職場の20代がわからない Vol.18
2018.07.27
LIFE STYLE

職場の20代に「失敗が怖くてできない」と言われた

職場の20代がわからないVol.18
30代~40代のビジネスパーソンは「個を活かしつつ、組織を強くする」というマネジメント課題に直面している。ときに先輩から梯子を外され、ときに同期から出し抜かれ、ときに経営陣の方針に戸惑わされる。しかし、最も自分の力不足を感じるのは、「後輩の育成」ではないでしょうか。20代の会社の若造に「もう辞めます」「やる気がでません」「僕らの世代とは違うんで」と言われてしまったときに、あなたならどうしますか。ものわかりのいい上司になりたいのに、なれない。そんなジレンマを解消するために、人材と組織のプロフェッショナルである曽和利光氏から「40代が20代と付き合うときの心得」を教えてもらいます。

「職場の20代がわからない」を最初から読む

「挫折経験」って何?

今回のテーマは、「自信」です。我々オッサン世代の中には、「最近の20代は臆病で自信のないやつが多い」と言う人が少なからずいます。そして、そういう方の多くは、理由として「挫折経験の少なさ」を挙げます。

曰く、親に大事にされて何不自由なく育ったために、障害や失敗を乗り越えて成功した経験が少なく、自信の無さにつながっているというわけです。実際、いまだに結構な数の会社で「挫折経験のあるやつを採れ」という号令がかかっており、エントリーシートなどでも「あなたの挫折経験は?」という質問の欄が多数あり、すくすく育ってきた学生たちを困らせています。「挫折とかないんですけど……」「なんで『挫折経験』を聞くのか、意味がわからない」と途方にくれています。


実は弱い「挫折経験のある人」

そんな背景で、今年も会社には人事の選考をかいくぐって一定数の「挫折経験のある人」が入って来ます。しかし、さまざまな人事の方の話を聞いたり、実際の20代と話をしたりしていると、残念なことに「挫折経験のある人」は現在では特に強くもなく、自信のある人でもないようです。

むしろ、表題のように、新しい仕事に取り組ませても、失敗を恐れて最初の一歩踏み出すことができなかったり、職場や仕事になかなか適応できず五月病になってしまったり、挙げ句の果てには早期退職したりすることさえあるというのです。「挫折を乗り越えた」は「自信」につながるのではないのでしょうか。それとも、今の世の中では通用しないのでしょうか。

NEXT PAGE /

昔は確かに強かった

その理由は、昔と今とでは仕事の特徴や質が変わってしまったので、必要な自信の種類が変わったからではないかと私は思います。昔の戦後から高度経済成長を経てバブル期ぐらいまでの日本は、欧米など目指すべきものがありました。自分達で考えなくても、どうすれば勝てるのか、勝ちパターンがわかっていました。

だから、仕事で成果をあげるために必要なことは創造性というよりは、努力と根性です。行くべき方向、なすべき方法は決まっているのですから、あとはそれを他人よりもどれだけたくさん、早く、ちゃんとできるかが勝負です。こんなとき、挫折経験を経ている人は強い。あの挫折をもう二度と味わいたくないと、負けてなるものかと頑張れます。


負けることができない「挫折経験者」

ところが、今はもう勝ちパターンがわかりきっているというような仕事は多くありません。試行錯誤を繰り返して勝ちパターンを見つけることから始まる仕事が増えています。こういう仕事において、挫折経験からくる「勝ちたい」人が昔のように勝てるのかというとそうはいきません。

彼らは負けたくないから、承認欲求を満たしたいから頑張るわけですが、勝ちパターンが決まっていない仕事では、何度も負け続けなくてはなりません。そうしているうちに、負け続けることに耐えられなくなって、「失敗が怖い」「もうやりたくない」となるのです。せっかく「あの挫折」から抜け出したのに、もう情けない境遇に自分の身を置きたくないということです。このように、今は必ずしも「挫折経験のある人が強い」とは言えません。

NEXT PAGE /

すくすく育った人の方が強いことも

むしろ、新規事業や新商品開発のような「試行錯誤が必要な仕事」、すなわち何度も負けなくてはならない仕事は、すくすく育った人のほうが強い場合があります。ややもすれば苦労知らずで弱いと言われがちなすくすくと育った人は、挫折経験からくる「勝ちたい」「誰かに認めて欲しい」という願望がほとんどないことがあります。

彼らはそういう承認欲求ではなく、自分自身の欲求に従って生きています。多くは、知的好奇心、つまり面白いかどうか、もしくは社会的意義、つまり世の中に役に立てるかどうかがモチベーションです。そういう若者は、別に誰にどう思われようと構いません。だから勝ち負けで燃えることがない代わりに、負けても気にしない強さがある場合があるのです。


業界や仕事によって必要な自信が違う

もちろん、不動産業界などの昔からある成熟した業界や、自動車ディーラーの営業職のようなクルマという確固たる商品を売るような仕事では、今でも「挫折経験を乗り越えた自信」「俺はあの挫折を乗り越えたんだという自信」は強いと思います。そこから来る負けん気が良い方向に働くことでしょう。

ですから、結局は仕事次第だということです。勝ちパターンが決まっていて、後は頑張り次第という場合は挫折経験者タイプが強く、勝ちパターンが決まっていなくて、試行錯誤が必要な場合はすくすくタイプが強い。このように、皆さんの会社の事業や、職場の20代達が行う仕事の特徴をきちんと考えて、どんな人が向いているのかを見極めるのが重要だと思います。どんな状況でも強いという人など、そもそもいないのですから。

曽和利光=文
株式会社 人材研究所(Talented People Laboratory Inc.)代表取締役社長
1995年 京都大学教育学部心理学科卒業後、株式会社リクルートに入社し人事部に配属。以後人事コンサルタント、人事部採用グループゼネラルマネジャーなどを経験。その後ライフネット生命保険株式会社、株式会社オープンハウスの人事部門責任者を経て、2011年に同社を設立。組織人事コンサルティング、採用アウトソーシング、人材紹介・ヘッドハンティング、組織開発など、採用を中核に企業全体の組織運営におけるコンサルティング業務を行っている。

# 失敗# 挫折# 職場の20代がわからない
更に読み込む