤さんは揺らがない。再婚に踏み切ることに不安はなかったのかと尋ねた際も、はっきりと断言した。

「生きるってことはしんどいことも多いけれど、それでも家族や愛する人と一緒にいられることは何にも代え難い素晴らしいことだと僕は思っています。だから再婚するときも、ネガティブな感情は一切なかったですね」。

現在、安藤さんは新たな挑戦として、アゼルバイジャンでの日本料理店の立ち上げのために動いている。ただ現地で店を開くとなると家族とはバラバラになってしまう。しかし安藤さんに不安の二文字はないようだった。

「お金の不安だって考えだしたらキリがない。でも、家族それぞれが楽しんで生活することが何よりも大事なんじゃないかな。僕はもう一度、旅の再スタートが切れるって今からワクワクしています」。

旅で吸収した食の知識と日本食の細やかで丁寧な仕事を、今度は異国の地で伝え、表現する。インドでのひとり旅と大きく違うのは、今度は守るべき家族が待っているという点。それが安藤さんの強さと自信の、なによりの源なのだ。

 

藤野ゆり=取材・文

# 37.5歳の人生スナップ# オーガニック# 豆腐
更に読み込む