NEWS Vol.195
2018.07.29
LIFE STYLE

大切な海を守りたい。家族で参加できるビーチクリーンイベントに行こう!

ビーチで遊んでいても、サーフィンを楽しんでいても、釣りで洋上に出ていても、海に捨てられたゴミを目にすると気は滅入る。

海はキレイだからこそ楽しいし、癒やされる。

そんなキレイな海を未来永劫守ろうというメッセージを発信するため、パタゴニアとボルコムがタッグを組んで始めたイベントが8月5日(日)に開催される。

それが、今回で10回目を迎える「ボルコム
パタゴニア
パートナー
シーエイチピー
サンライズ
ビーチクリーンアップ」。

子供たちが環境問題について考えるきっかけになることを願って、一緒にビーチに落ちているゴミを集め、未来はもっと美しいビーチを目指そう!というのが主な目的。

なのだが、さらにそのゴミを調査し、海の環境問題を考え直そうとしているのがこのイベントの素晴らしいところで、このゴミはどこから来るのか、生態系にどのような影響を与えるかを把握し、“これからの生活”も見直そうとしているのだ。

会場は、2020年の東京五輪サーフィン競技開催地にもなっている千葉県一宮町。まさにイベント開催に打ってつけな場所である。

キッズ向けサーフィンスクールは先着40名限定、要予約。対象年齢6~12歳。(パタゴニアサ ーフ千葉ストア 0475-40-6030】

また、会場周辺ではいくつものワークショップが開かれていて、いずれも無料で参加可能。日本の老舗サーフボードメーカーであり、地元のサーフショップであるCHPはキッズ向けのサーフィンスクールを開催する。

パタゴニア サーフ千葉/アウトレット裏の駐車場にはスケートランプが設営され、ボルコムによる子供から大人まで参加できるスケートボードスクールも開かれる。

経験不問のスケートボードスクールは先着5人ほどのグループレッスンを6回にわたって実施予定。

そのほか、ヨガを体験できる教室や、ビーチクリーンで拾ったゴミでアート作品を制作するワークショップなど、子供の関心を惹くワークショップが盛りだくさん。

まるで遊ぶような感覚で、キレイな海と、それが育んだカルチャーの魅力を体感できるはずだ。

ヨガ教室。気持ち良さそう!
拾ったプラスチック片でアート作品を制作する「パタゴニア マイクロプラスチック・ワークショップ」。

ビーチクリーンを通じて気付かされる、海のゴミ問題の深刻さ。そして、海が与えてくれる幸福感。

そんな大切な海を子供たちにつないでいくためにも、積極的に足を運んでほしいと思うのだ。


[イベント概要]
ボルコム
パタゴニア
パートナー
シーエイチピー
サンライズ
ビーチクリーンアップ

日時:8月5日(日)9:00〜11:30(パタゴニア受付開始は8:30 から、CHP受付開始は9:00から)
場所:千葉サンライズポイント~ヨンライズポイント(千葉県長生郡一宮町東浪見)
特設サイトはコチラから
※小雨決行。荒天の場合は8/26(日)に延期。

[問い合わせ]
VOLCOM JAPAN
03-5771-4557

# サーフィン# パタゴニア# ビーチクリーン# ボルコム#
更に読み込む