37.5歳の人生スナップ Vol.16
2018.08.21
LIFE STYLE

マイホームは人生最大の作品。セルフビルドを13年間つづける男

連載「37.5歳の人生スナップ」
人生の折り返し地点、自分なりに踠いて生き抜いてきた。しかし、このままでいいのかと立ち止まりたくなることもある。この連載は、ユニークなライフスタイルを選んだ、男たちを描くルポルタージュ。鬱屈した思いを抱えているなら、彼らの生活・考えを覗いてみてほしい。生き方のヒントが見つかるはずだ。

「37.5歳の人生スナップ」を最初から読む

13年以上をかけてセルフビルドをする、ログハウスの豪邸

理想のマイホームを持ちたい。そんなとき、たいていの人は住宅サイトや展示場を見てまわり、自分の思い描いたものに限りなく近い家を選ぶだろう。人生で一番大きな買い物だから、誰だって妥協はしたくない。しかし、現実的に100パーセント思い通りのマイホームを実現できた人というのは、少ないのではないだろうか。

そんななかで、究極のマイホームづくりを自身の手で行う男がいる。

「2005年の春から家を作り始めて、もう13年になります」。

そう話すのは、千葉県房総半島の長柄町で、セルフビルドのログハウスを建てている瀧口和朗さん(49歳)だ。現在は造園や木の家の建築、彫刻作家として活躍している。

セルフビルドとは、文字通り自分で自分の家を建てること。瀧口さんは、家の基礎工事から塗装まで、大工や職人さんと協力しつつ、そのほとんどをセルフビルドで造り上げた。

370坪という広々とした土地には、なんと5000種もの植物が植えてあり、“鳥虫獣草木花の庭”がテーマだという。そしてその庭にぐるりと囲まれて、瀧口さんの“手作り”のログハウスはあった。

庭には柑橘類やりんご、柿など、さまざまな果物が植えられている。

「屋根は作るのに、4年かかりました。一枚一枚、瓦を葺いていく作業は大変でしたね。建築には昔から興味があったので、知識は通信教育などで独学で得ました」。

ハーフティンバー様式の壁面。何層も重ねた漆喰と木骨の表面が特徴的。
正面玄関の屋根の瓦は木製。耐久性は優れているという。

フランス北東部のハーフティンバーという家屋の形式に憧れて再現した部分や、カナディアンスタイル、北欧スタイルを意識して取り入れた箇所。ひとつの家でありながら、瀧口さんの自宅は多様なスタイルを混在させ、正面、横、後ろと眺める角度によってさまざまな表情を見せる。

このログハウスを見る限り、その腕はプロの仕事となんら遜色がないものだ。家作りに関して完璧に素人だったひとりの男は、なぜこんな立派なログハウスを作り上げることができたのだろう。

NEXT PAGE /

ログハウスは高校時代からの憧れ。マイホームは妥協できなかった

瀧口さんが、最初にログハウスに興味を持ったのは高校生のときだった。「これを見てください」そう言って取り出したのは、1985年発行の雑誌『Outdoor』の臨時増刊号。

「本屋でこの雑誌を見つけて、なぜか心引かれたんですよね」。

その頃の日本ではまだ建築基準法がネックとなり、なかなかログハウスを建てられなかった。しかし、1986年に一定の基準さえ守れば誰でも建てられるようになり、一気にその文化は広がることとなる。まさにそんな過渡期のなかで瀧口さんは、いち早くログハウスに目をつけていたのだ。

「社会人になってデザイン系の印刷会社でサラリーマンをしていたんですが、28歳で脱サラしました。ヴィンテージ食器のファイヤーキングなどを扱う雑貨店を開いたら、まだ珍しかったこともあって、割とすぐに経営が軌道に乗ったんです」。

そこで次に瀧口さんが目標にしたのは妻と子供、家族3人で暮らすための理想の家を手に入れること。当然、憧れのログハウスに住みたいと思ったが、当初はセルフビルドを行う予定ではなかったという。

