https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0603-3/

目指せ親子セッション! 家族の想い出を奏でる“ウクレレ入門”

このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジョイすることが、最優先。Lina Linaさん流・上達術

実際にLina Linaさんの教室に通う、神田さんに親子セッションを披露してもらった。

コードを覚えたら、あとは練習あるのみだ。Lina Linaさん流の上達のコツは2つ。

「ひとつは歌いながら演奏すること。歌いながら、弾く。弾きながら、歌う。不思議なもので、片方に専念するより同時にやるほうが身につきます」。

この“裏技”によって、Lina Linaさんの生徒も曲を体に覚えさせていくとか。では、もうひとつのコツは?

「難しくて弾けない箇所は飛ばしてください。まずは曲を弾き切って、全体像をつかむこと。それによって苦手な傾向も見えてきます」。

披露していただいた神田さん親子も、つまづいてもどんどん先に進む。いつも練習ではこんな感じなのだそう。

「演奏につまずくと、『ここがダメだから次に進めない!』となりがち。でも、一曲の楽譜の中には簡単なところも難しいところもあるものなんですよ。そこで立ち止まっちゃうと、その先は簡単なのに進めなくて楽しくなくなってしまう。ひとまずは先に進んで、弾けるところを楽しく弾く。苦手なところはあとから練習しましょう」。

最優先事項はエンジョイすること。できない苦しさではなく、できる楽しさを味わう。それがLina Linaさん流のウクレレ哲学であり、上達のコツでもあるのだ。

ウクレレは、急かさない。マイペースにのんびり身につければ、それでいい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
目指すは親子のヒットソング。子供が喜ぶ“ウクレレ曲”5選
2018.06.17 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
我が子に、よき相棒を。親子ウクレレを堪能するための“アイテム選び”
2018.06.10
「お小遣い」いくら渡す?お隣さんが“その金額”にした理由を調査!
2018.06.08 / 隣のオッサンは青いか?
父は生徒、娘が師匠。ウクレレセッションで近づいた親子の距離
2018.05.27 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21