https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0603-3/

目指せ親子セッション! 家族の想い出を奏でる“ウクレレ入門”

このエントリーをはてなブックマークに追加

気づいたら上達している。そのくらいが、ちょうどいい

最後に、親子ウクレレをやるうえで、子供ならではの注意点も聞いてみた。

「子供は皮膚が厚くないので、大人より指を痛めやすい。練習中は適度に休憩をとりましょう。子供は歌、パパはコード演奏というふうに、一時的に役割分担するのもおすすめです」。

なるほど、親として目を光らせたいポイントだ。では、ほかに父らしく振る舞うべきシーンはあるのだろうか? ……そう聞くと、Lina Linaさんは「そんなに気張らなくて大丈夫」と笑った。

「親子がよーいドンでウクレレを始めたら、だいたい子供のほうが上達は早いです。だから、親は逆にリードされる立場になるんじゃないですか(笑)。親子で同じ目線に立てるのも、ウクレレのいいところですよ」。

親も子も関係ない。「父だから」と背伸びしてリードするのではなく、ともに上達を目指していく。

「競い合うよりは、褒め合いましょう。親子で『今の演奏どうだった?』『すごく上手だった』って和気あいあいとやり取りする。褒められるから楽しいし、楽しいから上達する。そんなウクレレ親子、素敵じゃないですか?」。

親子でのセッションがサマになったら、いよいよお披露目。一緒に弾き語りするもよし、歌とコードを役割分担するもよし。お好みのスタイルで、オンステージを楽しもう。

楽器を始めるとなると、技術の習得ばかりに意識を奪われがち。それもひとつの楽しみ方だが、ウクレレなら肩の力を抜いていい。親子の時間を過ごしながら、気づいたら上達している。そのくらいが、ウクレレにはちょうどいいのかもしれない。


佐藤宇紘=取材・文
小島マサヒロ=撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャンプ場の朝
じつは朝が一番楽しい? スノーキャンプ、雪の結晶観察とグルメの贅沢
2019.02.04 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
ラクトアイス
極寒キャンプで挑戦! 一晩かけて作る、男の本格ラクトアイス
2019.02.03 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
焙煎は真剣勝負。“1粒”にこだわった猿田彦珈琲のレジ横ブレンド
2019.02.03 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
焚き火とホットワイン
冬キャンプの夜。静寂の中で味わう、焚き火、ホットワイン、星空観測
2019.02.02
ビビッドな配色で魅せるゆったりシルエット
2019.02.21
上質なネイビーパンツでカジュアル感を抑えるお手本
2019.02.21
ダークカラーに白スニーカーで軽さをプラス
2019.02.21
全身オーバーサイジングで“トレンドを纏う”
2019.02.20
ライダーズ×タック入りパンツを使った技巧派フォルム
2019.02.20
ブラックインナーで引き締める、ゆったりシルエット
2019.02.20
定番かつ存在感あり。トートとコンバースで大人カジュアルに
2019.02.20
ミリタリー全開の気分には、パーカとパンツで“太さ”を楽しむ
2019.02.20
無骨なオリーブ×オフホワイトで“優しいけど頼れるパパ”に!
2019.02.19
カジュアルに潜む上品さの源は? ハイブランドのワイドパンツ
2019.02.19
定番色で作られた、清潔感あるストリートスタイル
2019.02.19
古着派の絶妙なこなし方。黄色いスニーカーでポップさを投入!
2019.02.19