「完成予想の細かい図面を描いて、それを再現してくれるハウスメーカーさんを探したんです。でも前例がないデザイン、建て方なので、30社以上に難しいと断られました」。

妥協すべきなのかもしれない。諦めかけていた瀧口さんだったが、妻の『本当にそれでいいの?』という一言に、背中を押されることとなる。

「人生で一度きりのことなので、適当なところで手を打ったら僕が後悔することを、妻はわかっていたんでしょうね。だったらもう、自分で作ろうと。DIYで家具を作る、それが少し大きくなったと思えばいいんじゃないかなって(笑)」。

2005年の春、36歳で地元・山形を離れ、理想通りのマイホームを作るセルフビルドを開始。ちなみに移住先を房総に決めたのは「ドライブしていてビビッときたから」だとか。ここから13年間、瀧口さんは自身の家を、作り続けている。

NEXT PAGE /

一度は心が折れたことも。しかし、家づくりはやめられない

幼い頃から工作が好きで、専門学校では工業・工芸デザインを専攻していた瀧口さん。

「イエローシーダー(日本では米ヒバと呼ばれる木材種)のログ(丸太)を組み上げする際は、大工さんとクレーン重機に手伝ってもらって、屋根まで一気に掛けましたが、それ以外はコツコツとやるしかない。生活するためにもキッチン、トイレ、お風呂場だけは急いで用意しなきゃと必死でしたね、家族も一緒だったので。当初は庭に建てたプレハブ小屋に住んでいたのですが、ユニットバスが設置できてもプレハブと家が離れているうえ、ユニットバスはむき出しだから、素っ裸でお風呂場に向かうことに(笑)。お風呂上がりの星空の綺麗さは今でも覚えています。作業を始めておよそ1年後には、家族みんなで暮らせるぐらいにはなりました」。

玄関が設けられた日、2階へ続く立派な階段が完成した日、家中の柱のどこをとっても、歴史と記憶がある。家が作られていく過程のすべてが、思い出となる喜びがある。

しかし、たったひとりによる作業だ。仕事もしなければならず、作業はなかなか思うように進まなかった。現在もログハウスの内装部分は製作の真っ最中。2階へ上ると、真新しい木材と工具が並んでいた。

「最近は2階の吹き抜け周りの強化のために、頬杖(垂直材と水平材の中間につける補強材)を取り付けたり、庭に生えていた赤松を太鼓引きした渡り梁をかけています。あと天井の遮熱材を貼るのもこれからです」。

仕事の合間を縫って、ひたすら作り続ける。そんな年月が重なり、一度は心が折れてしまった。

「つくってもつくっても完成しない……。予定や計画を練っても思い通りに行かなくて苦しくなってしまったんです。庭いじりは好きで続けられたのですが、半年間、作業をやめてしまいました」。

しかし、それでも家を建てるのはやめられなかった。「ムズムズと建てたくなるんですよ」という瀧口さんは、計画を立てることが辛くなる原因だと気づき、マイペースに作業することを心がけた。また以前は朝から晩まで作業に没頭することも多かったが、最近は仕事の合間に板張り一枚でも進歩があればいいかなと考えているそうだ。

NEXT PAGE /

世界にひとつだけの家で、オリジナルな暮らしを

話を聞けば聞くほど大変そうなセルフビルド。「生まれ変わったらセルフビルドはやりませんね」と瀧口さんは苦笑する。しかし、取材で家の説明を受けた筆者は、きっとそんなことはないだろう、と感じてしまった。

「箇所ごとに使う木材の種類を一本一本変えているんです。ハウスデザインをするとき、お客さんにモデルとして見せられたらなって。これはヒノキで、これはヒバで……」。

そんなふうに一つひとつ、家へのこだわりを語る目は子供のようで、まさに生きがいという言葉がふさわしかった。

「完成するのは2年後。もう長い間、そう言い続けています。本当は早く完成させてのんびりしたいんですけど……。この家は僕にとって、人生最大の作品になりました」。

未完成な家で、家族の成長とともに家も育っていく。世界にひとつだけの家を完成させたいという情熱が、今日も瀧口さんが木材に手を伸ばす原動力になっている。妥協のない家造りは、もはや瀧口さんのライフワークなのだ。

 

藤野ゆり(清談社)=取材・文

# 37.5歳の人生スナップ# セルフビルド# ログハウス
更に読み込む