https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0603-3/

目指せ親子セッション! 家族の想い出を奏でる“ウクレレ入門”

このエントリーをはてなブックマークに追加

気づいたら上達している。そのくらいが、ちょうどいい

最後に、親子ウクレレをやるうえで、子供ならではの注意点も聞いてみた。

「子供は皮膚が厚くないので、大人より指を痛めやすい。練習中は適度に休憩をとりましょう。子供は歌、パパはコード演奏というふうに、一時的に役割分担するのもおすすめです」。

なるほど、親として目を光らせたいポイントだ。では、ほかに父らしく振る舞うべきシーンはあるのだろうか? ……そう聞くと、Lina Linaさんは「そんなに気張らなくて大丈夫」と笑った。

「親子がよーいドンでウクレレを始めたら、だいたい子供のほうが上達は早いです。だから、親は逆にリードされる立場になるんじゃないですか(笑)。親子で同じ目線に立てるのも、ウクレレのいいところですよ」。

親も子も関係ない。「父だから」と背伸びしてリードするのではなく、ともに上達を目指していく。

「競い合うよりは、褒め合いましょう。親子で『今の演奏どうだった?』『すごく上手だった』って和気あいあいとやり取りする。褒められるから楽しいし、楽しいから上達する。そんなウクレレ親子、素敵じゃないですか?」。

親子でのセッションがサマになったら、いよいよお披露目。一緒に弾き語りするもよし、歌とコードを役割分担するもよし。お好みのスタイルで、オンステージを楽しもう。

楽器を始めるとなると、技術の習得ばかりに意識を奪われがち。それもひとつの楽しみ方だが、ウクレレなら肩の力を抜いていい。親子の時間を過ごしながら、気づいたら上達している。そのくらいが、ウクレレにはちょうどいいのかもしれない。


佐藤宇紘=取材・文
小島マサヒロ=撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加
目指すは親子のヒットソング。子供が喜ぶ“ウクレレ曲”5選
2018.06.17 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
我が子に、よき相棒を。親子ウクレレを堪能するための“アイテム選び”
2018.06.10
「お小遣い」いくら渡す?お隣さんが“その金額”にした理由を調査!
2018.06.08 / 隣のオッサンは青いか?
父は生徒、娘が師匠。ウクレレセッションで近づいた親子の距離
2018.05.27 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21