隣のオッサンは青いか?[ライフスタイル編] Vol.13
2018.06.29
LIFE STYLE

そろそろ気になる?大人の男性7割が実践する夏のニオイ対策とは

「隣のオッサンは青いか?」を最初から読む

そろそろ気になる?大人の男性7割が実践する夏のニオイ対策とは

ジメジメとしたこの季節、気を使うのが“自分の“体臭”。年齢を重ねると特に気になるかもしれないが、実際に夏場にニオイケアをしている人の話を聞くことは意外に少ない。はたして実践している男性はどのくらいいるのだろうか。30〜40代男性200人に、“ニオイケア”の実情を教えてもらった(協力:アイリサーチ)。

■夏場のニオイケアしてる?

・している 69.0%(138人)
・特にしていない 31.0%(62人)

30〜40代男性の約7割が夏に何らかのニオイケアをしていると回答。“スメルハラスメント”なんて言葉も出てきた昨今、ニオイケアは一種のマナーとなりつつあると言えるだろう。

では、「している」と答えた男性は具体的にはどんなときにどんな対策をしているのだろうか。138人に教えてもらった。

NEXT PAGE /

制汗剤は“スプレータイプ”が人気

制汗剤は“スプレータイプ”が人気

ニオイケアの基本は、ニオイの原因でもある汗対策。「制汗剤を使う」という男性がほとんどだが、数ある制汗剤の中で特に人気が高かったのが “スプレータイプ”。

「脇に臭いをおさえるスプレーを使用している。汗をかいた後や朝起きた時などに気になる」(39歳)
「市販のスプレー式制汗剤を使って、汗をかいた後にスプレーして匂いを消している」(47歳)

と、寝起きや汗をかいた後に使用することが多いよう。一吹きで広範囲に塗布でき、サラサラした心地が、夏場にはもってこいだ。なお、

「ロールタイプとスプレータイプの制汗剤を併用しています。スプレーは仕事中、ロールタイプは朝つけています」(43歳)。

と、スプレーと比較するとより制汗力の強い「ロールタイプ」を朝に付け、その後こまめにスプレーを使う……など、複数のタイプを使い分けているという声もあった。

NEXT PAGE /

最強の消臭「洗い流し」を実践

最強の消臭「洗い流し」を実践

制汗剤で汗を“抑えよう”とする人もいる一方で、

「寝汗の匂いが気になるので、シャワーを浴びてから会社に行く」(39歳)
「朝シャワー」(46歳)

と、朝に汗を根こそぎ洗い流してニオイ対策をするという男性も多かった。汗をかきやすい夏場は「朝晩の入浴」(38歳)など、入浴の回数を増やす人も珍しくないようだ。

「中年用シャンプーを使っている」(38歳)
「男性物のシャンプーとボディーソープを使用し、香水をつけている」(48歳)

と、ニオイケアに特化したバスアイテムを使用しているという声もあった。

実は、気になるニオイを消臭するためには「原因となる菌を洗い流してしまうのが一番効果的」とも言われている。制汗剤だけでなく「洗い流し」も加えることで、ニオイケアはより徹底できそうだ。

香りが苦手な人にオススメなのは…

香りが苦手な人にオススメなのは…

なお、汗をかいたら「デオドラントシート」や「汗拭きシート」を利用するという声も寄せられたが、

「大きめのハンカチかタオルを持ち歩いている」(44歳)
「汗をかいたら、ウェットティッシュで拭く」(33歳)
「濡れタオルでの体拭き」(35歳)

と、タオルやウェットティッシュなどでこまめに汗を拭いて、ニオイケアをしている人もいた。

制汗シートやデオドラントスプレーの独特の“香り”が苦手な人は、夏はタオルやハンカチを必ず持ち歩いたり、ウェットティッシュをカバンに忍ばせたりすることで、この夏のニオイ対策を講じてみてもいいだろう。

文=フジアマネ

# 臭い# 隣のオッサンは青いのか?
更に読み込む