https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0609-6/

「100%アスリートでいたい」クリケットに転向した木村昇吾の思い

このエントリーをはてなブックマークに追加

■全身全霊アスリートだった男が“兼任”になれるのか

「僕、アホみたいに野球が好きなんです。だから野球は続けたかった。さっきも言ったんですが、社会人野球さんとか独立リーグさんから“兼任コーチで”というオファーはいただきました。でも僕はこれまで、自分の“100%”を選手としてやりきることしかしてきていなかった。戦力外通告後のトライアウトのときにも、まだまだ選手としてできるという実感がありました」。

「そんな自分がコーチを兼任したらどうなるんだろう、と思ったんです。もし“膝が治ってないな”“衰えたな”って自分で思っていたら、迷わず兼任コーチに応じていたと思います。お金も必要ですし、これからも家族と一緒に生きていかなくてはならない。クリケット選手というのは、僕のアスリートとしてのスタンスを変えることなく取り組める対象だと思ったんです」

木村曰く「妻が心配していたのは、僕が別の仕事に就いたときにそれまで通りの熱意と想いを持って取り組めるかということだったみたいです。クリケットってすごく新しい世界だけど、アスリートとしての木村昇吾が求められている。今までのやりがいのままでできるんだったら“面白そうじゃん!” って」。

木村昇吾は今、クリケットという新たな競技にアスリートとしての100%をぶつけることを楽しんでいる。まるでルーキーのようにモチベーションは高い。熱意もやりがいもある。だが、木村は取材中何度か繰り返した。

「娯楽じゃないですから」。

このエントリーをはてなブックマークに追加
愛される才能とは何か。ROCKな書家が墨筆士になる物語
2019.03.02 / OCEANS’s PEOPLE ―第二の人生を歩む男たち―
失恋を経て、路上心理カウンセラーへ。とある書家が迎えた転機
2019.02.23 / OCEANS’s PEOPLE ―第二の人生を歩む男たち―
海外で注目を集める“墨筆士”、小林龍人とは一体何者なのか
2019.02.09 / OCEANS’s PEOPLE ―第二の人生を歩む男たち―
エジプトめし「コシャリ」、日本での反応は? 店主が抱く夢
2019.01.26 / OCEANS’s PEOPLE ―第二の人生を歩む男たち―
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05