Good Packing Guy Vol.8
2018.07.07
LIFE STYLE

全国を飛び回るビジネスマンが選ぶ、本気で使えるバッグ&収納テク

Good Packing Guy Vol.8
お気に入りのバッグを選んだはいいけど、“中身”はどうか。出張や旅行、通勤やおでかけまで、常につきまとうのがパッキングという作業。賢く効率的に荷物を詰めるテクニックを学べば、毎日がきっと楽しくなる。目指せ、Good Packing Guy!

「Good Life “Good Packing Guy”」を最初から読む

プレゼン資料に営業用の商材、PCなどのITツール各種。バリバリ仕事をこなすビジネスマンの荷物は、何かにつけてかさばりがち。

収納力のあるバックパックもいいけれど、TPOを考えないといけないし……というわけで、バッグとそのパッキングについてこだわるビジネスマンから、その作法を学んでみよう!

今回バッグとその中身を見せてくれたのは、MED Communicationsで働く児玉寛志さん。同社は太陽光発電やオール電化といったリフォーム事業からヘルスケア、そしてサプリメントといったあらゆる分野で人々の生活をサポートしている企業だ。

そこで執行役員事業統括部長という立場にある児玉さんは、北海道から福岡まで全国にある支社へ出向き、新卒採用や社員研修を行なうなど、繁忙期は月の半分も出張へ行くという忙しい日々を送っている。

決め手は収納ポケットの数!TUMIのブリーフケース。

児玉さんが毎日愛用しているバッグは、TUMIのエクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフ。「ここにも!?」と驚くほど収納ポケットが付いているのが決め手になったとか。

カードポケットやスマートフォンやペン専用といったさまざまな種類のポケットや鍵用のフックまで付き、整理整頓できる上に取り出しやすさにも繋がっている。

ほかにも折り畳み傘や濡れたペットボトルがそのまま入れられる内側が防水仕様のポケットまであるのだとか。またストラップが付き、疲れたらショルダーバッグにもなるというメリットも。

NEXT PAGE /

このバッグの秘密!財布いらずのポケット付き。

よく使うカードは、バッグに付いたカードポケットに収納。財布が膨れてしまうこともなく、荷物がスマートに収まる点が気に入っている。

「バッグにカードのポケットがあるというのは新しいなと思いました。このバッグのお気に入りポイントのひとつです」。

また隠しポケットがあり、出張が多くなかなか会えない息子さんからもらったという手紙と、部下からもらった手紙をお守り代わりに入れている、というほっこりエピソードも教えてくれた。

 

スリムにも大容量にもなる、2段階のマチ幅が便利!

バッグはマチ幅の変更が可能なタイプ。通常時は14cmだが、最大19cmにまで広がるため、1泊程度の出張ならすべての荷物が容易に収まるのだとか。これなら出張用にバッグを買い足す無駄も省ける。

また、普段から書類はデータにして紙で持つことはせず、できるだけ無駄なものを持たないように心がけているのも荷物を少なくするポイントといえそうだ。

NEXT PAGE /

コーディネイトしやすい、付属のPCスリーブが便利

バッグに内蔵されていたのが、こちらのPCスリーブ。取り外しでき単体で持ち運びできるのも便利。パッドが入りしっかり保護されているので、これなら精密機器も安心して持ち運びできる。またバッグとデザインが統一されているので、スタイルにまとまりが出るのも高ポイントだ。

洗濯物は入れたらそのまま。出張には洗濯ネットが使える

ごく普通の洗濯ネットは、実は児玉さんイチオシの出張アイテム。洋服も下着も、洗濯に出すものをひとまとめにして収納。帰宅時に中身を取り出すことなく、そのまま洗濯機に入れられる点を重宝しているとか。1週間以上の出張時には、宿泊先の洗濯機にそのまま放り込むだけ。余計なオーガナイザーを増やす必要がなくなるので、ぜひマネしたい。

オーガナイザーもサブバッグも不要なら、パッキングはよりスマート!

パッキングと聞くと、どうしても整理用のオーガナイザーや出先で使うサブバッグを探しがちだ。

しかし、児玉さんが選んだバッグのように、収納ポケットや内蔵バッグのあるタイプならこれひとつで解決する! こうしたバッグを選ぶのも、日々の重い荷物を少しでも少なくしてくれる究極のテクニックだろう。

次のバッグ選びの際は、ポケットの数と種類などを見て選んでみるのも、ひとつの手といえるかもしれない。

 

川村しより(RIDE MEDIA&DESIGN)=取材・文

# Good Packing Guy# バッグ# ビジネス# 出張
更に読み込む